アン・マリーが新作アルバム『Unhealthy』から新曲「TRAINWRECK」をリリース!更にプレーセーブのプレゼント企画をスタート!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Anne-Marie(アン・マリー)が7月28日リリースの新作アルバム『UNHEALTHY(アンヘルシー)』から新曲「TRAINWRECK(トレインレック)」をリリース。楽曲に合わせたショート動画を公開しました。

Anne-Marie – TRAINWRECK IS OUT NOW #UNHEALTHY #shorts – YouTube

「TRAINWRECK」は、ビレン・テッド(レイ、ベッキー・ヒル)がプロデュースし、アン・マリー、カミーユ(デュア・リパ)、プレステッド(ルイス・カパルディ)が書いたもので、悪い関係から解放された時の安堵感を表現しています。

今作についてアン・マリーは、「落ち込んだり、迷ったり、孤独になったりすると思うけれど、その人を捨てて、その人がいない人生の方がどれだけ幸せか気づくの。」と語っています。

そして、アルバム・リリースを記念に配信予約のプレゼント企画をスタートしています。

『UNHEALTHY』は、彼女の人生のあらゆる部分から抽出された、完璧に不完全な世界を覗き見るような作品。このアルバムは、彼女が過去の生々しい人間関係の数々を見直し、その意味を理解しようとする一方で、新しい人間関係をポジティブに構築することを学ぶ準備ができていると感じた時期に書かれたもので、混沌から満足の旅へと私たちを誘います。

悲しみ、怒り、喜び、反抗心、幸福感など、さまざまなトピックを盛り込んだアルバム『UNHEALTHY』には、全13曲を収録予定。アルバムには、ガッツのあるエンパワーメント・アンセム(「Trainwreck」、「Grudge」)、優しい楽曲(「Kills Me To Love You」、「You & I」)、ギターが炸裂する(「Haunt You」)とともに収録。Kamille、McDonough Brothers、BillenTed、Evan Blair、Namiと共に作曲・録音したこのアルバムには、Aitch(エイチ)とのコラボで大ヒットとなった「Psycho」、Khalid(カリード)を迎えた「You & I」、そしてShania Twain(シャナイア・トゥエイン)とのコラボ曲「Unhealthy」も収録されています。

Photo by George MunceyPhoto by George Muncey

■商品情報
アーティスト:Anne-Marie / アン・マリー
トラック:TRAINWRECK / トレインレック
リリース:2023年7月6日(木)
ダウンロード / ストリーミング

Anne-Marie『UNHEALTHY』

アーティスト: Anne-Marie / アン・マリー
アルバムタイトル: UNHEALTHY / アンヘルシー
リリース:2023年7月28日(金)
国内盤CD:WPCR-18615 / 2,970円(税込み)※ボーナス・トラック収録予定
予約はこちら

■『UNHEALTHY』トラックリスト
1. SUCKS TO BE YOU / サックス・トゥ・ビー・ユー
2. SAD B!TCH / サッド・ビッチ
3. PSYCHO (FT. AITCH) / サイコ(フィーチャリング エイチ)
4. HAUNT YOU / ホウント・ユー
5. TRAINWRECK / トレインレック
6. GRUDGE / グラッジ
7. OBSESSED / オブセッスド
8. KILLS ME TO LOVE YOU / キルズ・ミー・トゥ・ラヴ・ユー
9. UNHEALTHY feat. Shania Twain / アンヘルシー フィーチャリング シャニア・トゥウェイン
10. IRISH GOODBYE / アイリッシュ・グッドバイ
11. CUCKOO / クック―
12. YOU & I (FT. KHALID) / ユー&アイ (フィーチャリング カリド)
13. NEVER LOVED ANYONE BEFORE / ネヴァー・ラヴド・エニワン・ビフォア
14. BETTER OFF / ベター・オフ
15. ICK / ICK
16. EXPECTATIONS (MINNIE, (G)I-DLE) / エクスペクテーションズ(ミンニ、(G)I-DLE)
17. PSYCHO (Acoustic) / サイコ(アコースティック) *
18. SAD B!TCH (Acoustic) / サッド・ビッチ(アコースティック) *
19. UNHEALTHY (Acoustic) / アンヘルシ(アコースティック) *
*・・・Bonus Track

■リンク
オフィシャルサイト
Instagram
Twitter
Facebook
YouTube
TikTok
Warner Music Japan

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事