【洋楽】かわいい&クールなガールズバンド3選【パート3】

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽コラム

海外のガールズバンドを紹介するシリーズ第3弾となります!
ちなみに前回の記事はこちら⇒パート2

世界で活躍するバンドを見ると、どうしても男性中心で結成されたグループが多いです。
しかしながら、まだまだみなさんに知ってほしい、いや知るべきガールズバンドは沢山います。

性別の違いなんて感じさせないパワフルさはもちろん、女性にしかない感受性を活かした音を鳴らすガールズバンドを3組紹介します。

私の独断ではありますが、きっとあなたの耳が満たされること間違いなしですよ。

【洋楽】かわいい&クールなガールズバンド3選【パート3】

Dream Wife(ドリーム・ワイフ)

「自分らしくあること」を信じ続ける女性。
こんな姿を体現し続けているのが、ロンドン発のガールズロックバンド『ドリーム・ワイフ』です。

・Hasta La Vista

Dream Wife – Hasta La Vista – YouTube

大学で出会った3人で結成された彼女たちは、これからのガールズロック界を引っ張っていく存在と評されるほどの実力を持っています。

特徴的なのが少ない音でキャッチーさを前面に出していることです。
古き良きロックンロールのソウルが散りばめられた曲たちは、なんだか飛び跳ねているように感じさせてくれます。

さらに、いつもライブで演奏することを意識して作られた曲はとにかくパワフル!
そして品の良いポップさも忘れてはいません。

ドリーム・ワイフにしか出せない世界観というものを完璧に構築していると言えるでしょう。
おそらく彼女たちはずっと元気です。それが最高のロックなんです。

・Hey Heartbreaker

Dream Wife – Hey Heartbreaker – YouTube

Goat Girl(ゴート・ガール)

多様性が溢れる近年の音楽シーン。
その中でも2010年代後半のUKロックシーンの活発ぶりは凄まじいものでした。

そんな環境の中で突如“変異体”として登場したのが「ゴート・ガール」です。

・The Man

Goat Girl – The Man – YouTube

様々なカルチャーを吸収して育て上げられたサウンドは、ロックの域を超えた芸術と言えます。

若さを一切感じさせない妖艶さと演奏技術の高さも魅力です。

サイケな世界観は多くのリスナーを虜にすること間違いなし。おそらく初見で聞けば好きかどうかハッキリわかるはずです。

・The Crack

Goat Girl – The Crack – YouTube

バンドはルックスというか全体の佇まいも重要な要素となります。
そのアイコニックな観点から見ても、彼女らはパーフェクトに近いバンドです。

Chastity Belt(チャスティティ・ベルト)

数々のメディアから賞賛を受け続ける米シアトル出身のガールズバンド『チャスティティ・ベルト』

彼女らは“どこまでも普遍的”です。

・Different Now

Chastity Belt – “Different Now” – YouTube

ガレージポップに分類される曲たちは、どれも日常の平穏さを歌った優しいものばかり。
曲の中で大袈裟なことをいうわけではありません。でも、そんな寄り添った優しさだからこそ胸に響くのです。

仲の良いメンバーで結成された4人の親密さが伺えるところも、彼女らを大切にしたくなるポイントでしょう。

ストレス社会と言われる昨今。
些細なことが気になって頭から離れないことだってあるはずです。

そんなあなたを包む暖かさをどうぞ感じてください。

・Seattle Party

Chastity Belt – Seattle Party – YouTube

まとめ

今回もおすすめのガールズバンドを3組紹介してまいりました。
もはや音楽に性別を持ち込むのもナンセンスな時代ではあります。
しかし、やっぱり女性が作る曲には独自の感性があって芸術性も高いと感じるばかりです。

ぜひ気になるバンドがあればディグってみてくださいね。

WRITER

UKロックが大好きな20代のライターです! 洋楽のニュースからコラムまで、様々な情報をわかりやすく伝えていけたら良いなと思っています!

人気記事