速ければ速いほどいい。初心者向けメロディックスピードメタルおすすめMV3選

1980年代末に生まれたメロディックスピードメタル。疾走感と美しいメロディを両立した人気のジャンルであり、現在もヨーロッパを中心に多くのバンドが活動しています。今回の記事ではメタル初心者でも聴きやすいメロディックスピードメタルのMVの中で特におすすめの4つを紹介していきます。

初心者向けメロディックスピードメタルおすすめMV3選

1・Flag In The Ground(SONATA ARCTICA)

SONATA ARCTICA - Flag In The Ground - YouTube

SONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ)はドラマチックなメタルバンド。フィンランドのパワーメタルバンド、ストラトヴァリウスから影響を受けたという叙情的なメロディとストリングスがメインのクラシック系シンセサイザー、重厚なコーラスなどを取り入れた特徴があります。結成当初はメガデスとスピンドクターズの影響を受けたハードロックバンドだった演奏スタイルを徐々に変化させ、プログレッシブメタルやシンフォニックメタルなどの要素を取り入れて現在のスタイルに至ったというシンフォニック感と疾走感を併せ持つサウンドは世界的にも人気があるバンドです。

2・Operation Ground And Pound(DragonForce)

DragonForce - Operation Ground And Pound - YouTube

DragonForce(ドラゴンフォース)はエクストリームなメタルバンド。デスメタル並の光速BPMと1曲に1分近く入るテクニカルなギターソロというメロディックスピードメタルバンドの中でも特にテクニックに重点を置いた演奏をする特徴があります。テクニカルさと同時にチャレンジ精神の強いバンドであり、2006年に発売された全曲メジャーコードのみで作曲したという異様なアルバム「InhumanRampage」は世界中で大きな話題を呼び、イギリスを代表するバンドの1つとなりました。

3・Tonight We Ride(UNLEASH THE ARCHERS)

UNLEASH THE ARCHERS - Tonight We Ride - YouTube

UNLEASH THE ARCHERS(アンリーシュ・ジ・アーチャーズ)はカナダを代表するメロディックスピードメタルバンド。重厚なギターリフやデスボイス、シャウトを多く使用するメタルサウンドと疾走感を兼ね備えており、パワーメタルやシンフォニックデスメタルなど複数の要素を取り入れていった結果、メロディックスピードメタルにたどり着いたような音楽性を持つバンドです。2015年からメタルレコード会社、ナパーム・レコードと契約してからMVの方向性が大きく変わり、契約した年にリリースしたTonight We Rideは映画、マッドマックス ビヨンドサンダーストームから影響を受けたという砂漠で撮影されたアウトローな映像は多くのファンを驚かせました。去年には新作のアルバム「Abyss」をリリースした現在勢いのあるメロディックスピードメタルバンドの1つです。

まとめ

おすすめのメロディックスピードメタルのMVを紹介させていただきました。テクニカルな演奏でありつつも聴きづらさが無く、多くの人が感じる格好良さを見事に表現した理想的なメタルのジャンルだと私は感じています。この機会に疾走感あふれるメロディックスピードメタルを開拓してみてはいかがでしょうか。