The Beatles(ビートルズ)の歴史・世界的バンドの誕生から解散までを4つの時代に凝縮して解説【前編】

The Beatles(ビートルズ)は20世紀を代表するバンドであり、世界で最も認知されているバンドです。

多くの歴史を築き、音楽業界において様々な点で先駆者となり、ファッションや文化にまで強力な影響を与え続け、今尚世界中に多くのファンを持つ伝説的なバンドだと言えます。

今回は「The Beatles(ビートルズ)の歴史・世界的バンドの誕生から解散まで」と題して4つの時代に凝縮して解説していこうと思います。ちょっと長くなってしまったのでこちらのページでは【前編】として、デビューから1966年までをまとめました。

後編もCHECK!! The Beatles(ビートルズ)の歴史・世界的バンドの誕生から解散までを4つの時代に凝縮して解説【後編】

The Beatles(ビートルズ)のプロフィール

The Beatles

The Beatles(ビートルズ)は英国のロックバンドで、1960年、英国リバプールにて結成されました。

John Lennon(ジョン・レノン)Paul McCartney(ポール・マッカートニー)George Harrison(ジョージ・ハリスン)、そしてRingo Starr(リンゴ・スター)の4人で構成され、史上最も影響力のあるバンドとして世界中で知られています。

こちらもCHECK!! The Beatles(ビートルズ)の詳しいプロフィールや関連記事

The Beatles(ビートルズ)のキャリア

1957-1962 バンド結成 ハンブルグ時代と英国での人気

1957年3月、リバプールにあるグラマー・スクールのクオリー・バンク校に通っていた当時16歳のJohn Lennon(ジョン・レノン)は、6歳の頃からの1番の親友とスキッフルバンド「The Blackjacks(ザ・ブラック・ジャックス)」を結成します。スキッフルとは、当時ロンドンを中心に流行していた即興音楽のこと。その後3人の友人が加入したタイミングで、人気のある地元のグループが既にこの名前を使っていることを知り、バンド名を学校の名前からとって「The Quarry Men(ザ・クオリーメン)」を改名して活動していました。

同年7月、バンドはウールトンのセントピーターズ教会の野外バザー会場で初のライブを行います。そこにジョンの友人でもあったIvan Vaughan(アイヴァン・ヴォーン)が、同じく友人だった当時15歳のPaul McCartney(ポール・マッカートニー)を連れて行ったことで、ポールはステージで演奏するジョンに初めて会います。アイヴァンは共通の友人だったので、ライブ終了後アイヴァンはジョンにポールを紹介し、意気投合。リズムギタリストとしてバンドに参加します。

1958年2月、バンドは新しいロックに焦点を当てたレパートリーに対応するために別のギタリストを必要としていました。ポールは当時15歳の友人George Harrison(ジョージ・ハリスン)を誘い、ジョンに紹介します。 ジョンはオーディションを受けた15歳の彼の演奏に感銘を受けるも、当初ジョージがこのバンドには若すぎると考えていました。

当時別のバンドにエディ・クレイトンというギタリストがいて、ジョンはジョージにあのクレイトンぐらい弾けるなら俺たちのバンドに入れてやってもいいよと言ったことで、「Raunchy」という楽曲ののインスト、ギターソロのパートを演奏、結果、ジョージをリードギタリストとして採用しました。ちなみにエディ・クレイトンとはEric Clapton(エリック・クラプトン)のことだと言われています。

夏ごろにはお金をかき集め、リヴァプールの貸しスタジオ「フィリップス・サウンド・レコーディング・サービス」で記念すべき初レコーディングを行い、レコードを自主制作。※この音源は1995年にアルバム「The Beatles Anthology 1(ザ・ビートルズ・アンソロジー1)」の収録曲としてリリースされています。その後キャロルリーバイスのオーディションを受ける機会があり、オーディションのためにバンド名を「Johnny and the Moondogs(ジョニー&ザ・ムーンドッグス)」に改名します。

1959年、バンドは最終的に3人のギタリストだけになり、バンド名を3人の名前をもじり「Japage 3(ジャページ3)」に改名。いつでもドラマーを発見できるように活動を続けていました。

