エモい洋楽はTikTokでバズりやすい?海外のZ世代は知ってるおすすめ最新バイラルヒット4選

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽コラム

エモい気分に浸る洋楽はたくさんあります。これまでも「エモい洋楽」シリーズとして何曲もご紹介してきましたが、今回は「エモい洋楽はTikTokでバズりやすい?」という視点から昨年以降TikTokでバイラルヒットとなっているおすすめの洋楽をご紹介致します。

最新のエモい洋楽をお探しの方は是非参考にしてみてください。

海外のZ世代は知ってるおすすめ最新バイラルヒット4選

Glass Animals - Heat Waves

YouTubeGlass Animals - Heat Waves - YouTube

まずはGlass Animals(グラス・アニマルズ)。ご存知の方も多いと思いますが今大ヒット中の最新曲です。

ただこの曲はTikTokをきっかけにヒットしたというわけではなく、ヒットしてる中でTikTokでも人気の曲になってきた、という順序が正しいかもしれません。世界的にじわじわと広がりヒットにつながった曲です。

Charlie Puth - Light Switch

YouTubeCharlie Puth - Light Switch - YouTube

Charlie Puth(チャーリー・プース)が今年リリースした曲。チャーリー・プースがTikTokに力を入れてることも相まって人気となっています。

テンポの速い曲ですが、チャーリー・プースの歌声そのものに「エモさ」を感じるため十分にエモい気分に浸ることができると思います。

Tom Rosenthal - Lights Are On

YouTubeTom Rosenthal - Lights Are On - YouTube

Tom Rosenthal(トム・ローゼンタール)が2018年にリリースした曲。

昨年秋頃にハッシュタグ「#lightsareon」としてTikTokで100万回以上再生されバイラルとなりましたが、本人がいきなり人気となったことに一番驚いたようで自身のSNSでは「宝くじに当選したようなもの」と投稿しています。

Edison Lighthouse - Love Grows (Where My Rosemary Goes)

YouTubeEdison Lighthouse - Love Grows (Where My Rosemary Goes) - YouTube

最後はなんと1970年の曲。Edison Lighthouse(エジソン・ライトハウス)で邦題は「恋のほのお」。

世代の方にとっては懐かしいかもしれない一方で「なんでこの曲がTikTokで流行ってるの?」と不思議に思うかもしれません。

昨年末頃より人気が出始め、歌詞に合わせて自分のクリップや写真を投稿するユーザーのTikTokミームをきっかけに、ストリーミングの消費量が急増しました。

TikTokは過去の楽曲であってもバイラル化することもあり、2020年にはFleetwood Mac(フリートウッド・マック)の1967年の楽曲「Dreams」もTikTokをきっかけにリバイバルヒットとなりました。

エモい洋楽はTikTokでバズりやすい?

一定の人気をキープし続けている「エモ」というジャンルそのものが、過去の楽曲のリバイバルヒットをもたらす傾向もあり、確実にバズる要因のひとつとなっているようです。

もちろんダンス動画なども不動の人気を誇っていますが、先ほどのエジソン・ライトハウスのパターンのように自分のクリップや写真を投稿するユーザーにとってはエモい洋楽は必須アイテムとなっているのかもしれません。

【エモい洋楽】の他の記事はこちら
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART10)じっくりと聴き入って染みる。
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART9)おうち時間を彩り豊かに。
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART8)日頃のストレスをパッと解放して。
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART7)友人と最高の時間を過ごしたいときに。
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART6)懐かしさに想いを馳せながらゆったりと。
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART5)眠れない夜のお供に。
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART4)一人で憂鬱を吹き飛ばす時はこれを。
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART3)大人な雰囲気でうっとりと。
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART2)頑張った一日、お酒片手に酔いしれて。
【エモい洋楽】夕方や夜に聴きたいおすすめ人気曲4選(PART1)感傷に浸りたい時にどうぞ
【エモい洋楽】マニアしか知らない上質なソウル!Holybrune『JoyRide(ジョイ・ライド)』
【エモい洋楽】セクシーかつクール!Jodeci『Freek'N You(フリーキン・ユー)』
【エモい洋楽】魅惑のエレクトロ!Dabeull『You & I(ユー・アンド・アイ)』
【エモい洋楽】USインディのギタリスト歌姫!Snail Mail『Madonna(マドンナ)』
【エモい洋楽】優しい歌声と原始的なビート!orion sun『concrete(コンクリート)』
【エモい洋楽】オシャレすぎる!Moonchild『The List(ザ・リスト)』
【エモい洋楽】すべて忘れてハッピーに歌いたくなる!Samm Henshaw『Broke(ブローク)』
【エモい洋楽】若き天才の繊細な作品。XXXTENTACION『MOONLIGHT(ムーンライト)』
【エモい洋楽】今聴いても酔いしれる!Maxwell『Sumthin' Sumthin'(サムシン・サムシン)』
【エモい洋楽】幻想的なのに今っぽい!Little Dragon『Twice(トゥワイス)』
【エモい洋楽】中毒性のある世界観!Stromae『Papaoutai(パパウテ)』

WRITER

酒井裕紀

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事