ケイティ・ペリーが2014年から行われていた「Dark Horse」の著作権控訴事件で勝訴

Katy Perry(ケイティ・ペリー)が2014年から行われていた「Dark Horse」の著作権控訴事件で連邦控訴裁判所は、Flame(フレイム)ことMarcus Gray(マーカス・グレイ)が2020年に行った控訴内容(280万ドルの著作権侵害の評決を復活させること)を拒否し、ケイティ側の事実上の勝訴となったことがわかりました。

Katy Perry – Dark Horse ft. Juicy J – YouTube

訴訟は2014年に始まった

2014年7月1日、ラッパーのFlame(フレイム)ことMarcus Gray(マーカス・グレイ)などが、2008年にリリースした曲「Joyful Noise(ジョイフル・ノイズ)」の著作権を侵害したとして、ケイティ、キャピトルレコード、ケイティの共作者に対して訴訟を起こしました。

共同原告としてプロデューサーのChike Ojukwuと、共同ソングライターのDa’T.R.U.T.H.リストされました。

Joyful Noise – YouTube

侵害の主張に加えて訴訟は、「“Joyful Noise”の敬虔な宗教的メッセージは、魔術、異教、黒魔術、および同じ音楽によって引き起こされたイルミナティのイメージとの関連によって取り返しのつかないほど傷つけられた」と主張。類似性の焦点となったのは、音楽で「オスティナート」として知られている短い下降パターンでした。

2018年8月、米国地方裁判所のクリスティーナA.スナイダー判事は、原告(フレイム側)の歌への被告(ケイティ側)のアクセスの問題に関する重要な事実の真の問題の存在を認め、略式判決を求める被告の申立てを却下。被告はこれまで満たされていなかった広範な普及と人気を示すために高い負担があったと主張。

要するに楽曲を普及させるのが大変だったからというある種のこじつけではないか、という主張で、これに対し原告側はYouTubeとMyspaceで400万回近くのオンライン視聴回数を記録し、キリスト教音楽業界で人気と称賛を集めていたことを示す証拠を指摘しました。実際2008年にビルボードトップゴスペルチャートで5位にランクインしたアルバム「Our World: Redeemed」に収録されていました。

これに対し裁判所は被告に同意せず、原告は、審理のための真の問題を示すために保護された著作物へのアクセスの合理的な可能性を示す必要があるだけであり、広範囲にわたる普及のためにそのような可能性が存在することを認めました。

2019年7月29日、6人の女性と3人の男性で構成される9人の連邦審査員の元で原告は、ケイティと彼女のチームが「Joyful Noise」のメインビートとインストルメンタルラインをコピーし、同じものが「Dark Horse」のかなりの部分で実質的な類似性があると主張。ケイティの弁護士であるクリスティン・レペラは、裁判の最終弁論の中で、「彼らは、誰もが利用できるはずの音楽の基本的な構成要素である音楽のアルファベットを所有しようとしている」と述べるも、「Joyful Noise」の中心にあるビートとリフは、著作権で保護されるほど独創的であり、勝利を原告に引き渡しました。

その後商業的な話も進み、陪審員は、「Dark Horse」からの利益の22.5%が「Joyful Noise」の一部に起因するとして、8月1日、陪審員は原告に278万ドルの損害賠償を与えることを決定し、そのうちケイティ自身が550,000ドルを支払うよう命じられました。

その後2019年10月、被告は陪審評決に対して、この決定を「重大な冤罪」と呼んで裁判官による判決を求め上訴。Extrinsic test(外部テスト)と呼ばれる作品の根底にある概念を複雑に分析するテストが行われ、その上でスナイダー裁判官は、議論の余地のない証拠は、原告自身の音楽学者によって示された個々の要素のいずれも、個別に保護可能な要素を構成していないという1つの結論のみを示していると述べました。

実質的類似性についての外部テストを満たさなかったとして裁判所は、法の問題として被告の判決の申立てを認め、原告との類似性ではなく、「Dark Horse」の商業的成功はケイティ・ペリーのスターパワーとキャピトルのマーケティング努力であると強調。しかし、被告人は法律の問題として判決を受ける権利があったので、新たな裁判を求める被告人の申立ては議論の余地があるとして却下されるという結果に。

マーカス・グレイは、2020年4月13日に第9巡回区控訴裁判所に控訴通知を提出。これに対し米国第9巡回区控訴裁判所は、3対0の投票で、ケイティに対する決定は将来の創造性に危険な結果をもたらすと述べ、3月10日にその決定を支持しました。

簡潔にまとめると

2014年マーカス・グレイが「Joyful Noise」の著作権を侵害したとして、ケイティ、キャピトルレコード、ケイティの共作者に対して訴訟を起こし、2019年に陪審員による判決で278万ドルの損害賠償を与えることを決定。

その後ケイティ側はこれを不服とし裁判官による判決を求め上訴。2020年に楽曲の該当箇所は著作権の保護として保証されるほどオリジナルなものではないとして陪審員の判決を覆し逆転勝訴。

今度はマーカス側が控訴。しかし裁判所が控訴を拒否した、という話です。8年近くに渡る裁判で、他の盗作問題における訴訟の中でも比較的長い裁判となりました。

参考情報:Katy Perry Wins in ‘Dark Horse’ Copyright Appeal

関連記事
【洋楽】この曲似てる?盗作問題でクレジット表記が追加された曲4選!著作権侵害で訴訟、裁判に発展するケースも

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。