【洋楽ビルボード年間チャート2023】モーガン・ウォーレンがホット100、ビルボード200でともに首位を獲得

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽コラム

ビルボード誌が2023年の洋楽年間ランキング、ビルボードホット100、ビルボード200それぞれの結果が発表され、Morgan Wallen(モーガン・ウォーレン)がホット100、ビルボード200でともに首位を獲得しました。シングル・アルバムの両方を制したのは2011年にAdele(アデル)が「Rolling in the Deep」と『21』で獲得して以来の快挙となりました。

2023年の洋楽年間ランキングはこちら
洋楽ビルボード年間シングルランキング【2023年】全米チャートトップ100総まとめ
洋楽ビルボード年間アルバムランキング【2023年】全米チャートトップ200総まとめ

Morgan Wallen – Last Night (One Record At A Time Sessions) – YouTube

「Last Night」は男性ソロ・カントリー・ミュージシャンとしては1980年にKenny Rogers(ケニー・ロジャース)が「Lady」で1位を獲得して以来、ホット100で1位を獲得。その記録は通算16週にも及び、歴代1位タイ、ソロでは単独最長記録を作り、歴史上初となるカントリー・ソングの年間首位となりました。

2位は今年の前半に大ヒットを記録したMiley Cyrus(マイリー・サイラス)「Flowers」がランクイン。2013年の「Wrecking Ball」以来2曲目の首位となった今作は好意的な評価を受け、通算8週の首位記録を作りました。

5年ぶりとなるアルバム『SOS』を昨年リリースしたSZA(シザ)は、「Kill Bill」と「Snooze」の2曲をトップ10に送り込みました。これまでゲスト参加の楽曲でトップ10入りしたことはありましたが、今年は初めてリード曲でランクイン。同じく2曲がランクインしたThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)は、2016年の楽曲「Die For You」がTikTokでバイラルとなったことをきっかけに再びAriana Grande(アリアナ・グランデ)とのコラボでリミックスを制作し大ヒットとなりました。

アルバム・チャートでも首位を獲得したモーガン・ウォーレン。「Last Night」と同じく通算16週の首位を獲得したアルバム『One Thing At A Time』は、2011年から2012年にかけてアデルの『21』が24週連続首位を記録して以来の最長記録となり、3月の初登場から集計期間の締め日となる10月まで約7か月、トップ5に滞在し続けるロングヒットとなりました。

またモーガン・ウォーレンは『Dangerous: The Double Album』が3年連続でトップ10入り。100週以上トップ10入りする驚異的なチャートアクションを見せた今作は、3年連続でランクインしたのは『サウンド・オブ・ミュージック』(1965~67年)のサウンドトラック以来初のタイトルとなりました。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)も2作をトップ10に送り込んでいますが、200位までに10作品もランクインさせており、テイラーズ・バージョン効果や、ワールド・ツアーをきっかけとしたリバイバル・ヒットからテイラー・スウィフトの1年だったと言っても過言ではないほどの活躍を見せました。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事