The Beatles(ビートルズ)の歴史・世界的バンドの誕生から解散までを4つの時代に凝縮して解説【後編】

The Beatles(ビートルズ)は20世紀を代表するバンドであり、世界で最も認知されているバンドです。

The Beatles(ビートルズ)の歴史・世界的バンドの誕生から解散までを4つの時代に凝縮して解説【前編】では、デビューから1966年までをご紹介してまいりましたが、こちらのページでは【後編】と題して1966年以降、解散、そして現在までをまとめましたので、是非最後までご覧ください。

前編もCHECK!! The Beatles(ビートルズ)の歴史・世界的バンドの誕生から解散までを4つの時代に凝縮して解説【前編】

The Beatles(ビートルズ)のプロフィール

The Beatles

The Beatles(ビートルズ)は英国のロックバンドで、1960年、英国リバプールにて結成されました。

John Lennon(ジョン・レノン)Paul McCartney(ポール・マッカートニー)George Harrison(ジョージ・ハリスン)、そしてRingo Starr(リンゴ・スター)の4人で構成され、史上最も影響力のあるバンドとして世界中で知られています。

こちらもCHECK!! The Beatles(ビートルズ)の詳しいプロフィールや関連記事

The Beatles(ビートルズ)のキャリア

1966-1970 スタジオ録音の時代

ツアーの負担から解放され、ビートルズはすます実験的なアプローチを採用、1966年11月には「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド)」のレコーディングを行いました。

エンジニアのGeoff Emerick(ジェフ・エメリック)によると、アルバムの録音に700時間以上費やしました。彼はバンドのこだわりを思い出し、「アルバム収録曲の全てが異なっていなければならなかった。金管楽器の真下にマイクを置き、ヘッドフォンがバイオリンに接続されたマイクに変わったり、楽器やボーカルのテンポを変えるために古い大きな発振器を使ったり、細かく切り刻み、逆さまにしたり、誤った方法で貼り付けた録音テープを使ったりしました。」と述べています。

圧倒的なコンセンサスは、ビートルズが人気の傑作を生み出したということになります。大胆な野心と驚くべき独創性が劇的に可能性を拡大し、レコードでポピュラー音楽を聴いてわくわくするような体験を期待できる、豊かで持続的、あふれる天才達の共同の作品であると言えます。この認識に基づいてアルバムは、1956年のエルビス現象と1963年のビートルマニア現象によって引き起こされた初期のポップ音楽爆発をはるかに上回る方法で、レコードビジネスの美学と経済の双方に革命をもたらす大衆熱狂の爆発の触媒となったのです。

アルバムジャケットもかなりの関心と研究心を集めました。 ポップアーティストPeter Blake(ピーター・ブレイク)とJann Haworth(ジャン・ハワース)に依ってデザインされたコラージュはグループを、大勢の有名人が立ち並ぶ前に立っている、架空のバンドとして描写しました。グループが生やしている口ひげはヒッピースタイルの影響の高まりを反映しており、文化史家Jonathan Harris(ジョナサン・ハリス)は「軍服の鮮やかな色のパロディ」を「反権威主義的かつ反体制的」な表現として説明しています。

1967年6月25日、世界初の多元衛星中継のテレビ番組として放送された「OUR WORLD ~われらの世界~」において推定3億5千万人の視聴者に、当時の未発表曲「All You Need Is Love(邦題:愛こそはすべて)」を披露しました。リリースされて1週間後、市民運動「Summer of Love」の期間中、この曲はフラワーパワー賛歌に採用されました。

The Beatles - All You Need Is Love Rehearsal (Our World 6/25/67)

それから2か月後、アシスタントマネージャーのPeter Brown(ピーターブラウン)がバンドに電話をかけ、わずか32歳の若さでブライアンが亡くなったことを伝えました。自殺が広く噂されていましたが、検死官は彼の死を偶発的なカルビトールの過剰摂取と断定しました。彼の死でグループは混乱、後にジョンは「私たちは崩壊しました。その時、私たちは問題に直面していることに気づきました。音楽を演奏する以外のことをする能力については何も知らず、恐怖しました。」と語っています。

