【洋楽】大自然が呼んでいる。おすすめフォークメタルバンドMV3選【第2弾】

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽コラム

フォークミュージックとメタルが融合して生まれたフォークメタル。大自然が題材という共通点があるものの音楽性に自由度が高く、メタルバンドにケルトバンドをそのまま足したようなバンドや海賊風のバンドなど多くの種類のバンドがあります。今回の記事では前回に引き続き私がおすすめしたいフォークメタルMVを3つ紹介していきます。

【洋楽】大自然が呼んでいる。おすすめフォークメタルバンドMV3選【第2弾】

1・HEATHENS(MANNTRA)

MANNTRA – HEATHENS – YouTube

MANNTRA(マントラ)はクロアチア出身のバンド。インダストリアルメタルとフォークメタルを組み合わせたというメタルの中では比較的音の軽い聴きやすさと、自然へのリスペクトが強い曲調が特徴的。Heilungなどのドイツのフォークバンドで多く使われるささやき声やホーミー、パーカッションを使った自然崇拝的な要素も強いバンドとなっています。純粋なフォークバンドとインダストリアルメタルの組み合わせという珍しいサウンドは評判が高くロシア、ドイツなどで人気のバンドとなっています。

2・Winter Woede (HEIDEVOLK)

HEIDEVOLK – Winter Woede – YouTube

HEIDEVOLK(ハイデヴォルク)はオランダ出身のバンド。こちらはヘヴィメタル寄りの音楽性をベースに、ゲルマン神話やヘルダーランド(オランダの州)の歴史などを雄大な曲調で歌い上げる筋肉質なサウンドが特徴的。楽曲にもよりますが、4:6くらいでフォークメタルよりもヘヴィメタル感が重視されており、テクニカルなギターソロや間奏での曲調の変化などハードロックやヘヴィメタルとしてのベクトルで完成度が高い楽曲の多いバンドとなっています。

3・The Wolf I Am(CELTIBEERIAN)

CELTIBEERIAN – The Wolf I Am – YouTube

CELTIBEERIAN(ケルティべリアン)はスペイン出身のバンド。ヴァイオリンやティンホイッスルの奏でるエルヴェイティ感のあるメロディと、重厚なエレキギターが融合したフォークメタルサウンドが特徴的。ティンホイッスルのメロディはエルヴェイティ寄りなものの曲調そのものは牧歌的なケルト音楽やヘヴィメタルが中心となるさまざまなバンドの要素をもつバンドとなっています。ヘヴィメタルの楽曲の場合はリードギターパートをヴァイオリンやティンホイッスルが担当するのですが、疾走感やテクニカルさはヘヴィメタルのままケルト楽器で演奏されることによって全く新しいフォークメタルの形が見える優れた音楽性を持つバンドとなっています。

まとめ

おすすめのフォークメタルバンドMVを紹介させていただきました。ケルト音楽寄りのバンドや、より自然崇拝に歌詞や音楽性を寄せたペイガンメタル、海賊が題材のヴァイキングメタルなど一口にフォークメタルと言っても多くの種類があり、探すときっとお気に入りのバンドが見つかるかもしれません。紹介しきれなかったフォークメタルバンドもまだまだ沢山ありますので、この機会に探してみてはいかがでしょうか。

第1弾の記事はこちら
【洋楽】大自然が呼んでいる。おすすめフォークメタルバンドMV3選

WRITER

ライターの神田川です。バリ島まで本場のケチャを観に行きたい。

人気記事