1960年、ジョンの美術学校の友人Stuart Sutcliffe(スチュアート・サトクリフ)がバンドに参加。ジョンとスチュアートは、1959年に亡くなったミュージシャン、Buddy Holly(バディ・ホリー)のバンド「Buddy Holly and the Crickets(バディ・ホリー&ザ・クリケッツ)」に敬意を表して、Beatles(ビートルズ)に変えようと言い出します。※クリケット(コオロギ)にあやかり、ビートル(カブトムシ)とビートをかけ合わせた造語を思いついたそう。

バンド名は「The Silver Beetles(シルヴァー・ビートルズ)」に改名され、友人のJohnny Gentle(ジョニー・ジェントル)のスコットランドツアーのバックアップ・バンドとして参加しました。プロとしての仕事を紹介してもらうために、ジャカランダというクラブのオーナーだったAllan Williams(アラン・ウイリアムズ)に依頼し、ハンブルグにおける彼らの住まいを手配、フルタイムのドラマーが欠員だったのでオーディションを行い同年8月、バンドが出演していたカスバ・コーヒー・クラブの経営者の息子Pete Best(ピート・ベスト)をドラマーに迎え5人組となり「The Beatles(ザ・ビートルズ)」と改名しました。

ハンブルグのクラブ経営者Bruno Koschmider(ブルーノ・コスクマイダー)は彼らが契約に違反してライバルのTop Ten Clubで演奏しているのを知り彼らを解雇、ジョージが年齢を偽証してハンブルグ滞在の許可を得たとの通報を受け、当局はジョージの国外退去を命じました。続いてブルーノはポールとピートがコンクリート製の廊下でコンドームに火をつけたとして、放火を理由に逮捕させ、当局は彼らを国外退去処分としました。ジョンがリバプールに帰ったのは12月初めでした。

それからの2年間、ビートルズは再びハンブルグに住みました。一方では娯楽として、他方では終夜の演奏を行うエネルギーを維持するためにPreludin(覚せい剤)を服用しました。1961年、彼らが二回目の契約中、スチュアートの恋人、Astrid Kirchherr(アストリッド・カーチャー:最初にビートルズを撮影したセミプロカメラマンとして知られる)は彼の髪を「exi」(実存主義者)スタイルにカットし、後に他のビートルズに採用されることになります。

スチュアートがその年の初めにバンドを離れ、ドイツで絵画の勉強に復帰することになり、ポールがベースを担当するようになりました。プロデューサーBert Kaempfert(バート・ケンフェルト)は4人になった彼らを1962年6月まで使う契約をし、Tony Sheridan(トニー・シェルダン)のバッキングバンドとして使うことになりました。「Tony Sheridan & the Beat Brothers(トニー・シェリダン&ザ・ビート・ブラザーズ)」と称され、1961年10月、シングル「My Bonnie(マイ・ボニー)」をリリース、 音楽業界の雑誌「Musikmarkt」のチャートで32位にランクインしました。

2度目のハンブルグ居住を終え、リバプールでのMerseybeat movement(リバプールの音楽雑誌)人気とともに彼らの人気も高まりました。同時に、同じクラブで毎晩何度も登場する単調さに飽きていました。1961年11月、キャヴァーン・クラブにおけるグループの演奏中、彼らは地元のレコード店オーナー並びに音楽関係コラムニスト、Brian Epstein(ブライアン・エプスタイン)に出会ったのです。後に彼はその時のことを思い出して言いました。「私はすぐに聴いたものが好きになった。新鮮で、正直、そして彼らはある種の存在感、スターの素質を持っていた。」

ブライアンはそれからの数か月彼らを口説き、1962年1月、バンドは彼をマネージャーに指定しました。1962年初めから中旬にかけて、ブライアンはBert Kaempfert Productionsとの契約上の義務からビートルズを解放しようとしました。彼は最終的に、ハンブルクでの最後のレコーディングセッションを引き換えに、契約から1か月前の解放を交渉しました。4月にドイツに戻る途中、スチュアートが脳内出血により死去。フィアンセだったアストリッドは空港でメンバーに知らせました。

