もはや映画!おすすめシンフォニックメタルMV3選【第3弾】

1997年頃からポピュラーなジャンルとなったシンフォニックメタル。大自然や魔法の世界などが舞台の壮大な世界観を持つ楽曲が多く、クオリティの高いMVも多く作られています。今回の記事では前回に引き続き、おすすめのシンフォニックメタルMVを紹介していきます。

もはや映画!おすすめシンフォニックメタルMV3選【第3弾】

1・APOSTOLICA - Sanctus Spiritus

APOSTOLICA - Sanctus Spiritus - YouTube

APOSTOLICA(アポストリカ)は教会音楽系シンフォニックメタルバンド。力強いパワーメタルと美しいボーカル、教会で録音したような奥行きあるコーラスが同居する荘厳なサウンドが特徴的。教会音楽のような側面を強く感じますが、「異教の教会」というコンセプトがあり、あくまでオリジナル宗教という立場を貫いています。ファーストアルバムが11月17日発売のデビューしてから日が浅いバンドながら既に強い反響のある今後の活躍が楽しみなバンドです。

2・DARK MOOR - Birth of the Sun

DARK MOOR - Birth of the Sun - YouTube

DARK MOOR(ダーク・ムーア)はスペイン発のシンフォニックメタルバンド。クラシック風のメロディラインと美しいストリングス、クリーンなボーカルが合わさる事によって生まれる情熱的なサウンドが特徴的。通常のネオクラシカルメタル的な楽曲はもちろん、モーツァルトの楽曲「Dies irae」のメタルアレンジなどクラシックのアレンジもメタルファンから高く評価される伝統的なメタルと新しい試みの両方が見られるバンドです。

3・VISIONS OF ATLANTIS - A Journey To Remember

VISIONS OF ATLANTIS - A Journey To Remember - YouTube

VISIONS OF ATLANTIS(ヴィジョン・オブ・アトランティス)は神話系シンフォニックメタルバンド。叙情的なメロディと透き通った男女のボーカル、ストリングスの音がメインのシンセサイザーが合わさって生まれるノスタルジックなサウンドが特徴的。多国籍バンドらしいアラブ系のメロディやヘヴィメタルのようなギターリフなど多彩な音楽性が混ざり合った唯一無二の音楽性を持つバンドとなっています。

まとめ

シンフォニックメタルのおすすめMVを紹介させていただきました。オーソドックスな編成からフルオーケストラを起用するバンドまで存在するシンフォニックメタルは編成の自由とともに新しい音楽性を生み出しやすいバンドとなっており、個性的な音楽性に併せて今後も多くのMVが作られることでしょう。この機会に、壮大な世界観のシンフォニックメタルを聴いてみてはいかがでしょうか。

シンフォニックメタルMVシリーズ
もはや映画!MVが豪華なシンフォニックメタル3選
世界観すげぇ!豪華なシンフォニックメタルMV3選【シリーズ第2弾】