同年12月、ブライアンの死後初めて自分たちで取り組んだプロジェクトとなったテレビ映画「Magical Mystery Tour(マジカル・ミステリー・ツアー)」のサウンドトラックをリリース。アメリカではアルバムチャートで8週間連続第1位を記録。このアルバムはキャピトルLPの最高の販売記録を樹立したコンピレーションでした。

映画はボクシング・デーに初放映され、当初はバンドに英国の最初の大きな否定的な報道をもたらしました。視聴率は高かったが、マスコミの酷評により、米国のテレビネットワークはこの映画の放送に興味を失いました。

1968年1月、ビートルズはアニメ映画「Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)」のカメオ出演の撮影をしました。この映画は、バンドメンバーの漫画バージョンであり、この映画で初めて披露される4曲の未発表のスタジオ録音を含む、11曲のサウンドトラックをフィーチャーしたものでした。6月にリリースされたこの映画は、その音楽、ユーモア、革新的な視覚スタイルが批評家から賞賛されました。しかし、サウンドトラックアルバムが登場するまでには7か月もかかってしまいました。その間、実質的に何の変哲もないカバーで一般的に「The White Album(ホワイト・アルバム)」として知られるダブルLP、「The Beatles(ザ・ビートルズ)」が登場しました。このレコーディングセッションで、ビートルズとの関係に公然と不和が生じます。「Back in the U.S.S.R.(バック・イン・ザ・U.S.S.R.)」のレコーディング中、リンゴの演奏に納得いかなかったポールが度々注文をつけ、リンゴが激怒してスタジオを飛び出し、一時的に脱退することになってしまい、ポールが自らドラムを演奏し、その後リダクションを行ない、結局3人がほとんどの楽器を担当しオーバー・ダビングされるという事態に。

その後ジョンはポールとのコラボレーションに興味を失い、彼らの「Ob-La-Di、Ob-La-Da」を「おばあさん音楽でくだらない」と軽蔑しました。ジョンの前衛芸術家オノ・ヨーコとの恋愛に夢中になっていることによって緊張はさらに悪化しました。ガールフレンドがスタジオに入ることが許可されていないというバンドの暗黙の了解にもかかわらず、彼はセッションに参加することを主張しました。ポールは、このアルバムは「作って楽しいものではなかった」ことを思い出した。彼とジョンはともに、このセッションがバンド分裂の始まりであったと認めています。

11月に発売された「The White Album(ホワイト・アルバム)」は、バンドの最初のApple Recordsアルバムリリースでしたが、200万枚以上の前注文を集め、1か月余りの間に米国で約400万枚を売り上げ、そのトラックはアメリカのラジオ局のプレイリストを独占しました。このアルバムは今尚売れており、2020年現在1200万(2枚組のため2400万枚で計算されており、アメリカでは歴代4位の売り上げ)

「Let It Be(レット・イット・ビー)」はビートルズ最後のアルバムでしたが、その多くが「Abbey Road(アビー・ロード)」以前に録音されたものでした。このプロジェクトのきっかけは、ジョージ・マーティンとポールのアイデアから生まれました。ポールは、「新しい素材のアルバムを録音してリハーサルし、レコード上およびフィルム上で、初めてライブの観客の前で演奏します」。もともとは1時間のテレビ番組「Beatles at Work」、スタジオワーク素材を活用したもので、多くは、ディレクターMichael Lindsay-Hogg(マイケル・リンゼイ・ホッグ)によってフィルムに撮影されました。

ジョージ・マーティンは、このプロジェクトは「まったく幸せなレコーディング体験ではなかった。ビートルズ内部の関係が最低だった時代だった」と語った。ジョンは、大部分の即興セッションを「地獄・・・地球上で最も悲惨な・・・」、そしてジョージは「史上最悪」と評し、彼は5日間も現場を離れる始末。復帰後、彼は「ライブ活動のすべての話を放棄」しない限りバンドを辞めると脅迫、代わりにTVスペシャル用に録音された曲を使用して、当初「Get Back(ゲット・バック)」というタイトルの新しいアルバムの仕上げに集中しました。また、彼は Twickenham Film Studios(トゥイッケナム・スタジオ)での仕事をやめるよう要求しました。そこでセッションが始まりましたが、新しく完成したApple Studio(アップル・スタジオ)に移動しました。他のバンドのメンバーも同意し、長編映画で使用するためにテレビ制作用に撮影した映像を回収するというアイデアが生まれました。ジョージはバンド内の緊張を和らげ、ライブサウンドの品質を向上させるために、キーボーディストのBilly Preston(ビリー・プレストン)を最後の9日間のセッションに招待しました。彼は、ビートルズの公式リリースで謝辞を受けた唯一のミュージシャンでした。リハーサルの終わり、5人のライブパフォーマンスは1969年1月30日にアップル・コアの屋上で撮影されました。