ブライアンは多くのレーベルとレコーディング契約の交渉を行い、最終的には、プロデューサーGeorge Martin(ジョージ・マーチン)と契約に至り、ビートルズは EMI's Parlophoneレーベルに入りました。

ジョージ・マーチンとビートルズの最初のレコーディングセッションは6月、ロンドンにあるEMIの「Abbey Road Studios(アビー・ロード・スタジオ)」で実施されました。開始早々ジョージ・マーチンはピートの貧弱なドラムに不満を示し、代わりに、セッション・ドラマーの使用を提案しました。すでにピートの解雇を考えていたビートルズは、同年8月正式に解雇。当時Rory Storm and the Hurricanes(ローリー・ストーム・アンド・ザ・ハリケーンズ)というバンドで既に人気のあったドラマーRingo Starr(リンゴ・スター)が加入します。

9月、EMIにおけるセッションではリンゴのドラムをフィーチャーした「Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)」のレコーディングが行われましたが、またしても不満なジョージ・マーチンはドラマーのAndy White(アンディ・ホワイト)を雇い、レコーディングされたのが「Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)」、「Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)」、「PS I Love You(P.S.アイ・ラヴ・ユー)」でした。

ジョージ・マーチンは当初、バンドの最初のシングルに「Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)」のリンゴがドラムを担当した音源を選択しましたが、その後の再プレスではリンゴにタンバリンを担当させています。10月初めにリリースされた「Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)」は、イギリスのシングルチャートで最高17位に達しました。彼らのテレビデビューは同月末、地方ニュース「People and Places」でのライブ演奏でした。ジョージ・マーチンは速いテンポの「Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)」を提案、1963年1月にリリースされると一気にチャートを駆け上がり、イギリスのシングルチャートで2位まで上昇します。

1962年12月、ビートルズは5回目、最後のハンブルクでの滞在を終了。1963年までに、彼らは、リンゴを含めて、4人のバンドメンバー全員ボーカルに参加することになりました。リンゴの音域は限りがありましたが、グループの一員であることを証明するためのものでした。ジョンとポールはソングライティングのパートナーシップを確立し、バンドの成功が大きくなるにつれて、2人の支配的なコラボレーションにより、リードボーカリストとしてのジョージの役割が制限されるようになりました。

ブライアンは、ビートルズの商業的可能性の最大化に力を注ぎ、演奏のための専門的なアプローチを要求しました。ジョン曰く「ステージに立とうが立つまいが、自分たちの好きな格好をした。彼はジーンズが特にスマートではなく、似合ったズボンをはくことができるかもしれないと考えていた。しかし我々が急に格式張ることを望みませんでした。彼は我々個人のセンスに任せることにしました。」

1963-1966 ビートルマニア ツアーの年

1963年2月、ビートルズはデビューLP「Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)」のスタジオセッションで10曲を録音しました。ジョージ・マーチンは当初、ビートルズのデビューLPをキャヴァーン・クラブでライブ録音とすることを考えていましたが、建物の音響が不十分であると判断し、アビー・ロード・スタジオを選びました。「Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)」のなだらかな人気の後、シングル「Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)」はより鮮明な反応で、イギリスのシングルチャートで2位まで上昇。

Love me Do-The Beatles ' 62

The Beatles - Please Please Me

翌月リリースされた同名タイトルのデビューアルバム「Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)」はイギリスで1位を獲得。さらに翌4月にリリースされた3枚目のシングル「From Me to You(フロム・ミー・トゥ・ユー)」でシングルチャートでも1位を獲得します。続く4枚目のシングル「She Loves You(シー・ラヴズ・ユー)」は、イギリスでは166.7万枚を売り、当時のイギリスでのシングル売り上げの最高記録を樹立しました。

プリーズ・プリーズ・ミー
ザ・ビートルズ
EMIミュージックジャパン (2009-09-09)

彼らの商業的成功はメディアの露出を増やし、ビートルズは当時のポップミュージシャンに対する期待に対して不敬でコミカルな態度で反応し、さらに多くの関心を呼び起こすことになりました。全国初のツアーが実施され、バンドの熱狂的な称賛が定着、ファンの叫び声で暴動のような熱意に迎えられ、メディアはこの現象を「Beatlemania (ビートルマニア)」と名付けました。

