テイラー・スウィフトがじつは性悪女ってホント?性格が悪いといわれるワケ3つを徹底解説!

アリアナ・グランデ、アダム・レヴィーンの歌まねが上手すぎる!洋楽アーティストたち5人の「歌まねゲーム」まとめ【アメリカTVの大人気企画】

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)といえば世界でもっとも有名なアーティストのひとり。ファン想いで人望もあつくチャリティにも熱心な彼女は、若い女性にとっての「お手本」となる女性でもあります。そんなクリーンなイメージをもつ反面「実は性格が悪い」というウワサもあるんだとか‥その理由を3つお話します!

テイラー・スウィフトが性格が悪いと言われるワケ3つを徹底解説!

理由1 元カレをネタに作詞をする

テイラーは歌がうまいだけなく、作詞作曲もできるスゴいアーティストなんです。とくに自身の恋愛ネタを歌詞にすることで有名。たとえば元カレのハリー・スタイルズについて書いたと言われる「I Knew You Were Trouble(アイ・ニュー・ユー・ワー・トラブル)」では、「彼と出会ったときから、つき合えばトラブルになるとわかっていたのに‥」と恨み節を。

Taylor Swift - I Knew You Were Trouble - YouTube

「I Knew You Were Trouble」のミュージック・ビデオ

べつの元カレ、俳優ジェイク・ギレンホールに対しては「We Are Never Ever Getting Back Together(絶対にヨリなんてもどさないから)」という決別宣言ともとれる曲を書いています。

Taylor Swift - We Are Never Ever Getting Back Together - YouTube

「We Are Never Ever Getting Back Together」のミュージック・ビデオ

失恋を「アート」に昇華する才能はスゴいものの、ネタにされた男性にとっては災難。中には「テイラーに歌詞にされたせいで恥ずかしい思いをした」といい出す元カレも出てくる始末。元カレにこんな形で“復讐”するテイラーは、もしかして性格が悪いのかも‥?

理由2 じつは浮気をしていた?

誠実ではない元カレに対しては、自作の歌詞を使って復讐をはたしていたテイラー。でもじつは彼女自身も浮気をしていた、という疑惑が。2015年から1年ほどおつきあいをした有名DJのCalvin Harris(カルヴィン・ハリス)と別れた直後、テイラーが英俳優の Tom Hiddleston (トム・ヒドルストン)とつきあい始めたのは有名な話。のちにアルバム「Reputaition(レピュテーション)」に収録された「Getaway Car(ゲタウェイ・カー)」の中でテイラーは

I wanted to leave him
I needed a reason

彼から離れたかった
理由が必要だった

Taylor Swift - Getaway Car (Lyrics) - YouTube

「Getaway Car(歌詞付き)」

理由3 嫌いなモデルを辞めさせた

2014年、前年にひきつづき、大人気ランジェリーブランド「Victoria’s Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)」でのパフォーマンスを依頼されたテイラー。彼女はあるモデルをクビにすることを条件にそれを引き受けたらしいのです。その「モデル」はJessica Hart(ジェシカ・ハート)。彼女は前年のショーのあと「テイラーはこのショーに合っていなかった」と発言していたのです。

ジャスティン・ビーバーとも共演したジェシカ

それに怒ったのがテイラー。名実共にハリウッドの女帝になろうとしていた当時のテイラーと、ただの人気モデルではもちろん勝負になりません。「ヴィクトリアズ・シークレット」の経営陣がテイラーの要求をのんだことで、2014年のパフォーマンスが実現したといわれています。自身の権力を行使してモデルの仕事を奪ったとしたら、テイラーはもしかして性格が悪いのかも‥?

Taylor Swift The Victorias Secret Fashion Show 2014 - YouTube

2014年「ヴィクトリアズ・シークレット」のショーで「Style(スタイル)」をパフォーマンスしたテイラー

何より世界的ヒットを生み出し続けてる事実

とはいえ、テイラーが名曲を量産し世界中のファンを幸せにしたこと、稼いだお金を寄付して社会に還元してきたことはまぎれもない事実。

これからも、わたしたちに夢と希望を与えてくれるであろうテイラー、「性格がいいか悪いか」なんて正直どうでもいいことなのかも‥?