【歌詞和訳あり】元気が出る歌詞に注目!落ち込んだ時に聞きたい洋楽4選

人生に落ち込む出来事は付き物。
誰だって元気が出ない時期や落ち込んでしまう瞬間はあるはずです。

例えば
「仕事で失敗をして上司に怒られてしまった…」
「立ち直れないと思うくらいの失恋をした…」

など人によってシチュエーションは様々

本記事では、そんな元気がないときでもパワーをくれる歌詞が魅力の洋楽をご紹介します!

「洋楽だから歌詞がわからない」なんて心配もあるかもしれませんがご安心を!
分かりやすい和訳と共にお楽しみください。

元気が出る歌詞に注目!落ち込んだ時に聞きたい洋楽4選

Daniel Powter - Bad Day

Daniel Powter - Bad Day - YouTube

ピアノで引き語るスタイルが特徴的なダニエル・パウター
この曲は世界中で空前絶後の大ヒットをかまし、社会現象を巻き起こしました。

聴きやすくも哀愁が漂うメロディーが良いのもヒットの理由ですが、なんといっても注目したいのは歌詞の内容。

You had a bad day
The camera don't lie
You're coming back down and you really don't mind
You had a bad day
You had a bad day

今日はついてなかっただけさ
カメラは嘘をつかない
現実に戻ってきても気にしないでね
今日はついてなかっただけ。ついてなかっただけさ

Well you need a blue sky holiday
The point is they laugh at what you say
And I don't need no carryin' on

そう、青空の休日が必要だろ
みんなが君の話を聞いて笑うはずだ
だから頑張る必要なんてないんだよ

嫌なことがあったとき、どうしても自分を責めて自己嫌悪になってしまう人は多いでしょう。
しかしこの曲は「今日はついていなかっただけ。頑張りすぎる必要はないんだよ。」と優しく語りかけてくれます。

少しでも自己嫌悪に陥ってしまっている人はぜひとも聞いてみてください。
必ず希望の道筋が見えてくるはずです。

Coldplay - Birds

Coldplay - Birds - YouTube

世界で最も有名なバンドと言っても過言ではないコールドプレイ。
彼らが2015年にリリースした『Birds』は浮遊感が漂う気持ちの良い曲となっています。

歌詞の内容を見てみると

Been standing in the corner, studying the lights
The dreaming of escape will keep you up at night
But someone had put the flares up and got me in the rays
So I guess I’d better stay
‘Uh uh no come on’ you say

窮地に立ったとき光が見つかる
逃げる夢を見るせいで、きみは夜通し眠れない
でも、誰かがかがり火を焚き僕を光で包む
だから、僕はここから離れない
“だめだよおいで”と君は言う

It's a fools gold thunder
It's just a warring rain
Don't let the fears just start 'What if
I won’t see you again’
Around here you never want to sleep all night
So start falling in love, start the riot and

黄銅色の雷だ
ただの雷雨だ
「恐れ」なんかに”また君の前に現れる”なんて言わせるな
ここでは、きみは夜通し起きていたい
それじゃ、恋を始めよう
戦いを始めよう、そして…

ピンチになったときや落ち込んだ出来事があったとき、人はネガティブになりがちです。
しかし、この曲の中では「恐れるな」「光はある」と訴え続けてくれます。

タイトルのまま、鳥のように自由に羽ばたく存在であれとリスナーを励ましてくれるのです。

浮遊感のあるサウンドのおかげで一瞬で別世界へ行くかのような感覚になれる名曲です。

Oasis - Morning Glory

Oasis - Morning Glory - YouTube

イギリスが生んだ世界的ビッグバンド・オアシスが放つ稀代のロックソングがこちら!
まるで革命前夜のようなふつふつと湧き上がる闘志を見事に表現してくれています。

All your dreams are made
When you’re chained to the mirror and the razor blade
Today’s the day that all the world will see
Another sunny afternoon
Walking to the sound of my favorite tune
Tomorrow never knows what it doesn’t know too soon

お前の夢は全部、鏡とカミソリの刃に縛り付けられた時に出来ちまったもの
今日は、世界中が見れる日だぜ
また別の快晴の午後に
お気に入りの曲を聴きに歩いて行く
『明日のことはわからない』ってのは、余りにも早過ぎるってことさ

Need a little time to wake up
Need a little time to wake up wake up
Need a little time to wake up
Need a little time to rest your mind
You know you should so I guess you might as well

目覚めるには、もうちょっと時間が必要さ
目覚めるには、もうちょっと時間が必要さ、目、覚ませよ
目覚めるには、もうちょっと時間が必要さ
気を落ち着かせるのには、もうちょっと時間が必要なんだよ
どうせなら、俺が思うようにお前もすべきじゃねぇの?

前編に渡ってリスナーへと語りかけるような歌詞が特徴的なロックナンバーとなっています。
「ウジウジしてねえで前向けよ。お前のやりたいようにやれ」と背中を押してほしい人にはこれ以上ない応援ソングと言えるでしょう。

悪いことは続くもので、人によっては何日、何週間と元気が出ない毎日が続いている人もいるはず。
安心してください。この曲は後ろ向きになった気持ちの風向きを良い方向に変えてくれますよ。

Men I Trust - Tides

Men I Trust - Tides - YouTube

心地よいエレクトリカルなサウンドで注目を浴びているトリオの『メン・アイ・トラスト』
今回紹介する曲の中では、少し異質な雰囲気を放った曲です。

さっそくこの曲の歌詞を見てみましょう。

A hundred forty-four, by thousands, waiting for the clear
Oh how sublime
To marvel at an ugly world from home
They made it to midnight
They know they’re right
Awake forever

144,000、見晴らしが良くなるのを待ってるの
あぁなんて壮大なの
家から見えるこの荒廃した世界に驚くわ
夜中の12時に差し掛かる
みんな自分が正しいって分かってる
そして一生眠ることもない

I see brave men walking hand in hand again
With angels by their sides
Who’ll dare put on a fight?
Happy forever
To make it all in-line
Happy togеther
We shall be fine

勇敢な男たちがまた手を取り合って歩いてるのを見たの
天使と並んで歩いてる
一体誰に戦いを始める勇気があるっていうの?
この先一生幸せね
全てを整えるために
一緒に幸せになろう
私たちはきっと大丈夫

宗教的な世界観も絡んだ曲なので、内容を完全に理解するのは少々難しいかもしれません。
しかし、曲に込められたメッセージは至ってシンプル。
「私たちはきっと大丈夫」と優しく歌い続けているのです。

コロナ禍や暗いニュースが続く昨今。どうしても普通に暮らしているだけで元気が無くなりそうになります。

でも彼女らは、そんな気持ちに寄り添い「大丈夫だよ」と言ってくれるのです。

本当に落ち込んだ時や元気がないとき、一番響くのはこの曲のように穏やかで静かな優しさなのかもしれません。

まとめ

今回は「元気が出る歌詞」という点に絞って曲を紹介してまいりました。
きっとあなたの気持ちが晴れていくような運命の一曲があるはずです。

しかし何よりも大事なのは元気がないときに無理をしすぎないことです。
くれぐれもご自愛しながら音楽を楽しんでくださいね!