デビューアルバムはイギリスの音楽情報誌「Record Retailer」のチャートで30週連続1位をマークし、同年秋にリリースされた2ndアルバム「With the Beatles(ウィズ・ザ・ビートルズ)」は27万枚もの事前注文を獲得してトップに入れ替わり、21週1位をキープしました。最終的に1週間で50万枚を売り上げ、イギリスのアルバムチャートでも1位を獲得。

ウィズ・ザ・ビートルズ
ザ・ビートルズ
ユニバーサルミュージック (2013-11-06)

「With the Beatles(ウィズ・ザ・ビートルズ)」は当時の標準的なやり方とは逆に、EMIはシングル「I Want to Hold Your Hand(邦題:抱きしめたい)」の直前にアルバムをリリースし、シングルの売上を最大化するためにこの曲を除外しました。アルバムのライナーノートを作成する際、バンドの記者であるTony Barrow(トニー・バロー)は彼らを称して「fabulous foursome(素晴らしい四人組)」という最上級のものを使用、これがメディアにより「Fab Four」として広がりました。

The Beatles - I Want To Hold Your Hand - Performed Live On The Ed Sullivan Show 2/9/64

EMIの米国子会社であるCapitol Records(キャピトル・レコード)は、最初の3枚のシングルを含む彼らの楽曲を最初に断ることにより、ビートルズの米国でのリリースを1年以上遅らせてしまいました。米国の独立レーベルVee-Jay Records(ヴィージェイ・レコード)との並行する交渉により、1963年に一部の曲がリリースされましたが、全てではありませんでした。ヴィージェイ・レコードは、アルバム「Introducing ... The Beatles(イントロデューシング・ザ・ビートルズ)」の準備をしていましたが、Parlophone(パーロフォン:ワーナー・ミュージック・グループ傘下のレコードレーベル)の「Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)」からの抜粋で、同社経営陣の大混乱によりアルバムはリリースされませんでした。

その後、ロイヤリティを報告しなかったことが表面化、ヴィージェイ・レコードがEMIと署名したライセンスは無効になりました。シングル「She Loves You(シー・ラヴズ・ユー)」の新しいライセンスがSwanレーベルに付与されました。レコードは、ラジオ局WGHのGene Loving(ジーン・ラビング)によってバージニア州Tidewater地域でいくつか放送され、アメリカのテレビ番組「American Bandstand」のコーナー「Rate-a-Record」で取り上げられましたが、全国的には広まりませんでした。

ブライアンは米国マーケティングキャンペーンに4万ドルを用意。ワシントンDCのラジオ局WWDCのディスクジョッキーCarroll James(キャロル・ジェームズ)が、1963年12月、英国製シングル「I Want to Hold Your Hand(邦題:抱きしめたい)」のコピーを取得してオンエアを開始。これがアメリカチャート成功の始まりでした。そのコピーは、間もなく米国中の他のラジオ局の間に出回るようになり、キャピトル・レコードは予定を3週間前倒してリリースしました。結果全米ビルボードホット100ではバンド初の1位を獲得。その後7週連続1位をキープし、1200万枚以上売り上げる大ヒットを記録しました。

1964年には「The Ed Sullivan Show(エド・サリヴァン・ショー)」で初めて米国におけるテレビの生放送に出演、約7300万人、アメリカの人口の34%がこれを視聴しました。伝記作家Jonathan Gould(ジョナサン・グールド)は、ニールセンに依る結果を「アメリカのテレビ番組でこれまでに記録された最多の視聴者」だったと記しています。翌朝、ビートルズはアメリカの大部分の否定的・批判的報道に目覚めましたが、その翌日、ワシントンコロシアムでの米国最初のコンサートでビートルマニアは爆発炎上しました。翌日ニューヨークに戻り、ビートルズはカーネギーホールでの2回のショーで別の熱烈な歓迎を受けました。バンドはフロリダに飛んで、エド・サリバン・ショーに2回目の出演をして7000万人の視聴者を集め、2月22日に帰国しました。

