カロルGがタイニー・デスク・コンサートで行ったパフォーマンス映像が公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

KAROL G(カロルG)がNPR Musicが主催するライブコンサートのビデオシリーズ「タイニー・デスク・コンサート」に出演した際のパフォーマンス映像が公開されました。

Karol G: Tiny Desk Concert – YouTube

パフォーマンスは全米ビルボードのアルバムチャート、ビルボード200で全編スペイン語でのアルバムとして女性アーティスト初の1位を獲得した『Mañana Será Bonito』から「Carolina」で始まります。女性のクルーをバックに据えしっとりとしたアレンジで歌い終えると、「このショーは特別なので、彼らをとても誇りに思っていると言わざるを得ません」と才能あるミュージシャンについて語り、「8年経って、In-Earsで一度もリハーサルをしなかったのは初めてです。涼しさを忘れていました。自分の家にいて、仲間たちとワインを飲んでいるような気分です。でも、今度は、この場所にメキシコの雰囲気を持ち込んでみましょう。」とコメント。続けて「Gucci los Paños」、「Pero Tú」、「Mercurio」と全4曲を披露しています。

またAlt.Latinoのホストを務めるAnamaria Sayre(アナマリア・セイヤー)との対談も公開されており、アルバムについてや、どのように地に足を着いていて、誰に囲まれているかについてなどを語る様子が見られます。

Karol G on “Mañana Será Bonito” and being a “happy heartbreak girl” – YouTube

『Mañana Será Bonito』は前作から約2年ぶりとなる4枚目のスタジオ・アルバムで、『明日はいい日になる』という意味のタイトルについては「何も気分が良くなかったときに自分自身に繰り返し繰り返したフレーズです。毎日、“大丈夫、明日はきっといい日になる”と自分に言い聞かせていました。」とコメント。

スペイン語によるアルバムの全米1位はBad Bunny(バッド・バニー)の最新アルバム『Un Verano Sin Ti』以来で、全編スペイン語のアルバムとしては同じくバッド・バニーの『Un Verano Sin Ti』しかなく、バッド・バニーに続き史上2人目、女性アーティストでは初の快挙となりました。

■『Mañana Será Bonito』トラックリスト
1. Mientras Me Curo del Cora
2. X Si Volvemos (with Romeo Santos)
3. Pero Tú (with Quevedo)
4. Besties
5. Gucci los Paños
6. TQG (with Shakira)
7. Tus Gafitas
8. Ojos Ferrari (with Justin Quiles and Ángel Dior)
9. Mercurio
10. Gatúbela (with Maldy)
11. Kármika (with Bad Gyal and Sean Paul)
12. Provenza
13. Carolina
14. Dañamos la Amistad (with Sech)
15. Amargura
16. Cairo (with Ovy on the Drums)
17. Mañana Será Bonito (with Carla Morrison)

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事