ローレン・スペンサー・スミスの新曲「Fingers Crossed」がアメリカのSpotifyで急上昇中

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽コラム

Lauren Spencer-Smith(ローレン・スペンサー・スミス)の新曲「Fingers Crossed(フィンガーズ・クロスト)」がアメリカのSpotifyで急上昇しており、1億7500万以上のストリーム数を獲得しています。

Lauren Spencer-Smith – Fingers Crossed – YouTube

ローレン・スペンサー・スミスはカナダのバンクーバー島にあるポートアルバーニ出身のイギリス生まれ、YouTubeチャンネルで人気を獲得した歌手で、YouTubeでは主にカバー動画を投稿していました。

ローレン・スペンサー・スミスの新曲「Fingers Crossed」がアメリカのSpotifyで急上昇中
IMAGE VIA:Facebook

2019年に投稿したLady Gaga(レディー・ガガ)のカバー「Always Remember Us This Way(オールウェイズ・リメンバー・アス・ディス・ウェイ)」が100万再生を獲得し、翌2020年にはアメリカンアイドルのシーズン18にも出演しました。

WOW! Lauren Spencer Smith Has a Voice That Leaves Luke Bryan Speechless – American Idol 2020 – YouTube

「Fingers Crossed」は2021年にTikTokでバイラルとなり、今年ついに正式リリース。アメリカのSpotifyで急上昇し、グローバルチャートでもトップ10入りを果たしました。

年明け早々ネクストブレイクと呼べるアーティストが登場しました。既に海外での人気も高いローレン・スペンサー・スミスは要注目です。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事