Blur(ブラー)のアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムまとめ

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

おすすめ洋楽

Blur(ブラー)はアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムをご紹介。

ブラーはこれまでに9枚のスタジオ・アルバムをリリースしており、ブリットポップ・ムーブメント全盛の時代、1994年にリリースした『Parklife』以降はすべて全英アルバム・チャートで1位を獲得しています。

英国で大衆的な人気を獲得したブラーはスタイルがさらに変化ながらも人気を維持しており、今なお成功し続けているバンドです。

今回はブラーのアルバムがどのようにすごいのか、これまでにリリースしたアルバムの中から売上トップ10と、全アルバムについてまとめていきたいと思います。

Blur(ブラー)

Blur(ブラー)
IMAGE VIA:Instagram

Blur(ブラー)は、1988年に結成されたイギリスのロックバンド。

デーモン・アルバーン、グレアム・コクソン、アレックス・ジェームス、デイヴ・ロウントリーの4人で構成されています。

ブラーは、1990年代のブリットポップムーブメントの代表的なバンドの一つとして知られ、キャッチーなメロディと独特のサウンドで世界的な成功を収めました。

CHECK!!
Blur(ブラー)のプロフィール・バイオグラフィーまとめ
Blur(ブラー)の人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲8選まとめ

Blur(ブラー)のアルバム売上ランキングトップ10

  1. Midlife: A Beginner’s Guide to Blur

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング10位は、2009年6月15日リリースの2ndコンピレーション・アルバム「Midlife: A Beginner’s Guide to Blur(ミッドライフ:ビギナーズ・ガイド・トゥ・ブラー)」。

    初期からの記録された歴史の広範にわたり、『Modern Life Is Rubbish』の楽曲が最初のベスト盤よりも多く収録されています。
    2009年の復活ライブに合わせてリリースされました。

  2. Modern Life Is Rubbish

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング9位は、1993年5月10日リリースの2thアルバム「Modern Life Is Rubbish(モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ)」。

    米国ツアーの失敗からフード・レコードからの解雇の危機にさらされ伝統的な英国のギター・ポップ・グループからの影響を取り入れたサウンドへシフトした作品。
    全英アルバムチャートで15位を記録し、ブリットポップ・シーンを決定づけた作品のひとつと見なされています。

  3. Leisure

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング8位は、1991年8月26日リリースのデビュー・アルバム「Leisure(レジャー)」。

    2枚目のシングル「There’s No Other Way」の成功もありデビュー作ながら全英アルバムチャートで7位とトップ10入り。
    カバーの写真は、1954年5月にチャールズ・ヒューイットによって撮影されたもので、ピクチャー・ポストの水着帽子に関するファッション特集「Glamour in the Swim」のために撮影されたもの。

  4. The Magic Whip

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング7位は、2015年4月27日リリースの8thアルバム「The Magic Whip(ザ・マジック・ウィップ)」。

    前作から12年空いた作品。2013年5月、ブラーは日本の「Tokyo Rocks 2013」に出演する予定だったものの、フェスティバル全体が中止となり、バンドはさらに5日間香港で足止めされることになったことをきっかけに制作した楽曲を元に発展させて作られました。
    2013年にヴァージン・レコードから移籍して以降、ワーナー・ブラザース傘下のバンドによる北米初のアルバムとなります。

  5. Think Tank

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング6位は、2003年5月5日リリースの7thアルバム「Think Tank(シンク・タンク)」。

    サンプリングされたリズム・ループと陰気なサウンドに、ダンス ミュージック、ヒップホップ、ダブ、ジャズ、アフリカ音楽からの大きな影響もあり、デイモン・アルバーンの音楽的関心の拡大を示した作品。
    西側諸国がイラク侵攻の脅威を与えた後は、広範な戦争反対デモに参加したデイモン・アルバーンは反戦のテーマを含めました。

  6. 13

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング5位は、1999年3月15日リリースの6thアルバム「13(サーティーン)」。

    キャリア初期のブリットポップ・サウンドからのスタイルの変化を継続し、実験的、サイケデリック、電子音楽を探求した作品。
    歌詞的には以前の作品よりもかなり暗くより革新的であり、デイモン・アルバーンと長年のガールフレンド、Justine Frischmann(ジャスティン・フリッシュマン)との破局に大きく影響を受けています。

  7. Blur: The Best Of

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング4位は、2000年10月30日リリースのコンピレーション・アルバム「Blur: The Best Of(ロード)」。

    フード・レコードからの最後のアルバム。1990年から2000年までのシングル23枚のうち17枚と、シングル以外の「This Is a Low」が収録。スペシャル・エディションCDバージョンにはライブCDが含まれていました。
    英国では100万枚以上売り上げています。

  8. Parklife

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング3位は、1994年4月25日リリースの3rdアルバム「Parklife(パークライフ)」。

