シガーラ、デヴィッド・ゲッタ、サム・ライダーのコラボによる新曲「Living Without You」のリリック・ビデオが公開

DJ兼プロデューサーのSigala(シガーラ)David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)、そして2022年のユーロビジョンソングコンテストで2位を獲得したSam Ryder(サム・ライダー)のコラボによる新曲「Living Without You(リヴィング・ウィズアウト・ユー)」がリリースされ、リリック・ビデオが公開されました。

Sigala, David Guetta, Sam Ryder - Living Without You - YouTube

シガーラが「ドリームチーム」と述べるほどの豪華コラボとなりました。サム・ライダーは「『Living Without You』のことを初めて聞いたとき、私はシガラに会うためにスタジオに向かっていました。私は大ファンなので、とても興奮しました。」と語り、シガーラは「あなたがしたことは信じられないほど素晴らしいものでしたし、その日あなたが下したボーカルは、これ (歌) がうまくいくことを知るのに十分でした。」と述べています。

このトリオは先月、スペインのウシュアイア・イビザ・ビーチ・ホテルで行われた公演の前でサプライズ パフォーマンスを行い、正式にトラックをローンチしました。

シガーラはTalia Mar(タリア・マー)と共にリリースした「Stay the Night」をヒットさせ、デヴィッド・ゲッタは近年まれにみるハイペースでリリースを繰り返し、最新のチャートではBebe Rexha(ビービ-・レクサ)のコラボ曲「I'm Good (Blue)」、Becky Hill(ベッキー・ヒル)Ella Henderson(エラ・アンダーソン)とのコラボ曲「Crazy What Love Can Do」の2曲がトップ10入りを果たしています。サムライダーは5月、ユーロビジョンソングコンテストで2位を獲得したことでシングル「Space Man」が2位まで上昇。今回のコラボは今年イギリスのシングルチャートを賑わせた3人が集まった渾身の作品となりました。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。