Machine Gun Kelly の関連記事一覧

Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)のプロフィール

Machine Gun Kelly

Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)はテキサス州ヒューストン出身のラッパー、俳優。本名はRichard Colson Baker(リチャード・コルソン・ベイカー)。

幼少期は世界中に移り住み、エジプトからドイツ、そしてアメリカのシカゴ、デンバー、クリーブランドと転々としていましたが、母親が家を出た後、父親と一緒にデンバーに定住します。父親がうつ病と失業に苦しみ、彼は他の子供たちからのいじめに耐える日々を送っていました。コロラド州デンバーにある民族的に多様な学生団体を持つハミルトン中学校に通い始め、6年生のときにラップを聴き始めます。この頃はLudacris(リュダクリス)Eminem(エミネム)DMXを好んで聴いていたそうです。

その後シェーカーハイツ高校に進学し、高校時代はMCのマネージャーを兼任していた地元のTシャツショップのオーナーにマネージャーになるよう説得して、彼からMachine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)の名前をつけられます。その後2006年にミックステープ「Stamp of Approval(スタンプ・オブ・アプルーバル)」をリリースと評判がよく、地元のクリーブランドの会場でパフォーマンスを開始できるようになりました。

2009年、アポロシアターに行き、出演をかけて連続勝利を収め、アポロシアターで初めて勝利したラッパーになります。その後MTV2のSucker Free Freestyleでフィーチャーされ、2010年には「100 Words and Running(100・ワーズ・アンド・ランニング」「Lace Up(レース・アップ)」の2本のミックステープをリリースします。人気が高まってくる一方で、高校卒業までは家賃を稼ぐためにレストランChipotleで働いていました。

同年シングル「Alice in Wonderland(アリス・イン・ワンダーランド)」をBlock Starz Music経由でiTunesにてリリース。このシングルはUnderground Music Awardsで「Best Midwest Artist」を獲得し、ミュージック・ビデオはOhio Hip-Hop AwardsでBest Music Videoを獲得します。

2011年にはInterscopeから声がかかり、後にBad Boy Recordsとも契約。あらにYoung and Reckless Clothingと契約を結び、2012年にはEP「Half Naked & Almost Famous(ハーフ・ネイキッド&オールモスト・フェイマス)」をリリース。そしてデビューアルバム「Lace Up(レース・アップ)」をリリースすると全米4位を獲得し、アルバムからのシングル「Wild Boy(ワイルド・ボーイ)」はダブルプラチナを獲得。XXLで毎年恒例の「Top 10 Freshmen list」に選出され表紙に掲載されます。

2014年には映画「Beyond the Lights」で俳優デビュー。2枚目のアルバム「General Admission(ジェネラル・アドミッション)」は2015年にリリースされ、シングル「Till I Die(ティル・アイ・ダイ)」はプラチナ認定を受けるヒットを記録。2016年にはCamila Cabello(カミラ・カベロ)とのコラボシングル「Bad Things(バッド・シングス)」が全米4位を記録しトリプルプラチナを記録。2019年現在、トップ10入りしたのはこの1曲のみ。

2018年にはEminem(エミネム)にディスられたころによってできたアンサーソング「Rap Devil(ラップ・デビル)」が大きな話題となる一方で、2019年にNetflixで配信された映画「ザ・ダート: モトリー・クルー自伝」ではMötley Crüe(モトリー・クルー)のドラマー、Tommy Lee(トミー・リー)を演じ、こちらも大きな話題となりました。

Machine Gun Kelly の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