    新興のブリットポップ・シーンを定義することになった作品。
    2010年にはロイヤル・メール発行の英国切手に記念として掲載された英国アーティストのクラシック・アルバム・ジャケット10枚のうちの1枚となりました。

  9. The Great Escape

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング2位は、1995年9月11日リリースの4thアルバム「The Great Escape(ザ・グレイト・エスケープ)」。

    世界10カ国以上でトップ10入り。シングル化された曲は全英シングルチャートですべてトップ10入りを果たし、アルバムのリリースから1年も経たないうちに、イギリスではトリプル・プラチナ認定を受けるヒットとなりました。
    ほとんどの曲が孤独と分離という同様のテーマによってリンクされています。

  10. Blur

    Blur

    ブラーのアルバム売上ランキング1位は、1997年2月10日リリースの5thアルバム「Blur(ブラー)」。

    グラハム・コクソンの提案の下、バンドはスタイルの変化を遂げ、アメリカのインディー・ロック・バンドの影響を受けるようになった作品。
    攻撃的で感情的な歌詞、ホワイトノイズの破片、ゴロゴロ音を立てるエレクトロニクス、生のギター、麻薬のようなサイケデリアなどブリットポップの陳腐化もありスタイルが大きく変化。
    アメリカではRIAAでゴールド認定を受けた唯一の作品となり、世界的なトータル・セールスも高いアルバムとなりました。

Blur(ブラー)の全アルバム

Type Title US UK
Release Point JPN
1st Leisure 7
1991/8/26 100,000
2nd Modern Life Is Rubbish 15
1993/5/10 100,000
Box The Brit Pop Blur Box
1994
※オーストラリア限定
3rd Parklife 1
1994/4/25 1,250,000 36
Comp The Special Collectors Edition
1994/10/26
※日本限定
64
4th The Great Escape 150 1
1995/9/11 1,358,000 5
Live Live at the Budokan
1996/5/22
※日本限定
36
EP Live
1997
5th Blur 61 1
1997/2/10 1,454,000 7
Remix Bustin’ + Dronin’ 50
1998/2/25 100,000 50
EP The Observer CD
1999
6th 13 80 1
1999/3/15 787,000 13
Box The 10 Year Limited Edition Anniversary Box Set
1999/9/6
Comp Blur: The Best Of 186 3
2000/10/30 1,250,000 20
7th Think Tank 56 1
2003/5/5 194,000 14
EP Exclusive 5 Track CD
2003/9/21
Comp Midlife: A Beginner’s Guide to Blur 20
2009/6/15 100,000 66
Live All the People: Blur Live at Hyde Park 02 July 2009 70
2009/8/30 148
Live All the People: Blur Live at Hyde Park 03 July 2009 44
2009/8/30 148
Live Live 2009
2009/11/22
EP Blur Live from the BRITs
2012/2/22
Box The Blur Collection 71
2012/7/30 70
Live Parklive 91
2012/8/13 137
8th The Magic Whip 24 1
2015/4/27 125,000 5
9th The Ballad of Darren 94 1
2023/7/21 60,000 20

※Live … ライヴ・アルバム
※EP … Extended plays
※Box … ボックス・セット
※Comp … コンピレーション・アルバム
※Remix … リミックス・アルバム

PointはWikipediaに掲載されている出荷枚数、デジタル販売数、CD売上枚数、エアプレイなどの回数、ストリーミングを元に算出されたユニット数の各国の合計値をポイント化し、その合計を合算したものになります。不定期で更新していきます。

Blur(ブラー)のおすすめアルバム

ブラーを知るにはまずこの3枚はおすすめ。「Modern Life Is Rubbish」、「Parklife」、「The Great Escape」を聴いた上でスタイルの変化を味わってみるとより楽しめるかもしれません。

Blur(ブラー)の最新アルバム

現在リリースされているブラーのスタジオ・アルバムで一番最新のものは、2023年7月21日リリースの9thアルバム『The Ballad of Darren』。 グレアム・コクソンは、年齢を重ねるにつれて「演奏するものに正しい感情と意図が込められている」ことがより重要になると述べ、デーモンはこのアルバムは彼らの世代を反映しているが、「若い人たちにも共感できるほど現代世界が十分に盛り込まれている」と述べるほど今のブラーを捉えたアルバムとなっています。

まとめ

イギリスのバンドにとってアメリカでの成功があるかないかで商業的な結果が大きく変わっていくことを考えると、ブラーがブリットポップ全盛期から味わってきたことからデーモン・アルバーンはGorillaz(ゴリラズ)を成功させたことでよりブラーとしての探求がしやすくなっているのではないかと思います。

特に後期では冒険や挑戦というよりその時その時のブラーをより体現しているようにも聴こえるので、初期から聴き比べるとかなり色々な楽しみ方ができるという意味では是非全アルバム聴いてみてほしいです。

以上、Blur(ブラー)のアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムまとめをお届けしました。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事