【全英シングルチャート】デイヴとセントラル・シーのコラボ曲「Sprinter」が3週目の首位獲得!ハンナ・レインとのRoRoがトップ10入り!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

週末に発表された最新の全英シングルチャート、Dave(デイヴ)Central Cee(セントラル・シー)のコラボ曲「Sprinter」が3週目の1位を獲得。AJ Tracey(AJトレーシー)の2016年の楽曲「Spirit Bomb」のリミックス以来となる今回のコラボ。デイヴにとっては3度目、セントラル・シーにとっては初の首位獲得となっています。

YouTubeCentral Cee x Dave – Sprinter – YouTube

2位はイギリスのラッパー、J Hus(J・ハス)Drake(ドレイク)のコラボ曲「Who Told You」が変わらずキープ。そしてCalvin Harris(カルヴィン・ハリス)Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)のコラボ曲「Miracle」が3位、アイルランド出身の人気ボーカリスト、Jazzy(ジャジー)「Giving Me」が4位と上位4曲に変動はありませんでした。

YouTubeJ Hus – Who Told You ft. Drake – YouTube

YouTubeCalvin Harris, Ellie Goulding – Miracle – YouTube

YouTubeJazzy – Giving Me – YouTube

5位はHarry Styles(ハリー・スタイルズ)「As It Was」。ロングヒット記録更新中で、2020年代にリリースされた楽曲では初めてトップ10滞在週が30週超えを達成。今週で歴代3番目タイの最長記録となる36週目のトップ10入りとなっています。

全英シングルチャートにおけるトップ10滞在週の最長記録はMariah Carey(マライア・キャリー)「All I Want For Christmas Is You」で39週。2番目はWHAM!(ワム!)「Last Christmas」で35週とどちらもクリスマス・ソングとなっており、これら2曲の記録毎年更新され続けることが予想されます。そしてFrankie Laine(フランキー・レイン)の1953年の曲「I Believe」がデータが古いこともあり35週、また36週と書かれているものもあり厳密には異なるかもしれませんが、少なくとも今週でクリスマス・ソングを除く歴代最長記録となりました。

YouTubeHarry Styles – As It Was – YouTube

6位はRudimental(ルディメンタル)Charlotte Plank(シャーロット・プランク)Vibe Chemistry(バイブ・ケミストリー)によるコラボ曲「Dancing is Healing」が先週と変わらず。7位はSwitch Disco(スイッチ・ディスコ)Ella Henderson(エラ・へンダーソン)のコラボ曲「REACT」が先週5位から後退。8位はKylie Minogue(カイリー・ミノーグ)の「Padam Padam」がランクアップで最高位を更新しています。

YouTubeRudimental, Charlotte Plank, Vibe Chemistry – Dancing is Healing – YouTube

YouTubeSwitch Disco – REACT (feat. Ella Henderson) – YouTube

YouTubeKylie Minogue – Padam Padam – YouTube

そして9位はスコットランド出身のDJ、Hannah Laing(ハンナ・レイン)とシンガーのRoRo(ロロ)によるコラボ曲「Good Love」がランクアップでトップ10入り。初のトップ10入りを果たしたハンナ・レインは「関わったチーム全員、そして正直言って超現実的な曲を聴いてくれた皆さんに感謝します!」とインスタグラムでコメント。ロロもツイッターで反応しています。

YouTubeHannah Laing feat. RoRo – Good Love – YouTube

そして10位はナイジェリアのシンガー、Rema(レマ)「Calm Down」が後退。「Calm Down」はトップ10滞在週を27週に伸ばし、歴代7番目タイの最長記録を達成するロングヒットとなっています。

YouTubeRema – Calm Down – YouTube

トップ10以下では2022年に無期限活動休止となったLittle Mix(リトル・ミックス)のメンバー、Leigh-Anne Pinnock(リー・アン・ピノック)がLeigh-Anne(リー・アン)名義でのソロデビュー曲「Don’t Say Love」が11位に初登場。トップ10入りも予想されていただけに惜しくも11位となりましたが、来週以降も注目となります。

YouTubeLeigh-Anne: ‘Don’t Say Love’ – YouTube

14位はドイツを拠点としている韓国のDJ、Peggy Gou(ペギー・グー)の新曲「(It Goes Like) Nanana」が初登場。ペギー・グーにとって初の全英チャートエントリーとなりました。その他ではTaylor Swift(テイラー・スウィフト)が2019年リリースの7枚目のスタジオ・アルバム『Lover』から新たにシングルとしてリリースした「Cruel Summer」が28位にリエントリー。アルバムリリース時には27位に初登場でランクインしていたため最高位更新とはなりませんでしたが、ツアーのセットリストにも組まれている今作の人気は高く今後も注目です。そしてDoja Cat(ドージャ・キャット)がソロでは約1年ぶりとなる新曲「Attention」は37位に初登場でランクインしています。

YouTubePeggy Gou – (It Goes Like) Nanana – Edit (Karaoke Video) – YouTube

YouTubeTaylor Swift – Cruel Summer – YouTube

YouTubeDoja Cat – Attention – YouTube

参考情報:Official Singles Chart Top 100

人気記事