Oasis(オアシス)の人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲8選まとめ

Oasis(オアシス)の人気曲ランキングTOP20とおすすめ曲8選をご紹介。

YouTubeでの再生回数と売上ランキングを元にスコア化したオリジナルの人気曲ランキングと、記事の最後にはオアシスおすすめソングもご紹介していますので、どうぞ最後までご覧ください。

Oasis(オアシス)

Oasis

Oasis(オアシス)はイギリス・マンチェスター出身のロックバンド。

ベーシストのPaul McGuigan(ポール・マクギガン)、ギタリストのPaul Arthurs(ポール・アーサーズ)、ドラマーのTony McCarroll(トニー・マキャロル)、Chris Hutton(クリス・ハットン)のボーカルで構成された初期のグループ、The Rain(ザ・レイン)から発展しました。Paul Arthurs(ポール・アーサーズ)がChris Hutton(クリス・ハットン)に不満を持っていたため、クビにして代わりに知人のLiam Gallagher(リアム・ギャラガー)を招待。Liam Gallagher(リアム・ギャラガー)は、ギャラガー兄弟の寝室に貼ってあったオールダムのインディー・ロックバンド、Inspiral Carpets(インスパイラル・カーペッツ)のツアーポスターに触発されて、バンド名をOasis(オアシス)に変更することを提案し、改名します。

全世界でのトータルセールスは5,000万枚以上を記録している一方で、バンドの核であったギャラガー兄弟の仲の悪さを示すエピソードも多く聞かれたバンドです。

こちらもCHECK!! Oasis(オアシス)の詳しいプロフィールや関連記事
Oasisのアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムまとめ

Oasis(オアシス)の人気曲ランキングTOP20

20

Little By Little

Oasis

Oasis - Little By Little (Official Video)

ヒーザン・ケミストリー
オアシス
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
オアシスの人気曲ランキング20位は、5thアルバム「Heathen Chemistry」に収録されている「Little By Little(リトル・バイ・リトル)」。

バンドにとって唯一、「She Is Love(シー・イズ・ラヴ)」との両A面シングルとしてリリースされ、美術家のRobert Indiana(ロバート・インディアナ)の「Love」をオマージュしたジャケットも話題に。

19

Let There Be Love

Oasis

Oasis - Let There Be Love (Official Video)

ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース
オアシス
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
オアシスの人気曲ランキング19位は、6thアルバム「Don't Believe the Truth」に収録されている「Let There Be Love(レット・ゼア・ビー・ラヴ)」。

デモセッションの海賊版は2000年の初めにインターネットにリークされ、2005年にリリース。
リードボーカルにリアムとノエルをフィーチャーした4番目のオアシスの曲としてヒットしました。

18

Cigarettes & Alcohol

Oasis

Oasis - Cigarettes & Alcohol (Official HD Remastered Video)

オアシス
オアシス
エピックレコードジャパン
オアシスの人気曲ランキング18位は、1stアルバム「Definitely Maybe」から「Cigarettes & Alcohol(シガレッツ&アルコール)」。

労働者階級の生活の平凡さと一見無駄な性質への救済策として、タバコ、アルコール、および他の薬物の固有の魅力を宣言した曲。
オアシスが盗作で告発された2番目のケースとなった曲としても知られています。

17

Supersonic

Oasis

Oasis - Supersonic (Official HD Remastered Video)

オアシスの人気曲ランキング17位は、1stアルバム「Definitely Maybe」に収録されている「Supersonic(スーパーソニック)」。

リバプールのピンクミュージアムレコーディングスタジオで1日で作成および録音されたデビュー曲。
元々デビュー曲候補だった「Bring It On Down(ブリング・イット・オン・ダウン)」を録音するために集まったもののうまくいかなかったため、それまで行っていたジャムセッションを元に急きょ作られた曲です。

16

Songbird

Oasis

Oasis - Songbird (Official Video)

