Taylor Swiftのアルバム売上ランキングトップ5とおすすめ全アルバムまとめ

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)はアルバム売上ランキングトップ5とおすすめ全アルバムをご紹介。

テイラー・スウィフトのアルバムと言えば、新作がリリースされる度に初動セールスがニュースとして取り上げられ、ストリーミング全盛の近年最もCDが売れるアーティストでもあります。

今回はテイラー・スウィフトのアルバムがどのようにすごいのか、これまでにリリースしたアルバムの中から売上トップ5と、全アルバムについてまとめていきたいと思います。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)

Taylor Swift

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)はペンシルベニア州出身のカントリーポップ歌手、シンガーソングライター。
2016年、シングル「Tim McGraw(ティム・マックグロウ)」で歌手デビュー。

こちらもCHECK!! Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の詳しいプロフィールや関連記事
Taylor Swiftの人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲7選まとめ

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)のアルバム売上ランキングトップ5

5

Speak Now

Taylor Swift
スピーク・ナウ-デラックス・エディション
テイラー・スウィフト
ユニバーサル インターナショナル (2010-11-10)
テイラー・スウィフトのアルバム売上ランキング5位は、2010年10月25日リリースの3rdアルバム「Speak Now(スピーク・ナウ)」。

アメリカでの第1週売り上げは104万枚以上。トータル売り上げ500万枚のセールスを誇るアルバムです。
2年かけてすべての楽曲を1人で制作し、批評家たちからも「カントリーアクセントのある純粋なポップへの微妙なシフト」と比喩されたアルバムです。
「Speak Now」からリリースされたシングル「Mine」「Back to December」「Mean」は全米で200万枚以上売り上げています。

4

Red

Taylor Swift
レッド-デラックス・エディション
テイラー・スウィフト ギャリー・ライトボディ エド・シーラン
ユニバーサル インターナショナル (2012-10-24)
テイラー・スウィフトのアルバム売上ランキング4位は、2012年10月22日リリースの4thアルバム「Red(レッド)」。

アメリカでの第1週売り上げは120万枚。トータル売り上げ600万枚のセールスを誇るアルバムです。
このアルバムで書かれているさまざまな感情はすべて、テイラー・スウィフト自身が制作期間中の2年間で経験した激動、狂気、狂気、強烈、半毒性の関係についてのほとんどすべてを現していて、色に例えると「赤」だと述べており、そこからタイトルがつけられたと考えられます。

日本でも25万枚以上売り上げており、収録曲「We Are Never Ever Getting Back Together」のヒットが影響していると見られます。
この曲がきっかけでテイラー・スウィフトを好きになった方も非常に多いと思います。

「We Are Never Ever Getting Back Together」は全米でも410万枚以上のヒットを記録し、他にも「Red」からリリースされたシングル「I Knew You Were Trouble」は世界中で600万枚以上売り上げています。

3

Taylor Swift

Taylor Swift
テイラー・スウィフト-デラックス・エディション(DVD付)
テイラー・スウィフト ティム・マックグロウ
ユニバーサルインターナショナル (2010-06-30)
テイラー・スウィフトのアルバム売上ランキング3位は、2006年10月24日リリースのデビュー・アルバム「Taylor Swift(テイラー・スウィフト)」。

トータル売り上げ700万枚。テイラー・スウィフトのデビュー作です。
全米アルバムチャートでは275週間200位以内にランクインするというロングヒットとなり、これは2000年代で最も長い記録。

当時若干16歳のテイラー・スウィフトがデビューするのはレコード会社の立場からすれば異例だったようですが、その反面テイラー・スウィフトの両親は、彼女が11歳のころからレコード会社にプッシュしていましたので、念願のデビューだったと言えます。
カントリー・アルバムとしてリリースされた今作は、全米カントリー・チャートでデビュー作にして1位を獲得し、一気に有名になります。

アルバムからリリースされたシングル「Teardrops on My Guitar」「Our Song」は全米で300万枚以上売り上げています。

2

1989

Taylor Swift
1989~デラックス・エディション(DVD付)
テイラー・スウィフト
ユニバーサル ミュージック (2014-10-29)
テイラー・スウィフトのアルバム売上ランキング2位は、2014年10月27日リリースの5thアルバム「1989」。

