Rihannaのアルバム売上ランキングトップ5とおすすめ全アルバムまとめ

Rihanna(リアーナ)はアルバム売上ランキングトップ5とおすすめ全アルバムをご紹介。

リアーナのアルバムはすべて、アメリカレコード協会(RIAA)によってアメリカでプラチナおよびマルチプラチナの認定を受けており、アメリカでの総売上高は1,000万枚を超えています。

今回はリアーナのアルバムがどのようにすごいのか、これまでにリリースしたアルバムの中から売上トップ5と、全アルバムについてまとめていきたいと思います。

Rihanna(リアーナ)

Rihanna

Rihanna(リアーナ)は、バルバドス出身の女性シンガーソングライター、モデル、女優。

15歳の時、Rihanna(リアーナ)の友人の一人が当時バルバドスに休暇で訪れていたニューヨークのプロデューサー、Evan Rogers(エヴァン・ロジャース)Rihanna(リアーナ)を紹介。宣材用のデモ制作を手伝うことになり、多くのレコーディング会社にデモ音源を送りました。

その内の1つがDef Jam RecordingsのCEOであるJay Z(ジェイ・Z)に届けられ、16歳の時に契約し、2005年にデビューシングルとなる「Pon de Replay(ポン・デ・リプレイ)」をリリース。

こちらもCHECK!! Rihanna(リアーナ)の詳しいプロフィールや関連記事
Rihannaの人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲7選まとめ

Rihanna(リアーナ)のアルバム売上ランキングトップ5

5

A Girl like Me

Rihanna
リアーナのアルバム売上ランキング5位は、2006年4月11日リリースの2ndアルバム「A Girl like Me(ア・ガール・ライク・ミー)」。

R&Bアルバムのミュージックオブザサンには、ダンスポップの音楽要素と、ダンスホールやレゲエなどのカリビアンミュージックのジャンルが組み込まれています。
全米ビルボード200では10位に初登場でランクインしその後5位まで上昇し、全英チャートでも5位を獲得。全世界での推定売り上げは400万枚を記録しています。

4

Talk That Talk

Rihanna
リアーナのアルバム売上ランキング4位は、2011年11月21日リリースの6thアルバム「Talk That Talk(トーク・ザット・トーク)」。

当初は前作「Loud」の拡張版としてリリースされる予定でしたが、最終的にフルアルバムとしてリリースしています。
基本的なテーマは前作に引き続いたもので、ヒップホップ、ダブステップ、エレクトロニック、ハウスミュージックの要素を取り入れたダンス指向のポップ/ R&Bクロスオーバーアルバムです。

3

Anti

Rihanna
リアーナのアルバム売上ランキング3位は、2016年1月28日リリースの8thアルバム「Anti(アンチ)」。

2010年代の黒人女性アーティストによる最高のパフォーマンスのアルバムとされており、以前のダンスやクラブミュージックのジャンルから脱却し、ダンスホールとソウルの要素を備えた、主にポップでヒップホップのソウルとR&Bのレコードになっています。
和解と継続的な忠実さとともに、人間関係の毒性、愛する人による裏切り、芸術的および個人的な解放のテーマを探求しており、今尚ストリーミングで聴かれているアルバムです。

2

Loud

Rihanna
ラウド
リアーナ
Universal Music LLC
リアーナのアルバム売上ランキング2位は、2010年11月16日リリースの5thアルバム「Loud(ラウド)」。

Chris Brown(クリス・ブラウン)との間の暴力事件後にリリースされた作品で、メディアは曲が彼に関するものであるかどうかについて推測し話題となりました。
目立って予感と怒りのトーンと暗いテーマが組み込まれていたことも後押しされ、発売以来、全世界で800万枚以上を売り上げています。

1

Good Girl Gone Bad

Rihanna
リアーナのアルバム売上ランキング1位は、2007年6月5日リリースの3rdアルバム「Good Girl Gone Bad(グッド・ガール・ゴーン・バッド)」。

Brandy(ブランディ)が2004年にリリースした4thアルバム「Afrodisiac」にインスパイアされており、1980年代の音楽の影響を受けたポップ、ダンスポップ、R&Bの楽曲が多く収録されています。
全世界推定売り上げは900万枚を超えており、文句無しのリアーナ最大のヒットアルバムです。

Rihanna(リアーナ)の全アルバム

TypeTitleUSUK
ReleasePointJPN
1stMusic of the Sun1035
2005/8/291,456,160--
2ndA Girl like Me55
2006/4/112,808,1724
3rdGood Girl Gone Bad21
2007/6/57,293,849--
ReissuesGood Girl Gone Bad: Reloaded712
2008/6/235,000--
RemixGood Girl Gone Bad: The Remixes106--
2009/1/27----
4thRated R49
2009/11/202,405,00010
RemixRated R: Remixed158--
2010/5/24----
5thLoud31
2010/11/105,336,0005
6thTalk That Talk31
2011/11/212,908,00011
7thUnapologetic11
2012/11/192,680,50011
8thAnti17
2016/1/282,000,00010

※Remix … リミックス・アルバム
※Reissues … 拡張盤

PointはWikipediaに掲載されている出荷枚数を元にまとめています。ランキングは出荷枚数、デジタル販売数、CD売上枚数、エアプレイなどの回数、ストリーミングを元に算出されたユニット数の各国の合計値をポイント化して、さらにYoutube再生回数ランキングをポイント化し、その合計を合算したものになります。不定期で更新していきます。

Rihanna(リアーナ)のおすすめアルバム

リアーナのアルバムはどれもおすすめですが、ランキングに入ってない中で特におすすめしたいアルバムは、「Unapologetic」です。

全世界の推定売り上げは400万枚以上を記録していますが、今回ランクインしませんでした。

他の作品にも全然引けを取らず名曲揃いなので、こちらはかなりおすすめです。

まとめ

リアーナは間違いなく世界的なアーティストで、2016年以降リリースがないのが残念でなりませんが、未だに多くの楽曲が聴かれているので現時点で最新作の「Anti」はユニット数(セールスにストリーミング数などを含めた合算値)の上昇が今後も起こり得ますので、今回の順位、変動するかもしれません。

以上、Rihanna(リアーナ)のアルバム売上ランキングトップ5とおすすめ全アルバムまとめをお届けしました。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。