またこの時期、ブライアンなしで業務を管理する必要があることが明らかになり、新たなマネージャーとしてジョン、ジョージ、リンゴの3人はThe Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)とSam Cooke(サム・クック)を管理していたAllen Klein(アレン・クライン)を支持。ポールは弁護士のLee Eastman(リー・イーストマン)とJohn Eastman(ジョン・イーストマン)を欲しました。彼らは、ポールが同年結婚したLinda Eastman(リンダ・イーストマン)の父親と兄でした。合意に達することができなかったため、アレンとリーの両方が一時的に任命されました。 アレンはビートルズのビジネスマネージャー、 リーは弁護士として任命されました。しかし、さらに紛争が続き、経済的機会を逸しました。

同年5月、アレンはバンドの唯一のマネージャーに指名され、リーはビートルズの弁護士を解雇されました。ポールは、アレンとの契約の署名を拒否しましたが、他のメンバーが投票しました。

またその頃、ポールが別のアルバムをプロデュースするようにジョージ・マーティンに頼んでいました。「Get Back(ゲット・バック)」のセッションは「悲惨な体験」であり、「それは我々全員にとって道の終わりであると思った」と彼が言ったからです。「Abbey Road(アビー・ロード)」の主要なレコーディングセッションは同年7月に始まりました。ジョージ・マーティンが提案する「継続的に動く音楽のピース」の構成を拒否したジョンは、彼とポールの歌がアルバムの別の面に占めることを望みました。第1面と第2面が主に夫々によって作られた曲で、多くがメドレーで構成される最終的なフォーマットは、ポールの提案した妥協案でした。

8月の「I Want You(She's So Heavy)」の完成とミキシングは、4人のビートルズ全員が同じスタジオに集まった最後の機会でした。リンゴが入院していた間、他のバンドのメンバーは新しいアルバムのレコーディングについて話し合いました。彼らは、Lennon-McCartney(レノン-マッカートニー)の共作を終わらせ、ジョン、ポール、ジョージの作を4曲、リンゴ作を2曲、それにクリスマスのリード・シングルを加えることを検討しました。その後ジョンは他のメンバーには離脱を発表しましたが、今後のアルバムの販売を損なうことを避けるために、公開を保留することに同意しました。

ジョンの宣言の6日後にリリースされた「Abbey Road(アビー・ロード)」は、3か月間に400万枚を売り上げ、イギリスでは合計17週トップになりました。2曲目の、バラード「Something(サムシング)」はシングルとして発売されました。これはビートルズのA面として登場した唯一のジョージの作品です。「Abbey Road」はさまざまなレビューを受けましたが、メドレーは一般的に好評でした。

完成の「Get Back」最後の1曲となり、ジョージ作の「I Me Mine(アイ・ミー・マイン)」が1970年1月に録音されました。当時ジョンはデンマークに居た為参加しませんでした。3月にはタイトルを「Let It Be(レット・イット・ビー)」とあらため、アレンは、最近ジョンのソロシングル「Instant Karma!(インスタント・カーマ)」をプロデュースしたアメリカ人プロデューサーPhil Spector(フィル・スペクター)にセッション・テープを渡しました。

素材のリミックスに加えて、フィルはレコーディングを編集、オーバーダビング(多重録音)しました。ポールはプロデューサーのアプローチに不満を抱いており、特に「The Long and Winding Road(ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード)」には14人の合唱団と36の楽器のアンサンブルが加わるなど、過大なオーケストラの関与は彼の満足いくものではありませんでした。曲を元の状態へ戻すようにとの要求を無視されたポールは同年4月10日バンドを離れることを公に発表。これは彼のセルフタイトル・ソロアルバムがリリースされる1週間前のことでした。

