シャナイア・トゥエインがミュージック・アイコン・アワードを受賞!90年代のヒット曲を含むメドレーもパフォーマンス

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

第48回ピープルズ・チョイス・アワード授賞式が現地時間12月6日、カリフォルニア州サンタモニカのバーカー・ハンガーで開催され、代表的なヒット曲のメドレーをパフォーマンスしたShania Twain(シャナイア・トゥエイン)がミュージック・アイコン・アワードを受賞しました。

※現在、YouTubeでの映像は削除されています。

パフォーマンスは新たにアレンジされた1995年のヒット曲「Any Man Of Mine」から始まり、1998年のヒット曲「That Don't Impress Me Much」ではコーラスの歌詞にある「Okay, so you're Brad Pitt」のブラット・ピットの箇所をこの日ピープルズ・アイコンを受賞した俳優のRyan Reynolds(ライアン・レイノルズ)に置き換えてパフォーマンス。一瞬授賞式に参加していたライアン・レイノルズにカメラが切り替わり驚く様子も映し出されています。

そして今年リリースされた「Waking Up Dreaming」へと移行し、1999年のヒット曲「Man! I Feel Like A Woman」をパフォーマンス。新旧を織り交ぜた充実したパフォーマンスとなりました。自身のインスタグラムでは3つのステージを駆け回ったことについて触れており、「これをまっすぐに受け入れるのは簡単ではなかった」と述べています。またミュージック・アイコン・アワードを受賞したことについては受賞時の映像と共に「この賞を私に贈ってくれて本当にありがとう。世界への貢献が何らかの形で有意義だったように、あなたが遺産を作ったように感じるのは本当に素晴らしいことです。ありがとう。」と投稿しています。

シャナイア・トゥエインは1993年のデビュー以来、アルバム総売り上げはアメリカだけで3400万枚以上を記録しているカントリーレジェンド。

今年7月にはNetflixのドキュメンタリー「Not Just a Girl」をリリース。彼女の記録破りのキャリアと大衆文化への影響を記録することに加えて、このドキュメンタリーは歌手のライム病の経験にも取り組んでおり、2000年代初頭の診断が彼女のキャリアにどのように影響したかを明らかにし、ある時点でステージで定期的に「ブラックアウト」した経緯などを告白しています。

YouTubeShania Twain - Not Just A Girl | Official Trailer | On Netflix Now - YouTube

来年2月には5年半ぶりとなる6枚目のスタジオ・アルバム『Queen of Me』のリリースも決定しており、4月からはアルバムをサポートするツアーのスケジュールも決まっています。

■『Queen of Me』トラックリスト
1. Giddy Up!
2. Brand New
3. Waking Up Dreaming
4. Best Friend
5. Pretty Liar
6. Inhale/Exhale AIR
7. Last Day of Summer
8. Queen Of Me
9. Got It Good
10. Number One
11. Not Just A Girl
12. The Hardest Stone

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事