【NFL】2024年スーパーボウルのハーフタイムショーの期待も高まるアッシャーがソロでは約7年半ぶりとなる待望のスタジオ・アルバム『Coming Home』をリリース

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

数々のシングルを通して自らの世界観を拡大し続けてきたUsher(アッシャー)がソロでは約7年半ぶりとなる待望のスタジオ・アルバム『Coming Home』をリリースし、収録曲のヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。
アッシャーのYouTubeはこちら

Coming HomeComing Home

今作のエグゼクティヴ・プロデューサーはアッシャーとL.A. Reid(L.A.リード)。L.A.リードとのクリエイティブな再会は2004年のダイアモンド・アルバム『Confessions』以来となり、主にジョージア州アトランタでレコーディングが行われました。Sean Garrett、Lil John、The Avila Brothers、Mel & Mus、Tricky Stewart、Rico Love、The-Dream、Jermaine Dupri、D Mile等、アトランタで最もホットなプロデューサーたちが参加。またゲストとしてはSummer Walker(サマー・ウォーカー)21 Savage(21サヴェージ)Latto(ラトー)、The-Dream(ザ・ドリーム)、H.E.R.Burna Boy(バーナ・ボーイ)、JUNG KOOK(ジョングク)等が参加しています。

音楽、カルチャー、そしてショウとは何たるかの定義を幾度となく塗り替えてきた、それがアッシャーという存在。グラミー賞に何度も輝き全世界で1000万枚規模のレコード・セールスを記録した世界的大スターとして、俳優およびダンサーとして、あるいは実業家および慈善家として、2024年現在に至るまで彼は様々な場面で変革をもたらしています。

全世界で8000万枚以上のレコード売り上げを記録し、数々の賞を受賞するアーティストとしての顔を持つ一方で、アッシャーはエンターテイナーとしてもNBCテレビの『ザ・ヴォイス』から大ヒット映画『ザ・ハスラーズ』に出演するなど幅広いステージで活躍。さらに人道的活動も積極的に行っており、1999年に数千万ドルを投じて自ら設立したNew Look Foundationを通じて若者達を支援。本業ではラスヴェガスでのソールドアウト中の『マイ・ウェイ』の レジデンシー公演を務めるほか、2016年にはバラク・オバマにより設立されたアメリカ政府主体の芸術および人文科学の発展を促進するPresidential Committee for Arts and Humanitiesの大使としてキューバを訪問しています。

彼はこれまでにグラミー賞に8度輝き、ビルボードの「2000年代最もホットなアーティスト100名」の1位に、さらには「2000年代最も成功したアーティスト」の2位に選ばれているほか、「アメリカの音楽史で最も売れたアーティストの一人」に選出。2004年にアメリカレコード協会(RIAA)からダイヤモンド認定を受け1000万枚の売り上げを記録した『Confessions』から連続4作品でビルボード・トップ200の1位を獲得しています。

何よりも重要なことは、アッシャーは自らが受けた恩恵を社会に還元していること。彼が指揮を務めるNew Look Foundationでは厳しいコミュニティ環境に置かれている若者達を支援することで、彼らの育った環境からは想像することすらできなかった輝かしい未来図を思い描いて実際にそれを実現する機会を提供しています。そのほかにも数々の人道支援活動や歴史的に意義のある活動に尽力しており、ワシントン・ポスト紙では胸を打つエッセイを寄稿し、さらにロビイストとして2020年にアメリカで奴隷が解放された日を祝うジューンティースを国民の祝日に制定するにあたり大きな役割を果たしています。その全米の議会への粘り強い働きかけが評価されて、2021年のジューンティースがアメリカ連邦の祝日として正式に制定された際の署名式にも出席。さらに子供の教育支援のためのBoys&Girls Club of America、Trumpet Foundations、DoSomethingなど数々の団体から表彰を受けています。2010年にはNCAAP(全米黒人地位向上協会)から黒人の地位向上のために果たしてきた功績が評価されて、Ford Freedom Award Scholarに選出されるほか、2014年にはモアハウス大学から名誉あるCandle Awardを授与。さらに2022年にはアトランタのコミュニティの強化と変革を促す活動の一環としてThe Beloved Benefitのステージでパフォーマンスを披露しています。

アッシャーは日本時間2月12日(月)に米ラスベガスのアレジアント・スタジアムで披露されるアップル・ミュージック・スーパーボウル・ハーフタイムショーでヘッドライナーとして出演。Apple MusicのYouTubeでは「Where’s Usher?」と題した特別動画も期間限定で公開されています。※現在は削除

■商品情報

USHER『COMING HOME』

USHER(アッシャー)
COMING HOME(カミング・ホーム)
品番:MEGAGAMMA1J[CD/国内流通仕様]MEGAGAMMA2J[2LP/国内流通仕様]
定価:¥2,700 +税[CD/国内流通仕様]未定[2LP/国内流通仕様]
その他:解説/歌詞/対訳付
発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ

■『Coming Home』トラックリスト
1. Coming Home (with Burna Boy)
2. Good Good (with Summer Walker and 21 Savage)
3. A-Town Girl (with Latto)
4. Cold Blooded (with The-Dream)
5. Kissing Strangers
6. Keep On Dancin'
7. Risk It All (from the Motion Picture The Color Purple; with H.E.R)
8. Bop
9. Stone Kold Freak
10. Ruin (with Pheelz)
11. BIG
12. On the Side
13. I Am the Party
14. I Love U
15. Please U
16. Luckiest Man
17. Margiela
18. Room in a Room
19. One of Them Ones
20. Standing Next to You (remix; with Jungkook)

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事