翌月「Let It Be(レット・イット・ビー)」がリリース。付随するシングル「The Long and Winding Road(ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード)」は、ビートルズの最後の曲でした。米国ではリリースされましたが、英国ではされませんでした。ドキュメンタリー映画「Let It Be(レット・イット・ビー)」はその1ヶ月後に公開され、1970年のアカデミー賞「最優秀オリジナルソングスコア」を獲得しました。幾人かの評論家が、映画のパフォーマンスのいくつかは、アナログのアルバムトラックよりも音が良いと述べたにとどまりました。

レット・イット・ビー
ザ・ビートルズ
ユニバーサルミュージック (2013-11-06)

The Beatles - The Long And Winding Road (Music Video)

ポールは同年12月、ビートルズの契約、解散のために訴訟を提起しました。翌1971年3月12日、裁判所はポールの訴えを認め、他の3人は上告を断念したため、1961年8月以降約10年間のビートルズの解散が法的に決定されました。法的紛争が長期に彼らの解散後も継続し、正式に解決されたのは1974年12月19日、既にイギリスでサインしていたリンゴ、そして「星占いによると、今日はよくない」との理由で来なかったジョンを除き、ジョージとポールが解散合意書にサインするためにニューヨーク・プラザホテルに集まります。1974年12月29日、ジョンが解散合意書にサインし、正式な解散となりました。

1970年代-現在 解散後

4人とも1970年にソロアルバムをリリースしました。1971年8月、ジョージは、ニューヨーク市で、リンゴも参加して、「バングラデシュ難民救済コンサート」を開催、1974年の未発表のジャムセッション以外にも海賊版として「A Toot and a Snore in '74」を実施しましたが、ジョンとポールが再び一緒にレコーディングすることはありませんでした。

その後1973年リリースされたリンゴの本格的なソロ第1弾アルバムとなった「Ringo(リンゴ)」は、4人の元ビートルズ全員による作曲と演奏する唯一のアルバムとなり、全米1位を獲得。

リンゴ+2
リンゴ・スター
ユニバーサル ミュージック (2018-12-19)

同年、アレンによって編集された、1962年から1966年および1967年から1970年にリリースのビートルズのベストヒットダブルLPセットが初めてアップル・レコードのインプリントで1973年にリリースされました。それぞれ「Red Album(赤盤)」および「Blue Album(青盤)」として一般に知られ、それぞれ英米両国でプラチナ認定を取得しています。1976年から1982年にかけて、EMI / Capitolは「Rock 'n' Roll Music」から始まる2枚組コンピレーションアルバムをリリースしました。以前に未発表の素材を特集した唯一のものは「The Beatles at the Hollywood Bowl (1977)」で、 グループによって最初に公開されたコンサート録音で、1964年と1965年の米国ツアー中に演奏した2つのショーからのセレクションでした。

ザ・ビートルズ 1967年~1970年
ザ・ビートルズ
ユニバーサルミュージック (2013-11-06)

ビートルズの音楽と永続的な名声は、他のさまざまな方法で商業的に悪用されましたが、しばしば彼らの制御が及びませんでした。1974年4月、 Willy Russell(ウィリー・ラッセル)作「John, Paul, George, Ringo ... and Bert」は歌手Barbara Dickson(バーバラ・ディクソン)をフィーチャーしたミュージカルがロンドンでオープンしました。Northern Songsからの許可を得て、ジョンとポールの共作による11曲とジョージの1曲が含まれていました。ジョージは、プロダクションによる彼の歌の使用に不満を抱き、それを使用する許可を取り下げました。

1970年代のアメリカでのビートルズに対するノスタルジアと根強い再結成のうねりによって、いくつかの起業家がビートルズにリユニオン・コンサートの実現を公に申し出ました。