1964年4月4日、ビルボードホット100に措いてビートルズは、前人未踏の1位から5位を独占という快挙を成し遂げました。

1位Can't Buy Me Love
2位Twist & Shout
3位She Loves You
4位I Want To Hold Your Hand
5位Please Please Me

この記録は2020年現在未だ破られていません。

同年7月、Capitol Recordsと競合するUnited Artists Recordsはその映画部門にビートルズに映画の取引を積極的に申し入れました。これは主に米国における映画サウンドトラックの商業的な可能性を探るものでした。彼ら自らが演奏するミュージカル・コメディー、Richard Lester(リチャード・レスター)監督の映画「A Hard Day's Night(邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)」は国際的な成功を収め、同名映画のサウンドトラックアルバムは全米14週連続1位を記録しています。

ほぼ同時期に行われた国際ツアーでは、デンマーク、オランダ、香港、オーストラリア、ニュージーランドで、27日間にわたって37のステージに上がり、アメリカに移動してからは23の都市で30のコンサートツアーを行いました。再び強い関心を呼び起こしたこの1か月のツアーには、サンフランシスコからニューヨークまでの30分間の各公演に1万~2万人のファンを集めました。

またこの時期、ジャーナリストのAl Aronowitz(アル・アロノヴィッツ)は、ビートルズがBob Dylan(ボブ・ディラン)に会うよう手配しました。 ボブ・ディランはニューヨークのホテルの一室にバンドを訪問し、彼らに大麻を紹介しました。彼らのファンとは対照的に、ボブ・ディランのファンは政治的あるいは社会的な理想主義、そしてややボヘミアンスタイルを掲げ、芸術的あるいは知的な傾向のある大学生でした。一方、ビートルズのファン層は、ティーニーボッパー、テレビ、ラジオ、ポップレコード、ファンマガジン、ティーンファッションなどの商業化された大衆文化に完全に包まれた高校や小学校の子供たちでした。フォークミュージックシーンのボブ・ディランの信者の多くにとって、ビートルズは理想主義者ではなく偶像崇拝者と見なされていました。

1965年6月、ハロルド・ウィルソン首相がビートルズメンバー全員を大英帝国勲章(MBE)受賞にノミネートし、エリザベス女王が大英帝国勲章(MBE)を彼らに授与されたときに論争が起きしました。これに抗議して、その名誉は当時、主に軍の退役軍人と市民の指導者に授与されたものですが、保守的なMBEの一部の受信者は自分の勲章を返却しました。7月に公開ビートルズの2作目の映画「Help!(邦題:ヘルプ!4人はアイドル)」は再びリチャード・レスターによって監督されました。「主にボンドの完全ななりすまし」と説明されており、批評家とバンドの両方に複雑な反応を引き起こしました。ポール曰く、「HELP!は素晴らしかったけれど、私たちの映画ではなかった。我々はゲストスターみたいなもの。楽しかったが、基本的に、映画のアイデアとしては少し間違っていた。」と述べています。サウンドトラック・アルバムには代表曲でもある「Yesterday(イエスタデイ)」が収録されています。

同年8月、グループ3回目となる米国ツアーはニューヨークShea Stadium(シェイ・スタジアム)における55,600人の世界記録の観衆の前での公演で始まりました。他のアメリカの都市ではさらに9つのコンサートが成功でした。アトランタでのショーでは、ステージ上のモニタースピーカーのフォールドバックシステムを利用した初めてのライブパフォーマンスを行いました。ツアーの終わりにかけて、彼らは、バンドの根源的な影響を受けたElvis Presley(エルヴィス・プレスリー)と出会い、ビバリーヒルズの自宅に招待されました。9月には、アメリカの土曜日の朝の漫画シリーズ「The Beatles」が発売されました。これは2年間の放映で、「A Hard Day's Night」のドタバタの狂気を反映しています。このシリーズは、本物の生きている人々のアニメーション版を特集した最初の週刊テレビシリーズとしての歴史的な一里塚でした。

