Scatman John

BIOGRAPHY

BIRTHDAY1942/3/13 - 1999/12/3
BORNカリフォルニア州エルモンテ
OCCUPATIONジャズピアニスト、ボーカリスト

SNSでプロフィールをシェア!

Scatman John(スキャットマン・ジョン)のプロフィール

Scatman John(スキャットマン・ジョン)は、カリフォルニア州エルモンテ出身のジャズピアニスト、ボーカリスト。本名はJohn Paul Larkin(ジョン・ポール・ラーキン)。

幼少期は話すことを学ぶまでにひどい吃音に苦しみ、それが感情的にトラウマ的な子供時代に導きました。12歳でピアノを学び始め、2年後にエラ・フィッツジェラルドやルイ・アームストロングなどのレコードを通じてスキャットの芸術を紹介されました。ピアノは彼の言語障害を補うための芸術的表現の手段を彼に提供し、後に「話すのが怖かったのでピアノの後ろに隠れた」と述べています。

1970年代と80年代にプロのジャズピアニストになり、ロサンゼルス周辺のジャズクラブで多くのエンゲージメントを果たしました。1981年にSam Phipps(サム・フィップス)のアルバム「Animal Sounds(アニマル・サウンド)」に参加。 1986年にはトランジションレーベルでセルフタイトルアルバム「John Larkin(ジョン・ラーキン)」をリリースしました。このアルバムは、Marcia Larkin(マルシア・ラーキン)と共に自身でプロデュースし、サックスにJoe Farrell(ジョー・ファレル)が参加しました。

1990年にキャリアを積むために、ドイツのベルリンに引っ越しました。そこで彼は鑑賞できるジャズ文化を発見し、ジャズギグを始めました。「On the Sunny Side of the Street」という曲の演奏に対して受けたスタンディングオベーションに強く影響を受けて、初めて彼の行為に歌を加えることを決定したときでした。その後すぐに、Iceberg Records(Denmark)のエージェントManfred Zähringer(マンフィールド・ツェーリンガー)は、スキャットの歌とモダンダンスミュージックおよびヒップホップエフェクトを組み合わせることを考えました。しかし最初は躊躇し、笑われることを恐れ、もう一度批判されましたが、BMGハンブルクは開いていました。

聴衆が彼がつまずいたことに気付くのではないかと心配し、妻のジュディは彼が彼の音楽でそれについて直接話すことを提案します。ダンスプロデューサーのIngo Kays(インゴ・ケイズ)とTony Catania(トニー・カターニア)と協力して、彼は最初のシングル「Scatman (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)(スキャットマン)」を録音しました。ここでステージネームを本名ではなく「Scatman John(スキャットマン・ジョン)」と命名します。

52歳で歌手としてメジャーCDデビューすることとなり、最初は低調でしたが、徐々に多くの国で1位を獲得するようになり、世界中で600万枚以上のレコードを販売。曲は大ヒットしたため53歳で世界的なスターになります。特にヨーロッパと日本で高く評価され、時に日本ではアルバム「Scatman's World(スキャットマンズ・ワールド)」が250万枚を売り上げる大ヒットを記録します。

アルバムタイトルにもなった同名曲は2枚目のシングルとしてリリースされこちらも大ヒット。その後ヨーロッパとアジアのプロモーションとコンサートツアーを始めました。翌1996年には2枚目のスタジオ・アルバム「Everybody Jam!(エヴリバディ・ジャム)」をリリース。デビューほど国際的なレベルでは成功していませんが、日本での人気は続き、日本語版ではカネボウ化粧品のCMソング「Su Su Su Superキレイ」やグリコ協同乳業のプッチンプリンのCMソング「プリプリ・スキャット」など日本でのヒットシングルなど合計5曲のボーナストラックが収録されました。

その後1998年後半に肺がんと診断され、仕事から解放するように言われたにもかかわらず、彼は音楽作品を作り続け、翌1999年に3枚目のスタジオ・アルバム「Take Your Time(テイク・ユア・タイム)」をリリース。その約半年後の1999年12月3日にロサンゼルスの自宅で57歳で亡くなりました。彼は妻のジュディ、母親のハリエット、弟のビルに囲まれていました。彼は火葬され、2001年に彼の遺灰はカリフォルニア州マリブ近くの太平洋に散らばりました。

歌詞・カタカナ・歌詞和訳

歌詞カタカナScatman (ski-ba-bop-ba-dop-bop)
歌詞カタカナScatman's World

Scatman Johnの記事一覧へ

SNSでシェアする!