プロモーターのBill Sargent(ビル・サージェント)は、1974年、最初にビートルズのリユニオン・コンサートのために1000万ドルを提示、1976年1月に3000万ドルに、そして翌月に5000万ドルに引き上げています。1976年4月には「Saturday Night Live」の放送中、プロデューサーの Lorne Michaels(ローン・マイケルズ)はビートルズに3千ドルを提供してショーで再結成を提案しました。ジョンとポールは、ニューヨーク、ダコタのジョンのアパートでライブ放送を見ていましたが、番組が放送されていたNBCスタジオはそこから歩いて行ける距離でした。以前のバンドメイトは彼の申し出を受け入れることでスタジオに行ってマイケルズを驚かせるというアイデアを少しは楽しませたが、これは断念されました。6月、起業家のAlan Amron (アラン・アムロン)は、ビートルズを再結成するための国際委員会を設立し、世界中のビートルズのファンに1ドルを送ってもらい、それをビートルズに提供して再結成を求めました。コンサート・プロモーターのSid Bernstein(シドバーンスタイン)は、9月に新聞の一面広告を掲載し、ビートルズに2億3000万ドルのチャリティーを集めるコンサートに再結成するよう呼びかけました。1977年1月、Amron(アムロン)はボクサーのMuhammad Ali (ムハンマドアリ)と提携、2億ドルの慈善基金の創設を支援するためにビートルズが再結成する提案しようとします。1978年3月、Project Interspeakと呼ばれる環境保護団体は、反捕鯨活動のための資金を集めるコンサートを計画していることをメディアに発表し、ビートルズの参加を提案しました。1979年9月、Bernstein(バーンスタイン)は再びフルページの新聞広告でビートルズに訴え、ベトナム難民救済の為、3つのコンサート開催を求めました。同時に、同じ理由でビートルズを再会させる別の努力が、国連事務総長の Kurt Waldheim(カート・ヴァルトハイム)によって後援されました。これらの議論が12月「Concerts for the People of Kampuchea」につながり、Wings(ウィングス)が登場しましたが、ビートルズの再結成は噂されませんでした。

1980年12月8日(米国東部時間)、ジョンはニューヨーク市のアパートの外で射殺されました。ジョージはジョンに敬意を表して彼の歌「All That Years Ago(邦題:過ぎ去りし日々)」の歌詞を書き直し、リンゴがドラムを演奏し、ポールと妻のリンダがバッキングボーカルを担当し、1981年5月にシングルとしてリリースされました。ポールはジョンとの関係性や愛をうたった「Here Today(ヒア・トゥデイ)」を制作し、1982年4月のアルバム「Tug of War(タッグ・オブ・ウォー)」に収録しました。

1988年、ビートルズはロックンロールの殿堂入りを果たし、ジョージとリンゴ、Yoko Ono(オノ・ヨーコ)と彼の2人の息子、Julian(ジュリアン)とSean(ショーン)と共に式典に出席しました。ポールは「偽の再会で彼らと手を振って笑う完全な偽善者のように感じる」、未解決の「ビジネス上の違い」を挙げて出席を拒否しました。翌年、EMI / Capitolは、ロイヤリティーをめぐって提起された十年にわたる訴訟を解決し、以前にはリリースされなかった素材を商業的にパッケージ化する方法を確立しました。

1994年には未発表のビートルズ公演の最初の公式リリースである「Live at the BBC」を17年ぶりにリリース。同年、ポール、ジョージ、リンゴが「Anthology」プロジェクトで協力しました。「Anthology」は1970年に始まった仕事の集大成であり、アップル・コアのディレクターであったNeil Aspinall(ニール・アスピノール)は、元ロードマネージャー兼パーソナルアシスタントでもあったが、ワーキングタイトル「The Long and Winding Road」のドキュメンタリーの素材を収集し始めました。バンド自身の言葉、「Anthology」プロジェクトには、いくつかの未発表のビートルズ録音が含まれていました。ポール、ジョージ、リンゴも、1970年代後半にジョンがデモとして録音した2曲に新しいインストルメンタルとボーカルのパートを追加しました。1995年~1996年にかけて、プロジェクトは、テレビミニシリーズ、8巻のビデオセット、およびKlaus Voormann(クラウス・ヴォールマン)のアートワークをフィーチャーした3つの2 CD / 3 LPボックスセットを生み出しました。ジョンのデモに基づく2曲「Free as a Bird(フリー・アズ・ア・バード)」と「Real Love(リアル・ラヴ)」は、ビートルズの新しいシングルとして発表されました。これは商業的に成功し、テレビシリーズは推定4億人が視聴しました。1999年には映画「Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)」の再リリースに合わせて、拡張サウンドトラック・アルバム「Yellow Submarine Songtrack(イエロー・サブマリン~ソングトラック~)」が発表されました。

