【※今最もアツい※】新世代ファンキーソウル女王『レミ・ウルフ』が凄すぎる。

『Remi Wolf(レミ・ウルフ)』を聴いたことがありますか?

1996年生まれのアメリカ・カリフォルニア州出身シンガーソングライター兼音楽プロデューサーで、高校在学中の2014年にオーディション番組『アメリカン・アイドル』に出場。

2018年に南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校を卒業した後、2019年10月に6曲入りのEP『You’re A Dog』でソロ・デビューし、

自身がプロデュースした楽曲「Hello Hello Hello (Polo & Pan Remix)」が、

Apple社がグローバルで展開する、iPhone12のキャンペーン・ソングに決定するなど、今最もアツいアーティストなのです。

そんな、レミ・ウルフの魅力を今回は僕の目線から伝えていこうと思います!

新世代ファンキーソウル『レミ・ウルフ』のどこが凄いのか?

端的にいうと、

彼女の一番の魅力は唯一無二の歌声です。

というのも、あくまで僕個人の意見ですが多くのフィメールアーティストはどうしてもMIXの過程で歌声がある程度画一化されてしまう印象があります。

しかし、レミ・ウルフの歌声はその過程を経ても色あせなく、甘いながらもインパクトのある美声を持っているのです。

レミ・ウルフ『Photo ID』の鬼remix。

そして、なんといってもアルバム『We Love Dogs!』のremixがとんでもないんです、、。

1、Photo ID - Free Nationals Remix

Remi Wolf - Photo ID (Free Nationals Remix) - YouTube

言わずと知れた、Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)を支えるバンド『Free Nationals(フリー・ナショナルズ)』によるリミックス。

彼女のコーラスとカッティングが一体化して、軽やかながらアタックの強いグルーヴを生み出しています。

2、Photo ID (with Dominic Fike)

Remi Wolf - Photo ID (with Dominic Fike) - YouTube

と思ったら打って変わって、歯切れの良いポップミュージックに!?

こちらは、急上昇中のシンガソングライターのDominic FIke(ドミニク・ファイク)との調和がなんとも言えない爽やかさを醸し出していますね。

まとめ

以上になりますが、いかがでしたでしょうか?

彼女のアルバムには他にも数々のレジェンド達とのremixがあり、一聴すればこれから音楽の捉え方を再定義してくれるアーティストであると確信するかもしれません。

僕としては、これからの活躍がとても楽しみなので、またいつかのコラムで今後の動きを紹介して行こうかと思います。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽なら幅広く聴きますが特にHIP HOP、R&B、ソウル、ファンクを好みます。