【洋楽】ダークでカッコいい曲を鳴らすおすすめのUKバンド3選【パート4】

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽コラム

UKロックと言えば品が良くて聞きやすい曲が多いのが特徴です。
しかし、もう一つ外せない特徴があります。
それは“ジメジメとした暗い曲が多い”ということです。

このシリーズでは、UKロックバンドの中でもダークでカッコいいという観点に絞っておすすめのグループを紹介していきます!

第4弾となる今回も、みなさんが気に入るであろうダークでクールなバンドを3組厳選してまいりました。

私の独断ではありますが、どうぞご堪能ください。

【洋楽】ダークでカッコいい曲を鳴らすおすすめのUKバンド3選【パート4】

Doves(ダヴズ)

2000年代前半イギリスでブレイクを果たした3人組のロックバンド「ダヴズ」

精神が弱っているときに聞いたら思わず泣いてしまいそうになるほど、感情を揺さぶるサウンドが特徴です。

・Black And White Town

Doves – Black And White Town – YouTube

また誰もが感じるであろうことが“ボーカルの美しさ”でしょう。

UKらしさをふんだんに感じさせる品の良いギター、人生の憂いを歌われた世界観…。
彼らを構築する要素は明るいものが中心ではありません。
しかし、だからこそのカッコ良さと美しさがあるのです。

・Kingdom Of Rust

Doves – Kingdom Of Rust – YouTube

初期のコールドプレイが好きという方にはピッタリかもしれません。

Sigur Rós(シガー・ロス)

アイスランド出身のロックバンド「シガー・ロス」

アイスランド出身というのを曲で感じさせてくれる壮大で自然感あふれる世界観が特徴です。

・Glósóli

Sigur Ros – Glósóli – YouTube

誰も見たことはないでしょうが、まるで天国に流れる音楽を表現しているかのようにさえ感じます。

シガー・ロスの曲は「暗い」と表現するのとは違うかもしれません。
しかし、儚さを感じさせながる唯一無二の孤高感には、どこか悲しさを感じてしまうのです。

・Ekki múkk

Sigur Rós – Ekki múkk – YouTube

人肌が恋しい寒い季節などに聞けば、より一層彼らの曲を楽しめるでしょう。

Goat Girl(ゴート・ガール)

ここ数年間次々と息の良いバンドを排出しているロンドンのロックシーン。

その中でも、確実に「突出している」と評価されているのがゴート・ガールです。

・The Man

Goat Girl – The Man – YouTube

ポストロックに区分される彼女たちの音楽は、どれも独特かつ浮遊感のある世界観で構築されています。

アルバムも高評価を受けているのですが、とにかく若さを感じさせない渋い曲ばかりです。
実験的な要素もふんだんに入れており、曲によっては楽器のパートをチェンジするといった柔軟さも持ち合わせています。

・Sad Cowboy

Goat Girl – Sad Cowboy – YouTube

音楽と社会の繋がりを常に考えられた曲たちは、どこかもの悲しく、日常に潜む哀愁さを感じさせてくれます。

「のこぎりを使って赤ちゃんの泣き声みたいな音を入れてみたい」と話すなど、これからもダークな曲がどんどん量産されそうです。

まとめ

今回もダークな世界観が特徴のUKバンドを紹介してまいりました。
暗いと聞くと躊躇してしまいそうになりますが、そこには確実に芸術性と中毒性があります。

シリアスなトーンで作られた曲を聞きたいときには、ぜひとも聞いてみてください。

シリーズ「ダークでカッコいい曲を鳴らすおすすめのUKバンド」
【洋楽】ダークでカッコいい曲を鳴らすおすすめのUKバンド4選【パート3】
【洋楽】ダークでカッコいい曲を鳴らすおすすめのUKバンド4選【パート2】
【洋楽】ダークでカッコいい曲を鳴らすおすすめのUKバンド4選

WRITER

UKロックが大好きな20代のライターです! 洋楽のニュースからコラムまで、様々な情報をわかりやすく伝えていけたら良いなと思っています!

人気記事