The Beatles - Free As A Bird

The Beatles - Real Love

2000年にはビートルズのイギリスとアメリカのナンバーワンヒットのコンピレーション・アルバム「1」をリリース。最初の1週間で360万枚、最初の1か月で1300万枚を売り上げました。少なくとも28か国でアルバムチャートのトップとなりました。2020年現在、このコンピレーション・アルバムは世界中で3100万枚を出荷し、2300万枚以上を売り上げており、2011年にAdele(アデル)の「21」が上回るまで2000年以降リリースされたアルバムの中で最も売れたアルバムでした。(現在は2000年以降リリースされたアルバムの売り上げ歴代2位)

Beatles 1
The Beatles
Capitol (2000-10-25)

翌2001年11月29日、ジョージは転移性肺癌で死去。Eric Clapton(エリック・クラプトン)とジョージの未亡人 Olivia(オリビア)が主催するコンサート「George(ジョージ)」で演奏したミュージシャンに混じってポールとリンゴが参加していました。このトリビュート・イベントは、ジョージの一周忌にロイヤルアルバートホールで開催されました。

2003年、「Let It Be... Naked(レット・イット・ビー...ネイキッド)」は、ポールが「Let It Be(レット・イット・ビー)」を再考されたバージョンです。フィルの作成によるバージョンとの主な違いはストリングスの省略でした。出来上がったテープを聴いたリンゴによる「いいね!「裸の"LET IT BE"」って呼ぶ事にするよ!」というコメントが、ブックレットに書かれています。アルバムは英国とアメリカの両方でトップ10ヒットとなりました。

レット・イット・ビー・ネイキッド
ザ・ビートルズ
ユニバーサルミュージック (2013-11-06)

Let It Be (Remastered 2009)

2010年、オリジナル作品のiTunesでのデジタル配信が解禁され、2015年にはSpotifyやApple Musicを含むさまざまなストリーミング音楽サービスでストリーミング解禁されています。また2017年には「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド)」の50周年を記念したボックスがリリースされ、以後2018年には「The Beatles(ザ・ビートルズ:通称ホワイト・アルバム)」、2019年には「Abbey Road(アビー・ロード)」の50周年を記念したボックスがそれぞれリリース。「Abbey Road(アビー・ロード)」はイギリスのアルバムチャートで1970年1月31日以来約30年ぶりとなる1位を獲得し、アメリカでもトップ10入りを果たしています。

The Beatles(ビートルズ)と言えば

5人目のビートルズ

ビートルズに直接或いは間接的に関わっている場合、ファン或いはマスコミによって「メンバーに準じる立場」と認められる場合、「5人目のビートルズ」として表現されることがあります。

ピート・ベスト

Pete Best(ピート・ベスト)は、ビートルズがメジャーデビューする直前まで在籍していたことで知られており、「5人目のビートルズ」と呼ばれています。脱退後は弟や友人らと共に「ピート・ベスト・バンド」というバンドで活動していました。

スチュアート・サトクリフ

Stuart Sutcliffe(スチュアート・サトクリフ)は、ジョンの友人で、元々楽器は弾けなかったがジョンとポールに勧められてベースを購入しビートルズに加入。1960年2度目のハンブルク巡業後、本格的に画家の道に進むことを決意し、ビートルズを脱退。初期ビートルズの象徴のひとつとも言えるマッシュルームカットはアストリッドがスチュアートに施したのが始まりと言われています。

1994年には、ビートルズデビュー前を舞台にスチュアートの生涯を描いた映画「バック・ビート」が公開されました。

ジョージ・マーティン

George Martin(ジョージ・マーティン)は、デビュー・シングルの「Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)」から、実質的なラスト・アルバムである「Abbey Road(アビー・ロード)」までのプロデュースを務め、メンバー以外でビートルズ音楽に最も影響を与えた人物とされています。

ブライアン・エプスタイン

Brian Epstein(ブライアン・エプスタイン)は、1962年から1967年に亡くなるまでマネージャーを務めた人物。メジャー・デビューやアメリカでの成功はブライアンの功績が大きいとされています。

