アン・マリーが新作アルバム『UNHEALTHY』ライブストリームを開催!ライヴ配信の模様はアーカイブで公開中

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Anne-Marie(アン・マリー)が新作アルバム『UNHEALTHY』をリリースし、日本時間で昨日夜、YouTube Music Nights Presents:UNHEALTHYライブストリームがロンドンのラファイエットで開催され、その模様がライヴ配信されました。

Anne-Marie – ‘UNHEALTHY’ ALBUM LIVE PERFORMANCE – YouTube

ライヴでは新作アルバム『UNHEALTHY』の収録曲を披露し、約47分のパフォーマンスを行いました。途中観客にどこから来たのか尋ねる場面では「Japan」の声もあり、他にも世界中のファンがアルバムのリリースを祝いました。その後アフター・パーティーも行われ、この模様はYouTube Premium限定での公開となっています。

SNSで「『UNHEALTHY!!!』のリリースを祝うのに最適な方法です。ご来場いただきありがとうございます。そして、それを実現してくれやYouTubeに感謝します。」と投稿。加えて「ナンバー1を目指しましょう!」と述べ、全英アルバムチャートでの1位を狙っているとみられるコメントも投稿しています。アン・マリーの過去2作品のアルバムでは2018年『Speak Your Mind』が3位、2021年『Therapy』が2位を獲得しており、3作目で初の首位獲得となるかにも注目となります。

現在、新作アルバムリリース記念として期間限定でベビタピトーキョー 原宿店内がアン・マリーの新作アルバム『UNHEALTHY』の仕様になっており、アン・マリーの楽曲が店内で流れています。

POPUP開催決定POPUP開催決定

■コラボレーション企画の詳細
場所:ベビタピトーキョー 原宿店
HPはこちら
住所:150-0001 東京都渋谷区神宮前1-19-14 サンキュービル1F
期間:2023.07.28 – 2023.08.04

『UNHEALTHY』は、彼女の人生のあらゆる部分から抽出された、完璧に不完全な世界を覗き見るような作品。このアルバムは、彼女が過去の生々しい人間関係の数々を見直し、その意味を理解しようとする一方で、新しい人間関係をポジティブに構築することを学ぶ準備ができていると感じた時期に書かれたもので、混沌から満足の旅へと私たちを誘います。

悲しみ、怒り、喜び、反抗心、幸福感など、さまざまなトピックを盛り込んだアルバム『UNHEALTHY』には、全13曲を収録予定。アルバムには、ガッツのあるエンパワーメント・アンセム(「Trainwreck」、「Grudge」)、優しい楽曲(「Kills Me To Love You」、「You & I」)、ギターが炸裂する(「Haunt You」)とともに収録。Kamille、McDonough Brothers、BillenTed、Evan Blair、Namiと共に作曲・録音したこのアルバムには、Aitch(エイチ)とのコラボで大ヒットとなった「Psycho」、Khalid(カリード)を迎えた「You & I」、そしてShania Twain(シャナイア・トゥエイン)とのコラボ曲「Unhealthy」も収録されています。

■『UNHEALTHY』トラックリスト
1. SUCKS TO BE YOU / サックス・トゥ・ビー・ユー
2. SAD B!TCH / サッド・ビッチ
3. PSYCHO (FT. AITCH) / サイコ(フィーチャリング エイチ)
4. HAUNT YOU / ホウント・ユー
5. TRAINWRECK / トレインレック
6. GRUDGE / グラッジ
7. OBSESSED / オブセッスド
8. KILLS ME TO LOVE YOU / キルズ・ミー・トゥ・ラヴ・ユー
9. UNHEALTHY feat. Shania Twain / アンヘルシー フィーチャリング シャニア・トゥウェイン
10. IRISH GOODBYE / アイリッシュ・グッドバイ
11. CUCKOO / クック―
12. YOU & I (FT. KHALID) / ユー&アイ (フィーチャリング カリド)
13. NEVER LOVED ANYONE BEFORE / ネヴァー・ラヴド・エニワン・ビフォア
14. BETTER OFF / ベター・オフ
15. ICK / ICK
16. EXPECTATIONS (MINNIE, (G)I-DLE) / エクスペクテーションズ(ミンニ、(G)I-DLE)
17. PSYCHO (Acoustic) / サイコ(アコースティック) *
18. SAD B!TCH (Acoustic) / サッド・ビッチ(アコースティック) *
19. UNHEALTHY (Acoustic) / アンヘルシ(アコースティック) *
*・・・Bonus Track

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事