Avril Lavigneのアルバム売上ランキングトップ5とおすすめ全アルバムまとめ

Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)はアルバム売上ランキングトップ5とおすすめ全アルバムをご紹介。

アヴリル・ラヴィーンのアルバムと言えば、日本でもオリコンの年間チャートトップ10にランクインするほど立て続けに売り上げており、日本での人気がかなり高いという特徴があります。

今回はアヴリル・ラヴィーンのアルバムがどのようにすごいのか、これまでにリリースしたアルバムの中から売上トップ5と、全アルバムについてまとめていきたいと思います。

Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)

Avril Lavigne

Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)は、カナダ・オンタリオ州ベルビルの出身のシンガー、ソングライター、女優。

デビュー・スタジオ・アルバム「Let Go(レット・ゴー)」を2002年にリリースすると大ヒット。当時17歳だったアヴリルは全英アルバムチャートでナンバーワンのアルバムを手にした最年少の女性ソリストになりました。最終的には全世界で1600万枚を売り上げ、日本でも約40万枚の売り上げを記録。

2000年代前半は日本でも高い人気を誇り、続くアルバムも大ヒットしました。

CHECK!!
Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)のプロフィール・バイオグラフィーまとめ
Avril Lavigneの人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲7選まとめ

Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)のアルバム売上ランキングトップ5

  1. Head Above Water

    Avril Lavigne

    Head Above Water
    アヴリル・ラヴィーン
    Sony Music Labels Inc.

    アヴリル・ラヴィーンのアルバム売上ランキング5位は、2019年2月15日リリースの6thアルバム「Head Above Water(ヘッド・アバーヴ・ウォーター)」。

    ライム病での闘病を経て前作から6年ぶりとなった作品で、病床で作詞した同名曲や、Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)とのコラボなど自身の経験も含め幅広いサウンドを追求したアルバムです。
    全世界で出荷枚数100万枚を超えるセールスを記録しています。

  2. Goodbye Lullaby

    Avril Lavigne

    Goodbye Lullaby
    アヴリル・ラヴィーン
    Arista

    アヴリル・ラヴィーンのアルバム売上ランキング4位は、2011年3月2日リリースの4thアルバム「Goodbye Lullaby(グッバイ・ララバイ)」。

    ポップロックアルバムとしてMax Martin(マックス・マーティン)、Shellback(シェルバック)、Butch Walker(ブッチ・ウォーカー)、元夫のDeryck Whibley(デリック・ウィブリー)などのプロデューサーと協力したアルバムです。
    全世界で350万枚を超えるセールスを記録しています。

  3. The Best Damn Thing

    Avril Lavigne

    THE BEST DAMN THING
    アヴリル・ラヴィーン
    RCA

    アヴリル・ラヴィーンのアルバム売上ランキング3位は、2007年4月11日リリースの3rdアルバム「The Best Damn Thing(ベスト・ダム・シング)」。

    これまでのグランジのオルタナティブロックミュージックからよりポップパンクやバブルガムポップにシフトしたアルバム。
    日本のオリコンを含む世界の多くのチャートで1位を獲得し、600万枚以上を売り上げました。

  4. Under My Skin

    Avril Lavigne

    Under My Skin
    アヴリル・ラヴィーン
    Arista

    アヴリル・ラヴィーンのアルバム売上ランキング2位は、2002年5月19日リリースの2ndアルバム「Under My Skin(アンダー・マイ・スキン)」。

    ほとんどの楽曲はChantal Kreviazuk(シャンタール・クレヴィアズク)と一緒に制作されたポストグランジやメロディックなロッキーソングを彷彿とされるアグレッシブなアルバムです。
    全世界で1000万枚を超えるセールスを記録し、そのうち日本では150万枚の出荷枚数を記録しました。

  5. Let Go

    Avril Lavigne

    LET GO
    アヴリル・ラヴィーン
    ARIST

    アヴリル・ラヴィーンのアルバム売上ランキング1位は、2002年6月4日リリースのデビュー・アルバム「Let Go(レット・ゴー)」。

    全世界で1800万枚を売り上げ、2000年代初頭のポップパンクミュージックシーンを変えたアルバムの1つと見なされています。
    当時18歳でリリースされたデビュー作は多くの国で1位を獲得し、当時の女性ソロアーティストのデビューアルバム首位獲得の最年少記録を打ち立てました。

Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)の全アルバム

TypeTitleUSUK
ReleasePointJPN
CompB-Sides----
2001/12----
1stLet Go21
2002/6/411,477,3396
2ndUnder My Skin11
2002/5/195,062,5001
EPThe Angus Drive----
2003/1/5----
LiveMy World----
2003/11/4270,000--
EPAvril Live:Try to Shut Me Up----
2003/12/31----
EPAvril Live Acoustic----
2004/7/1----
EPWalmart Soundcheck----
2007/1/30----
3rdThe Best Damn Thing11
2007/4/114,604,0001
EPNissan Live Sets on Yahoo! Music----
2007/5/1----
EPMTV.com Live: Avril Lavigne----
2008/3/25----
EPControl Room: Live----
2008/5/14----
Comp12" Masters:The Essential Mixes----
2010/9/7--33
4thGoodbye Lullaby49
2011/3/21,063,0002
5thAvril Lavigne514
2013/11/1730,0002
6thHead Above Water12
2019/2/15798,00014

※live … ライヴ・アルバム
※Comp … コンピレーション・アルバム
※EP … Extended plays

PointはWikipediaに掲載されている出荷枚数、デジタル販売数、CD売上枚数、エアプレイなどの回数、ストリーミングを元に算出されたユニット数の各国の合計値をポイント化し、その合計を合算したものになります。不定期で更新していきます。

Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)のおすすめアルバム

アヴリル・ラヴィーンのアルバムは最初の3枚「Let Go」、「Under My Skin」、「The Best Damn Thing」は日本でもヒットしてるので聴いたことがある方も多いと思います。なので今回は「Goodbye Lullaby」をおすすめしたいと思います。

Goodbye Lullaby
アヴリル・ラヴィーン
Arista

マックス・マーティンがプロデュースした「What the Hell(ワット・ザ・ヘル)」や「Wish You Were Here(ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア)」の完成度の高さが楽しめ、アヴリル・ラヴィーンがよりポップになったアルバムだと言えます。

そういった意味では幅広く聴ける作品なので多くの方が楽しめる作品だと思います。

まとめ

アヴリル・ラヴィーンの日本での成功は実はかなり異例で、セールス面や日本での認知度で言えばAriana Grande(アリアナ・グランデ)やTaylor Swift(テイラー・スウィフト)を圧倒しておりダントツです。普段洋楽を聴かない様な方でも好きになるサウンドで、2000年代初頭に流行したパンクロック・グランジなどがドンピシャに日本ではまった数少ないアーティストだと言えます。そしていい作品を作り続けているのも人気が維持できてる要因かもしれません。

以上、Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)のアルバム売上ランキングトップ5とおすすめ全アルバムまとめをお届けしました。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。