キーファー・サザーランドの最新アルバム「Bloor Street」が全英アルバムチャートでトップ20入り!YouTubeではフル音源を公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽コラム

日本でも大ヒットとなった海外ドラマ「24」でお馴染みのKiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)が約2年9か月ぶりとなる最新アルバム「Bloor Street(ブロア・ストリート)」を先月リリースしました。今作はイギリスのインディーズ・レーベル「クッキング・ヴァイナル」よりリリースされ、全英アルバムチャートでは初登場16位をマークしています。

YouTubeの公式チャンネルではフル・アルバム・リスニング・パーティーと題しアルバムのフル音源を1月28日に公開しました。

Kiefer Sutherland – Bloor Street (Full Album Listening Party) – YouTube

これまで多くの映画や海外ドラマに出演してきたキーファー・サザーランドですが、カントリーをベースとした音楽活動も彼の活動軸のひとつとなっており、今作は3枚目のスタジオ・アルバム。全英チャートだけではなくドイツでも41位にランクインしており、前作「Reckless & Me」では全英チャートで9位とトップ10入りを果たすなど一定の人気を誇っています。

2022年も俳優業としては新たに海外ドラマ「The First Lady」でフランクリン・ルーズベルト役が決まっているなど忙しくなりそうですが、俳優業の合間で積極的な音楽活動を行う彼の今後にも注目です。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事