【洋楽】実はリスニングにもぴったり!聞き取りやすくておしゃれな洋楽4選

私たち日本人にとっても身近な言語である英語。
しかしながら、「ある程度は英語読めるけど、会話のリスニングができない…」というかたも多いのではないでしょうか。

どうしても日常的に会話を聞かないとリスニング力は上げづらいのが正直なところです。

そこで役立つのが“洋楽”というわけ!
このコラムでは「英語のリスニング力を上げたい!」と思っている方にピッタリな曲をいくつか紹介いたします。

私が選んだ「聞き取りやすい名曲たち」をご鑑賞ください。

リスニングに勉強にもピッタリな聞き取りやすい洋楽4選

Far Caspian - A Dream of You

Far Caspian - A Dream of You - YouTube

4人組ポップ・バンド 『Far Caspian (ファー・カスピアン)』が放つ究極のメロウソングです。

リスニングのために曲を聞こうとなったとき、何より大切にしたいのは「いい曲であること」のはず。
何回聞いても飽きない。そんな曲をリスニングのお供にしたいですよね。

この曲は、まさに飽きづらい曲そのものとなっています。

さらにスローなテンポでゆっくり歌詞を歌ってくれるので、非常に聞き取りもしやすいです。

リスニング初心者にもおすすめな名曲となっています。

Men I Trust - Sugar

Men I Trust - Sugar - YouTube

カナダ出身のトリオ「メン・アイ・トラスト」がリリースしたスローテンポで聞きやすい曲です。

まるで夢の中へ誘うかのようなサウンドがとても心地よい曲となっており、自然と頭の中へ入ってきます。

ボーカルを務めるエマニュエル・プルー最大の特徴は“優しいウィスパーボイス”です。
この曲も、前編を通して甘く優しい声で歌われているので、疲れた脳みそでも歌詞が聞きやすいんです。

使われている単語も難しいものがないので、まさにリスニングにピッタリ
さらには寝る前のお供としても最高のパートナーになるはずですよ。

Boy Pablo - Dance, Baby!

Boy Pablo - Dance, Baby! - YouTube

ノルウェーの若きポップスター『ボーイ・パブロ』の中でも特に軽快かつ聞きやすい曲です。
彼の曲は、とにかくハッピーを感じるという点が一番に強調されています。

きっと英語の勉強をしていたら、うまくいかなくて落ち込みそうになる時もあるでしょう。
そんなときでも、この曲を聞けば自然と元気がでること間違いなしです。

リスニングという点に絞って聞いてみると、前編通してハキハキした口調で分かりやすく英語が綴られています。

リスニング初心者にも自信をもって進めたい曲です。

Two Door Cinema Club - UNDERCOVER MARTYN

TWO DOOR CINEMA CLUB | UNDERCOVER MARTYN - YouTube

2010年に卓越したポップ性と近未来感溢れる楽曲でブレイクを果たしたロックバンド『トゥー・ドア・シネマ・クラブ』の人気曲がこちらです。

疾走感と抑えるところの緩急が絶妙にされており、飽きが来づらい曲となっています。

とにかく早口で歌われているので、リスニング初心者には厳しいものがあるかもしれません。
しかし早口ながらも聞き取れないというわけではなく、非常に滑舌良く歌われているのが特徴です。

そのおかげで、自分のリスニング力が上がれば上がるほど曲の良さもわかってくるでしょう。

まとめ

聞き取りやすい洋楽を紹介してきましたが、どの曲も勉強に役立つはずの名曲です。
さらに勉強で疲れた脳みそも刺激してくれるはず!

「これから英語のリスニング力を上げたい」と思っている方や「自分のリスニングがどれだけのもんか試したい」と思っている方まで、ぜひとも聞いてみてくださいね。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

UKロックが大好きな20代のライターです! 洋楽のニュースからコラムまで、様々な情報をわかりやすく伝えていけたら良いなと思っています!