ニール・アスピノール

Neil Aspinall(ニール・アスピノール)は、設立から2007年の退任まで長きに渡りアップル・コアの代表取締役として経営を行った人物です。

ビートルズの文化的衝撃

元Rolling Stone(ローリング・ストーン誌)のアソシエイト編集者であるRobert Greenfield (ロバート・グリーンフィールド)は、ビートルズをPicasso(ピカソ)と比較しました。「時代の制約を突破して、ユニークで独創的なものに到達したアーティスト... ポピュラー音楽において、これほどまでに革命的な、創造的な、異彩を放つ存在はありませんでした。英国の詩人 Philip Larkin(フィリップ・ラーキン)は、彼らの業績を「黒人ロックンロールと青春ロマンが混ざり合ったもの」、「戦争以来のポピュラー音楽の最初の進歩」と表現しました。

彼らはアメリカへの「British Invasion」を引き起こしただけでなく、世界的に大きな影響力を持ちました。1920年代から、米国はハリウッド映画、ジャズ、ブロードウェイと「Tin Pan Alley」音楽、そして後にテネシー州メンフィスで最初に登場したロックンロールを介して、世界中の大衆娯楽文化を支配して来ました。ビートルズは英国の文化のイコン(象徴)と見なされており、世界の若い世代は英国文化の代表としてバンドの名前を挙げています。彼らの音楽的イノベーションと商業的成功は世界中のミュージシャンに大木な影響を与えました。多くのアーティストがビートルズの影響を認め、彼らの楽曲のカバーでチャートに登場しています。ラジオの世界では、彼らの到着は新しい時代の始まりでした。1968年、ニューヨークのWABCラジオ局のプログラムディレクターは、DJが「ビートルズ以前」の音楽を流すことを禁じ、アメリカのラジオではオールディーと見なされるものの決定的なラインを印しました。彼らは「フィラー」で埋められたほんの数本のヒット、それ以上の価値あるものとしてアルバムを再定義するきっかけとなり、ミュージックビデオの主要な革新者でした。1965年の北米ツアーを開いたShea Stadiumのショーには、55,600人が集まり、コンサート史上最大の観客となりました。Spitz(スピッツ)は、このイベントを「コンサート事業の再編に向けた主要なブレークスルー、大きな第一歩」と説明しています。彼らの衣服、特に彼らのヘアスタイルの模倣は反乱の印となり、ファッションに世界的な影響を与えました。

伝記作家Jonathan Gould(ジョナサン・グールド)によると、ビートルズは人々がポピュラー音楽を聴く方法を変え、彼らの生活の中でその役割を体験しました。ビートルマニアの流行として始まったものから、グループの人気は、十年の社会・文化運動の具体化と見なされるものに成長しました。1960年代のカウンターカルチャーのアイコン(象徴)として、さまざまな社会的および政治的分野でのボヘミア運動や活動の触媒となり、女性の解放、同性愛者の解放、環境保護などの動きを促進しました。

Mikal Gilmore(ミカル・ギルモア)やTodd Leopold(トッド・レオポルド)などのコメンテーターは、彼らの社会文化的影響の始まりをたどり、特にアメリカへの最初の訪問時のビートルマニア時代を、世代意識の発展の重要な瞬間と解釈しました。Leopold(レオポルド)は次のように述べています。「彼らのエド・サリバン・ショーへの登場は、多くの点で文化革命の始まりでした。ビートルズは1964年にアメリカに落ちた異星人でした。」

日本での来日公演

1966年に1度だけ日本に来日し、日本武道館で公演を行っています。日本武道館はビートルズのコンサートが実現して以後は日本における音楽の聖地としても知られるようになり、多くのミュージシャンにとっての憧れの舞台になっています。3日間の公演の総観客数は50,000人とも25,000とも言われています。

ライブ・アット・ブドウカン 1966
ザ・ビートルズ
インディーズレーベル (2017-09-27)

最後に

いかがでしたでしょうか?

The Beatles(ビートルズ)の長きに渡る歴史を凝縮して解説してまいりました。

今尚売れ続けている伝説的バンドとして、数々のエピソードがあり、もちろんここで全てをご紹介はできませんが、それでもここまでの長文となってしまいました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

前編もCHECK!! The Beatles(ビートルズ)の歴史・世界的バンドの誕生から解散までを4つの時代に凝縮して解説【前編】

SNSで記事をシェアする!

Writer この記事を書いた人

ISAO:洋楽まっぷ専属ライター
映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、
気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。
http://isao-scrapbook.blog.jp/