オアシスの人気曲ランキング16位は、5thアルバム「Heathen Chemistry」に収録されている「Songbird(ソングバード)」。

この曲はリアムの当時の婚約者Nicole Appleton(ニコール・アップルトン)へのオマージュとして書かれ、リアムが書いた曲が初めてシングルリリースされました。

15

Lyla

Oasis

Oasis - Lyla (Official Video)

オアシスの人気曲ランキング15位は、6thアルバム「Don't Believe the Truth」に収録されている「Lyla(レイラ)」。

2代目のドラマーAlan White(アラン・ホワイト)脱退後初のシングルで、リンゴ・スターの息子としても知られるZak Starkey(ザック・スターキー)が参加した作品。
曲を書いたノエル・ギャラガーは、「特にポゴイング用に設計された」、「迷惑なキャッチー」、「Roll with It(ロール・ウィズ・イット)以来最もポップなもの」とさまざまに表現しています。

14

The Hindu Times

Oasis

Oasis - The Hindu Times (Official Video)

オアシスの人気曲ランキング14位は、5thアルバム「Heathen Chemistry」に収録されている「The Hindu Times(ザ・ヒンドゥ・タイムズ)」。

ノエルがチャリティーショップで目にしたTシャツに書かれていた文字をヒントにタイトルがつけられるも、歌詞はその意味と全く関係のないものに。
ミュージック・ビデオはインドのニューデリーで撮影される予定でしたが計画は白紙となったそうです。

13

Champagne Supernova

Oasis

Oasis - Champagne Supernova (Official Video)

モーニング・グローリー
オアシス
エピックレコードジャパン
オアシスの人気曲ランキング13位は、2ndアルバム「(What's the Story) Morning Glory?」から「Champagne Supernova(シャンペン・スーパーノヴァ)」。

1996年にイギリス以外の国でシングルとしてリリースされた人気曲で、Paul Weller(ポール・ウェラー)がバックボーカルとギターでゲスト参加しています。
7分28秒と長尺のため、アルバム・バージョン以外に5分8秒に凝縮されたラジオ局向けにプロモーション盤が存在します。

›› Oasis「Animals」の洋楽歌詞カタカナ・YouTube動画・解説まとめ
12

Roll With It

Oasis

Oasis - Roll With It (Official HD Remastered Video)

オアシスの人気曲ランキング12位は、2ndアルバム「(What's the Story) Morning Glory?」に収録されている「Roll With It(ロール・ウィズ・イット)」。

Blur(ブラー)のシングル「Country House(カントリー・ハウス)」と同じ日にリリースされ、The Battle of Britpop(ブリットポップの戦い)としてイギリスで大きな話題となった曲。
特にイギリス社会は階級によって分断されるため「労働者階級」のオアシスと「中産階級」のブラーの対比は夕方のニュースで取り上げられるほどでした。
結果的には「Country House(カントリー・ハウス)」が274,000枚、「Roll With It(ロール・ウィズ・イット)」が216,000枚を売り上げ2位となりました。

11

Some Might Say

Oasis

Oasis - Some Might Say (Official HD Remastered Video)

オアシスの人気曲ランキング11位は、2ndアルバム「(What's the Story) Morning Glory?」に収録されている「Some Might Say(サム・マイト・セイ)」。

バンドにとって初の全英シングルチャート1位を獲得した曲としても知られています。
Grant Lee Buffalo(グラント・リー・バッファロー)の1993年の曲「Fuzzy」にインスパイアされて製作されており、初代ドラマーのTony McCarroll(トニー・マッキャロル)が最後に参加した曲です。

以上11位までお送りしました。そしていよいよトップ10のご紹介です!

