ユニバーサル・ミュージックがTikTokとの契約を打ち切り、アーティストの楽曲が次々とTikTokから削除

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽コラム

米音楽レーベル大手のユニバーサル・ミュージック・グループは1月30日(現地時間)、中国ByteDance傘下で人気動画共有プラットフォームを運営する米TikTokとの契約を31日で打ち切ると発表。これを受け、ユニバーサル・ミュージックと契約しているアーティストの楽曲が次々とTikTokから削除されています。

ユニバーサル・ミュージック・グループは発表文で、2024年1月31日に期限が切れることをあかし、「最終的にTikTokは、音楽に公正な対価を支払うことなく、音楽ベースのビジネスを構築しようとしている。」と非難。契約更新の話し合いの中で、アーティストとソングライターへの適切な補償、AIの有害な影響から人間のアーティストを守ること、そしてTikTokユーザーのオンラインの安全性という3つの重要な問題についてTikTok側に求めたものの、受け入れられなかったとしています。
AN OPEN LETTER TO THE ARTIST AND SONGWRITER COMMUNITY – WHY WE MUST CALL TIME OUT ON TIKTOK

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)Drake(ドレイク)Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)Taylor Swift(テイラー・スウィフト)Lady Gaga(レディー・ガガ)など多くのアーティストが契約しているユニバーサル・ミュージック・グループが動いたことで、米ニューヨーク・タイムズは「ユニバーサルから音楽を削除したことを確認し、アプリ上のビデオには提携関係の破綻による影響が現れ始めた。」と報じ、米バラエティ誌によると「現時点での削除の影響を受けるのは、UMGにライセンスされている録音された音楽のみで、両社がすぐに合意に達しない場合、TikTokはユニバーサル・ミュージック・パブリッシング・グループのカタログからもライセンスを取得したコンテンツを取得せざるを得なくなるだろう。」と報じています。

TikTok側は今回の契約打ち切りに関し、「ユニバーサル・ミュージック・グループがアーティストやソングライターの利益よりも自分たちの欲望を優先したことは悲しく、残念です。」と声明を発表しています。
TikTok statement in response to Universal Music Group

ユニバーサル・ミュージック・グループはアメリカのレコード会社の3大メジャーレーベルのひとつで、中でも最も影響力の高いレーベル。今回の動きによってソニー・ミュージックエンタテインメント、ワーナー・ミュージック・グループがどのような動きを取るのかにも注目が集まっています。

その他参考情報
Universal Music Group Pulls Songs From TikTok
TikTok Removes Songs From Taylor Swift, Drake, Harry Styles and More After Universal Music Deal Termination

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事