米キャピトル・レコーズと契約したR&B界のマエストロ、ベイビーフェイスが新作アルバム『Girls Night Out』リリースを発表!エラ・メイ、ケラーニなど豪華ゲストが参加!

R&B界の大御所、Babyface(ベイビーフェイス)。1980年代から活躍し手掛けた作品の総売上が8億枚、グラミー賞を12回受賞という音楽界を代表する大御所プロデューサー/アーティストである彼が、新たに契約を結んだ米キャピトル・レコーズから待望の新作アルバム『Girls Night Out(ガールズ・ナイト・アウト)』を間もなくリリースする事を発表しました。

Babyface Photo by Lester CohenBabyface Photo by Lester Cohen

「キャピトル・レコーズのような伝説的なレーベルと新たに契約出来た事はとても名誉ある事であり、大変光栄に感じている。彼らは私を手放しで歓迎してくれて、まるで家族のように接してくれている。結局のところ、それがすごく大事なことなんだと思う。つまり、自分と同じように音楽を愛している人たちと、自分が愛している音楽の仕事が出来る、ということがね。」とベイビーフェイスはコメント。さらに新作アルバムにも触れ、「近々リリースを予定しているアルバムは、関わっている全ての人も含めてとても興奮しているんだ。このアルバムの制作は、まるでかつての『ため息つかせて』サウンドトラック(※1)の制作過程を思わせるんだ。世界の人が聴いてくれるのをとても楽しみにしている。」と語っています。

※1:1995年にリリースされた映画『ため息つかせて』のサウンドトラック・アルバム。ベイビーフェイスが全体プロデュースを手掛け、映画でも主演を果たしたホイットニー・ヒューストンの他、トニー・ウラクストン、TLC、ブランディ―、アレサ・フランクリンなど、錚々たるアーティストが参加。ホイットニー・ヒューストンが歌った主題歌「Exhale(Shoop Shoop)」は全米シングルチャートで史上3曲目となる初登場1位を記録した。

10月29日にリリースを予定しているという新作『Girls Night Out』は、現在のHIPHOP/R&Bシーンで活躍する多数のアーティストが参加予定で、「Keeps On Fallin」で共演したElla Mai(エラ・メイ)を始め、Kehlani(ケラーニ)、Ari Lennox(アリ・レノックス)、Queen Naija(クイーン・ナイジャ)、Doechii(ドーチ)などの名前が挙がっています。

アルバムに向けての先行トラックとしてリリースされた「Keeps On Fallin」は、1993年にベイビーフェイス自身がプロデュースを手掛け全米R&Bシングルチャートで1位に輝いた大ヒット曲、Tevin Campbell(テヴィン・キャンベル)の「Can We Talk」を引用している事でも注目されているが、現地時間6/26(日)にロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開催された音楽アワード、The 2022 BET Awardsでは、エラ・メイによるメドレー・パフォーマンスの中で、この「Keeps On Fallin」も披露し、ベイビーフェイスがゲスト参加する共演パフォーマンスを初めて披露し話題となっています。

Babyface & Ella Mai - Keeps On Fallin - YouTube

Ella Mai, Babyface & Roddy Rich Brought Star Power To The 2022 BET Awards Stage | BET Awards '22 - YouTube

Babyface & Ella MaiBabyface & Ella Mai

Babyface P Music GroupBabyface P Music Group

Babyface P Music GroupBabyface P Music Group

Babyface P Music GroupBabyface P Music Group

■商品情報

Babyface & Ella Mai「Keeps On Fallin」

Babyface & Ella Mai / Keeps On Fallin
試聴・購入

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。