10

Live Forever

Oasis

Oasis - Live Forever (Official HD Remastered Video)

オアシスの人気曲ランキング10位は、1stアルバム「Definitely Maybe」から「Live Forever(リヴ・フォーエヴァー)」。

全英シングルチャートではオアシスにとって初のトップ10入りを果たし、10位にランクインした曲。
ノエルはオアシス加入前、故郷のマンチェスターにある建築会社で働いてたとき事故で足を怪我してしまい、仕事ができず時間があったある日、The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)の「Shine a Light(シャイン・ア・ライト)」を聴いていた時に弾いていたギターのコードがハマりインスパイアされて作られました。

9

The Importance Of Being Idle

Oasis

Oasis - The Importance Of Being Idle - Official Video

オアシスの人気曲ランキング9位は、6thアルバム「Don't Believe the Truth」に収録されている「The Importance Of Being Idle(ザ・インポータンス・オヴ・ビーイング・アイドル)」。

日本ではイントロの一部が水戸黄門の主題歌に似てると騒がれたこともありますが、2009年に解散するバンドにとって最後の英国1位を獲得した曲です。


8

Go Let It Out

Oasis

Oasis - Go Let It Out (Official Video)

オアシスの人気曲ランキング8位は、4thアルバム「Standing on the Shoulder of Giants」に収録されている「Go Let It Out(ゴー・レット・イット・アウト)」。

Dr. John(ドクター・ジョン)の1968年の曲「I Walk on Gilded Splinters」のドラムがサンプリングされており、ノエルが「現代のビートルズのように聞こえるのに最も近い」と説明した曲。
ギタリストのPaul "Bonehead" Arthurs(ポール・ "ボーンヘッド" ・アーサーズ)とベーシストのPaul "Guigsy" McGuigan(ポール・ "ギグジー" ・マッギーガン)がレコーディング中に脱退したため、ノエルがあらゆる楽器を担当しています。

7

All Around The World

Oasis

Oasis - All Around The World (Official Video)

ビィ・ヒア・ナウ
オアシス
エピックレコードジャパン
オアシスの人気曲ランキング7位は、3rdアルバム「Be Here Now」に収録されている「All Around The World(オール・アラウンド・ザ・ワールド)」。

この曲はノエルが最初に書いた曲の1つであり、これまでに書いた中で最高の曲の1つであると評した曲。
1992年にはボードウォーククラブでバンドがリハーサルを行ったセッションが録音されていますが、贅沢な方法で曲を制作する余裕ができるまで待ち田かったらしく初期の作品には登場しませんでした。

6

Whatever

Oasis

Oasis - Whatever (Official Video)

オアシスの人気曲ランキング6位は、コンピレーション・アルバム「Time Flies... 1994–2009」に初めて収録された「Whatever(ホワットエヴァー)」。

クリスマス時期にリリースされ、ストリングスはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団が演奏。日本では何度もテレビCMで使用されており、最も有名な曲のひとつとして知られています。
イギリスのミュージシャン、Neil Innes(ニール・イネス)は、彼の曲「How Sweet to BeaIdiot」の一部を借りたと主張してバンドを訴え、作詞作曲のクレジットに追加されました。

5

Stand By Me

Oasis

Oasis - Stand By Me (Official Video)

オアシスの人気曲ランキング5位は、3rdアルバム「Be Here Now」に収録されている「Stand By Me(スタンド・バイ・ミー)」。

ノエルが最初にロンドンに引っ越した際に、母親のペギーにきちんと食事を摂っているか繰り返し聞かれたため自炊をし始めたが、そのせいで食中毒になってしまったときにこの曲を書いたと述べています。
繰り返されるコーラスの歌詞の箇所はMott The Hoople(モット・ザ・フープル)の1970年の曲「すべての若き野郎ども」に似ていることも有名。

4

D'You Know What I Mean?