アメリカでの第1週売り上げは128万枚以上。初動セールスとしてはアメリカで歴代8位の記録です。トータル売り上げ1010万枚以上で、現在でも少しずつですが売れているヒットアルバムです。
プロデューサーにMax Martin(マックス・マーティン)とShellback(シェルバック)というヒットメーカーを起用したことで一気にポップ路線となり、カントリースタイルからの完全なる脱却が見られます。

第58回グラミー賞では「最優秀アルバム賞」「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム」の2冠を制し、アルバムからは5枚のトップ10シングルを生み出し、「Shake It Off」はテイラー・スウィフト最大のヒットシングルとなりました。

1

Fearless

Taylor Swift
フィアレス-プラチナム・エディション(DVD付)
テイラー・スウィフト コルビー・キャレイ
ユニバーサル インターナショナル (2010-01-20)
テイラー・スウィフトのアルバム売上ランキング1位は、2008年11月1日リリースの2ndアルバム「Fearless(フィアレス)」。

トータル売り上げ1200万枚以上。
ほとんどの曲は、デビューアルバムの宣伝のために行っていたカントリーアーティストのライヴでのオープニングアクトで披露するために作られたもの。
世界デビューするためのアルバムとして多くの国でリリースされ世界中でヒットしました。
日本でも「Fearless」がデビュー・アルバムよりも先にリリースされています。

アルバムからは「Love Story」が800万枚以上、「You Belong with Me」が580万枚以上売り上げ、世界中で人気を獲得しました。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の全アルバム

TypeTitleUSUK
ReleasePointJPN
1stTaylor Swift581
2006/10/246,020,00053
EPThe Taylor Swift Holiday Collection20--
2007/10/141,080,00076
EPBeautiful Eyes9--
2008/6/15359,000--
2ndFearless15
2008/6/159,152,5008
3rdSpeak Now16
2010/10/255,362,5006
LiveSpeak Now World Tour - Live11--
2011/11/21368,000--
4thRed11
2012/10/226,376,5233
5th198911
2014/10/279,860,1833
6thReputation11
2017/11/104,830,0003
CompReputation Stadium Tour Surprise Song Playlist----
2018/11/30----
7thLover11
2019/8/233,640,2553
LiveLive from Clear Channel Stripped 2008----
2020/4/23----
8thFolklore11
2019/8/232,089,53510

※live … ライヴ・アルバム
※Comp … コンピレーション・アルバム

PointはWikipediaに掲載されている出荷枚数、デジタル販売数、CD売上枚数、エアプレイなどの回数、ストリーミングを元に算出されたユニット数の各国の合計値をポイント化して、さらにYoutube再生回数ランキングをポイント化し、その合計を合算したものになります。不定期で更新していきます。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の最新アルバム

現在リリースされているテイラー・スウィフトのアルバムで一番最新のものは、2020年7月24日にリリースされた7thアルバム「folklore(フォークロア)」です。

テイラー初のサプライズリリースが話題を呼んだ最新作で、シングルとして「cardigan」が同時リリースされました。

Taylor Swift - cardigan (Official Music Video)

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)のおすすめアルバム

テイラー・スウィフトで特におすすめしたいアルバムは、「1989」と「Reputation」の2枚です。

1989~デラックス・エディション(DVD付)
テイラー・スウィフト
ユニバーサル ミュージック (2014-10-29)

「1989」は文句なしに代表曲がたくさん収録されているため、テイラー・スウィフトをまだちゃんと聴いたことがない方が入りやすいアルバムだと言えます。

「Reputation」は、デビュー以来2年に1枚のペースでリリースしていたのに、3年費やした意欲作で、今まででは考えられないようなサウンド感でとにかくかっこいい1枚です。

まとめ

ヒット曲の多いアーティストは、初期、中期、後期とサウンドが大きく変わっていくことが多く、テイラー・スウィフトもカントリー・ミュージシャンからポップスターへと転身を遂げています。

サウンドが進化し続けるからこそ飽きないですし、新たなファン獲得にも繋がっているのかもしれません。

以上、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)のアルバム売上ランキングトップ5とおすすめ全アルバムまとめをお届けしました。

SNSで記事をシェアする!

Writer この記事を書いた人

酒井裕紀:洋楽まっぷ管理者
洋楽大好きな30代。都内の普通のサラリーマンです。洋楽から英語を覚えたくて和訳の勉強に日々勤しんでいるのでこのブログで生かせればと思います。