テディ・スウィムズがBBC Radio 1のライヴ・ラウンジで「Lose Control」とテイラー・スウィフトのカバーを披露した映像が公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ジャンルを超越したパワフルでエモーショナルな歌声で、注目を集めているアトランタ出身のシンガー・ソングライターのTeddy Swims(テディ・スウィムズ)ががBBC Radio 1のライヴ・ラウンジに出演。現在ヒット中の「Lose Control」に加え、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の「Cruel Summer」をカバーした計2曲のパフォーマンス映像が公開されました。

Teddy Swims – Lose Control in the Live Lounge – YouTube

Teddy Swims – Cruel Summer (Taylor Swift cover) in the Live Lounge – YouTube

「Lose Control」は2023年6月にリリースされたシングル。ピアノ中心のプロダクションと、彼のヴォーカルを伸ばす見事な能力に根ざしたR&Bポップ・バラード。薬物乱用によって汚された関係を詳しく描かれたこの曲は約半年かけて世界中で人気が上昇しており、最新の初エントリーを果たした全米ビルボードホット100では12位、全英チャートでも14位とトップ10入り間近に迫っている状況になっています。

テディ・スウィムズは、ポップからソウル、HIPHOPにR&B、そしてカントリーまで、ジャンルを超越したパワフルでエモーショナルな歌声で、注目を集めているアトランタ出身のシンガー・ソングライター。2019年にMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)の「Rock With You」をカバーした動画をYouTubeにアップしたところ人気化。これをきっかけとしてワーナー・レコードと契約。最近ではONE OK ROCKの「Free Them」でフィーチャリング・アーティストとして参加し、日本でも大きなインパクトを与えました。

■『I’ve Tried Everything But Therapy (Part 1)』トラックリスト
1. Some Things I’ll Never Know
2. Lose Control
3. What More Can I Say
4. The Door
5. Goodbye’s Been Good To You
6. Last Communion
7. You Still Get To Me
8. Suitcase
9. Flame
10. Evergreen

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事