テイラー・スウィフトのニュー・アルバム『1989 (Taylor’s Version)』が全米アルバム・チャートで初登場1位を獲得!全世界で350万枚の売り上げ突破!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

歴史的快進撃を続けるTaylor Swift(テイラー・スウィフト)のニュー・アルバム『1989 (Taylor’s Version)』が、全米アルバム・チャートのビルボード200で1位を獲得、全米で160万枚、全世界で350万枚以上の売上で、自身の初週売上記録を更新。テイラー・スウィフトは、発売週の売上枚数が100万を超える全米ビルボード200初登場1位を6回獲得した初のアーティストとなりました。

1989 (Taylor's Version)1989 (Taylor’s Version)

セールスデータをビルボードに提供しているLuminateの集計が始まった1991年以降、発売週の売上枚数が100万を超えたのは『1989 (Taylor’s Version)』が23作品目となっており、2000年代前半までにそれぞれ2作品で達成した*NSYNC(イン・シンク)Backstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)の記録をはるかにしのぐ独占的な記録となっています。

この数字はストリーミングを含めないレコード・CDの純粋な売り上げであり、近年フィジカル商品のセールスをここまで達成するのは極めて異例と言えます。

しかも、2014年にリリースしたアルバム『1989』と2023年にリリースした再録アルバム『1989 (Taylor’s Version)』は2度にわたって、初週100万枚を売り上げた初のアルバムとなりました。この実績により『1989 (Taylor’s Version)』、『Speak Now (Taylor’s Version)』、『Midnights』の3作品が2023年のトップセラー・アルバムの1位、2位、3位を獲得しています。テイラー・スウィフトは2023年11月現在、全米アルバム・チャートで初登場1位を13回獲得した女性アーティストであり、全米アルバム・チャート1位獲得週数が最も多い女性アーティストとしての記録を更新しています。

■商品情報

テイラー・スウィフト『1989(テイラーズ・ヴァージョン)』

テイラー・スウィフト
ニュー・アルバム『1989(テイラーズ・ヴァージョン)』
試聴・購入

■来日公演
「TAYLOR SWIFT | THE ERAS TOUR」 
2024年2月7日(水)、8(木)、9(金)、10(土) 東京ドーム
海外女性アーティスト初となる東京ドーム4日連続開催!
詳細はこちら

■リンク
日本公式HP
海外公式HP
Instagram
TikTok
X
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事