10月からはレコーディングスタジオに入り、新たなアルバム制作を開始します。アルバムを作るとき、彼らは他の大きなコミットメントなしで長期間を費やしたのは初めてのことでした。12月にリリースされた「Rubber Soul(ラバー・ソウル)」は、批評家からバンドの音楽の成熟度と複雑さの大きな一歩として歓迎されました。彼らがロマンスと哲学のより深い側面を受け入れるように、彼らのテーマの範囲は拡大し始めていました。アルバムの著名な曲の多くはジョンとポールのコラボレーティブな曲作りでした。それはまた、彼らは公式のクレジットを共有しながらも、それぞれから異なる組成物を特色にしたものでした。「In My Life(イン・マイ・ライフ)」は、後にそれぞれ自分が主に書いたと主張していますが、2018年、ハーバード大学のマーク・グリックマンらが、かつてシェイクスピアの作品のいくつかは劇作家のクリストファー・マーロウとの共著であると解明したのと同じ統計学の手法を用いて楽曲や作曲背景の分析を行い、「"In My Life"はジョンの作品であることは確実である」と発表しています。ジョージは「お気に入りのアルバム」と呼び、リンゴは「旅立ちの記録」と表現。しかし、レコーディングエンジニア、Norman Smith(ノーマン・スミス)は後に、スタジオでのセッションでグループ内での対立が増大する兆候が顕著になり、「ジョンとポールの衝突が明らかになった」と彼は書いています。

「Rubber Soul(ラバー・ソウル)」は大きな第一歩でした。ビートルズの最終ツアーの1週間前の1966年8月にリリースされた「Revolver(リボルバー)」はもう1つの足跡を残しました。 オンラインマガジン「Pitchfork」のScott Plagenhoef(スコット・プラゲンホフ)は「彼らのサウンドは最高の自信に達した」、「ポップ・ミュージックに期待されるものを再定義する」と名言します。アルバムは洗練された曲作り、スタジオでの実験、革新的なクラシック・ストリング・アレンジメントからサイケデリック・ロックに至るまで、音楽様式のレパートリーを大きく拡大しました。通常の写真の集合を放棄、ハンブルクの時代からバンドの友人であるKlaus Voormann(クラウス・ボーマン)によるデザインのジャケットが印象的な作品です。

ラバー・ソウル
ザ・ビートルズ
ユニバーサルミュージック (2013-11-06)

収録曲には、ビートルズ初のサイケデリック・ロック曲「Tomorrow Never Knows(トゥモロー・ネバー・ノウズ)」があり、Timothy Leary(ティモシー・リアリー)がチベットの「死者の書」を基にして書いた「The Psychedelic Experience: A Manual Based on the Tibetan Book of the Dead」に触発された歌詞が印象的な曲があり、制作にはEMIビルディングの周りに8台のテープデッキを設置、各デッキにはエンジニアやバンドメンバーを配置、彼らが無作為にテープループの動きを変化させ、ジョージ・マーティンはそれらから入って来る着信データをサンプリングすることによって合成音の録音を行ったそう。しかし、リリースに続く米国ツアー中に、バンドはこれらの曲を演奏しませんでした。Chris Ingham(クリス・インガム)が書いているように、それらの曲は際立って「スタジオ作品」であり、特にファンの悲鳴で感覚を鈍らせる壁に依って、4人のロックンロールグループが持ち前の能力を十分に発揮する方法はありませんでした。8月29日サンフランシスコのキャンドルスティックパークでのコンサートが彼ら最後のコンサートでした。それは4年の期間の終わり、1400回以上のノンストップ・ツアーの最後を飾るものでした。

前半はここまで

いかがでしたでしょうか?The Beatles(ビートルズ)の長きに渡る歴史を凝縮して前編として解説してまいりました。

ここから解散、そして現在までをまとめた【後編】へ続きます。是非そちらもご覧ください。

前編もCHECK!! The Beatles(ビートルズ)の歴史・世界的バンドの誕生から解散までを4つの時代に凝縮して解説【後編】

SNSで記事をシェアする!

Writer この記事を書いた人

ISAO:洋楽まっぷ専属ライター
映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、
気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。
http://isao-scrapbook.blog.jp/