Oasis

Oasis - D'You Know What I Mean? (Official HD Remastered Video)

オアシスの人気曲ランキング4位は、3rdアルバム「Be Here Now」に収録されている「D'You Know What I Mean?(ドゥ・ユー・ノウ・ワット・アイ・ミーン?)」。

オアシスの曲では初めて大々的にエレクトロニクスサウンドが導入されており、モールス信号はビートルズの「Strawberry Fields Forever(ストロベリー・フィールズ・フォーエバー)」からインスパイアされたそうです。

3

Stop Crying Your Heart Out

Oasis

Oasis - Stop Crying Your Heart Out (Official Video)

オアシスの人気曲ランキング3位は、5thアルバム「Heathen Chemistry」から「Stop Crying Your Heart Out(ストップ・クライング・ユア・ハート・アウト)」。

2004年の映画「バタフライ・エフェクト」の主題歌としても知られており、「Don't Look Back in Anger」ともよく比較される曲。
イギリスでは2009年に解散するバンドにとって最後のプラチナ認定を受けたヒット曲です。

2

Don't Look Back in Anger

Oasis

Oasis - Don't Look Back In Anger (Official Video)

オアシスの人気曲ランキング2位は、2ndアルバム「(What's the Story) Morning Glory?」に収録されている「Don't Look Back in Anger(ムーブス・ライク・ジャガー)」。

初めてノエルがボーカルを担当した曲で、曲の中で言及されている「サリー」とは女の子の名前を入れたほうがいいかもしれないというイメージからつけられたそう。
世界はもちろん日本のアーティストも多くのカバーを出してる有名曲で、オープニングのピアノ・リフはJohn Lennon(ジョン・レノン)の1971年の曲「Imagine(イマジン)」からインスパイアされています。

1

Wonderwall

Oasis

Oasis - Wonderwall (Official Video)

オアシスの人気曲ランキング第1位は、2ndアルバム「(What's the Story) Morning Glory?」から「Wonderwall(ワンダーウォール)」。

オアシス最大のヒット曲で、イギリスでは惜しくも2位止まりでしたが5×プラチナ認定を受けるヒットとなり、全米ビルボードホット100では唯一トップ10入りし8位にランクイン、他にもカナダやオランダでも初のトップ10入りを果たし世界中で大ヒットを記録。
当初「Wishing Stone」というタイトルの楽曲でしたが、タイトルをGeorge Harrison(ジョージ・ハリスン)のアルバム「Wonderwall Music(不思議の壁)」にインスパイアされ変更しています。ミュージック・ビデオは、ブリット・アワード1996の最優秀ブリティッシュ・ビデオ賞を受賞しました。

人気曲ランキングはWikipediaに掲載されている出荷枚数、デジタル販売数、CD売上枚数、エアプレイなどの回数、ストリーミングを元に算出されたユニット数の各国の合計値をポイント化して、さらにYoutube再生回数ランキングをポイント化、また古い作品の売り上げデータが探しきれなかったため、アメリカ、イギリス、日本でのチャート順位をポイント化し追加集計を行い、その合計を合算したものになります。不定期で更新していきます。

おすすめのOasis(オアシス)8選

オアシスは事実上2009年に解散しているため、知らない世代も多くなっていると思います。人気曲ランキングにランクインしている曲の中でおすすめするとすれば

Wonderwall
Don't Look Back in Anger
Whatever

この3曲はサビくらいは聴いたことがあると思いますので、一度最初から最後まで聴いてほしいおすすめの人気曲です。

その他でおすすめなのは、

その他個人的に好きなのは

Stand By Me
Champagne Supernova
The Hindu Times
Lyla
Supersonic

この辺りがおすすめです。ノエルの天才すぎる曲作りと幅広いサウンド作りをそれぞれに楽しめる作品です。

以上がオアシスおすすめの曲になります。

まとめ

「Champagne Supernova」はYouTubeでの動画視聴回数は3番目に高い数字でしたが、イギリスではシングルリリースされておらずこの分のポイントが追加されなかったためトップ10入りしませんでした。人気曲ランキングとしては上位に入ることも多い曲なので、かなり特殊な結果になったという印象です。

以上、Oasis(オアシス)の人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲8選まとめをお届けしました。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

酒井裕紀:洋楽まっぷ管理者
洋楽大好きな30代。都内の普通のサラリーマンです。洋楽から英語を覚えたくて和訳の勉強に日々勤しんでいるのでこのブログで生かせればと思います。