【エモい洋楽】マニアしか知らない上質なソウル!Holybrune『JoyRide(ジョイ・ライド)』

星の数ほどある洋楽アーティストの楽曲の中でも、まだまだ知られていない“エモい曲”というものが多数存在します。

今回紹介するエモい洋楽はHolybrune(ホリーブルーン)『JoyRide(ジョイ・ライド)』

このシリーズでは、そんなエモい洋楽を一曲ずつ紹介していこうと思います。

もし気になる曲やアーティストがいたら、ぜひプレイリストなどの参考にしてみてください。

知る人ぞ知る隠れた名曲!Holybrune『JoyRide(ジョイ・ライド)』

フランス出身であること以外、ネット上にほとんど情報が公開されていないアーティストHolybrune。謎に包まれながらも、ビジュアルからサウンドまで洗練されており抜け目のないアーバンなサウンドが特徴のアーティストです。

今回紹介する曲は、そんな謎に包まれた彼女でも再生回数50万近くを誇る『JoyRide』という作品です。彼女のことをよく知らないという状況でも「これはグッドミュージックだ!」と思わせてくれるような魅力があります。

唯一わかる情報としては、以前紹介した“Dabeull”というアーティストと精力的に活動しているということですが、彼との共同作品である“You and I”という曲では形容できないような透き通った歌声とハーモニーの美しさを見せています。

モダンな雰囲気を纏いながらも、最先端でエレクトロなソウルミュージックをを生み出している彼女ですが、その中でも今回紹介する『JoyRide(ジョイ・ライド)』では彼女が自身でも猛プッシュするような魅力をふんだんに感じることができるエモい曲だと思います。

『JoyRide(ジョイ・ライド)』のここがエモい。

Holybrune - JoyRide - YouTube

最後にこの曲のエモさをずばり言います。それは、

“うねるエレクトロなベースサウンドを軸としながらも彼女が奏でる魅惑のメロディが前面に出ていて、尚且つ甘くアーバンな歌詞がそこに乗っかる”ところにあると思います。

シンセサウンドの懐かしさによりどこか儚さがありながらも、洗練された現代的エレクトロソウルが都会のネオン街に飛び込むようなワクワクを与えてくれます。エモさだけでなく、美しさと高揚感を聴き手に与えてくれる曲ですね。

そして曲中に短いワードで出てくる歌詞がまたたまらなく良いのですが、

Reach the untouchable

アンタッチャブルに達して

To bet on myself

自分自身にかける

というような少し危うい香りのするストーリーが、聴き手の感情を揺さぶってくれます。これによりサウンドのエモさがさらに増して、「あぁ、もう一度聴きたい。」と中毒性が高まってくるのです。

彼女のアーティストとしての動きはこれからどんどん公になっていくと思うので、もし興味があれば他の曲も聴いてみると面白いかもしれません。

【エモい洋楽】の他の記事はこちら
【エモい洋楽】セクシーかつクール!Jodeci『Freek'N You(フリーキン・ユー)』
【エモい洋楽】魅惑のエレクトロ!Dabeull『You & I(ユー・アンド・アイ)』
【エモい洋楽】USインディのギタリスト歌姫!Snail Mail『Madonna(マドンナ)』
【エモい洋楽】優しい歌声と原始的なビート!orion sun『concrete(コンクリート)』
【エモい洋楽】オシャレすぎる!Moonchild『The List(ザ・リスト)』
【エモい洋楽】すべて忘れてハッピーに歌いたくなる!Samm Henshaw『Broke(ブローク)』
【エモい洋楽】若き天才の繊細な作品。XXXTENTACION『MOONLIGHT(ムーンライト)』
【エモい洋楽】今聴いても酔いしれる!Maxwell『Sumthin' Sumthin'(サムシン・サムシン)』
【エモい洋楽】幻想的なのに今っぽい!Little Dragon『Twice(トゥワイス)』
【エモい洋楽】中毒性のある世界観!Stromae『Papaoutai(パパウテ)』

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽なら幅広く聴きますが特にHIP HOP、R&B、ソウル、ファンクを好みます。