Queen(クイーン)の人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲7選まとめ

Queen(クイーン)の人気曲ランキングTOP20とおすすめ曲7選をご紹介。

YouTubeでの再生回数と売上ランキングを元にスコア化したオリジナルの人気曲ランキングと、記事の最後にはクイーンおすすめソングもご紹介していますので、どうぞ最後までご覧ください。

Queen

Queen(クイーン)は、イギリス・ロンドン出身の男性4人組ロックバンド。

メンバーはFreddie Mercury(フレディ・マーキュリー)Brian May(ブライアン・メイ)John Deacon(ジョン・ディーコン)Roger Taylor(ロジャー・テイラー)の4人編成で、メンバー全員がギター・キーボードなどが演奏でき、作詞・作曲も行っています。

音楽作品の総売り上げが1億7千万枚~2億枚とも言われており、1970年代に結成されたロックバンドとしてはトップクラスの人気を誇っています。

こちらもCHECK!!Queen(クイーン)の詳しいプロフィールや関連記事
Queen(クイーン)のアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムまとめ

Queen(クイーン)の人気曲ランキングTOP20

20

Who Wants To Live Forever

Queen

Queen - Who Wants To Live Forever (Official Video)

カインド・オブ・マジック
クイーン
ユニバーサル ミュージック (1986-06-02)
クイーンの人気曲ランキング20位は、12thアルバム「A Kind of Magic」に収録されている「Who Wants To Live Forever(フー・ウォンツ・トゥ・リヴ・フォーエヴァー)」。

1986年の映画「ハイランダー 悪魔の戦士」のためにブライアン・メイによって書き下ろされ、歌い出しのリードボーカルも担当。クイーンの曲として初めてオーケストラが参加しているのが特徴的な歌です。

19

The Show Must Go On

Queen

Queen - The Show Must Go On (Official Video)

イニュエンドウ
クイーン
ユニバーサル ミュージック (1991-01-30)
クイーンの人気曲ランキング19位は、14thアルバム「Innuendo」に収録されている「The Show Must Go On(ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン)」。

ロジャー・テイラーとジョン・ディーコンが弾いたコード進行を元に、ブライアン・メイがフレディ・マーキュリーとともに詞と曲を書き下ろしたため、作詞・作曲のクレジットはクイーン名義になっています。
イギリスでシングルとしてリリースされたのはフレディ・マーキュリーが亡くなるわずか6週間前。かなり高音の楽曲のため、レコーディング時にはフレディが体力的にも歌いきれるか心配されましたが、完璧すぎるほどのパフォーマンスによって90年代最大のヒットとなり、クイーン後期の名曲として広く知られています。

18

Heaven for Everyone

Queen

Queen - Heaven For Everyone (Official Video)

メイド・イン・ヘヴン
クイーン
ユニバーサル ミュージック (1995-11-06)
クイーンの人気曲ランキング18位は、15thアルバム「Made in Heaven」から「Heaven for Everyone(ヘヴン・フォー・エヴリワン)」。

ロジャー・テイラー作の楽曲で、彼のバイド「ザ・クロス」のアルバムでフレディ・マーキュリーをゲストに迎えて収録された曲。アルバムのリードシングルとしてリリースされ、イギリスでは2位を獲得しました。

17

Innuendo

Queen

Queen - Innuendo (Official Video)

クイーンの人気曲ランキング17位は、14thアルバム「Innuendo」に収録されている同名曲「Innuendo(イニュエンドウ)」。

ボレロ風リズムから、独唱、フラメンコギターなどかなり複雑な構成になっている曲で、あらゆるテーマを「ジグソーパズルのように」つなぎ合わされて作られた曲です。90年代に入り初めてイギリスで1位を獲得しました。

16

I Want It All

Queen

Queen - I Want It All (Official Video)

ザ・ミラクル
クイーン
ユニバーサル ミュージック (1989-05-02)
クイーンの人気曲ランキング16位は、13thアルバム「The Miracle」に収録されている「I Want It All(アイ・ウォント・イット・オール)」。

非常に重く、反乱と社会の激動に関連するテーマを取り上げており、アルバム制作のためにスタジオ入りする前に書かれていた曲。
当時ブライアン・メイは不倫・離婚を経験しており、その葛藤が歌詞に反映されています。

15

These Are the Days of Our Lives

Queen

Queen - These Are The Days Of Our Lives (Official Video)

クイーンの人気曲ランキング15位は、14thアルバム「Innuendo」に収録されている「These Are the Days of Our Lives(輝ける日々)」。

フレディ・マーキュリーの45歳の誕生日にアメリカでシングルとしてリリースされ、その後彼の死をきっかけにアイルランドとイギリスでBohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)と共にダブルA面シングルとしてリリースされました。
フレディ・マーキュリーが生前最後にプロモーションビデオに出演した曲であり、彼の最晩年の姿が確認できます。

14

Bicycle Race

Queen

Queen - Bicycle Race (Official Video)

ジャズ
クイーン
ユニバーサル ミュージック (1978-11-14)
クイーンの人気曲ランキング14位は、7thアルバム「Jazz」から「Bicycle Race(バイシクル・レース)」。

クイーン所有のマウンテン・スタジオでレコーディングしていた際に行われていた、ツール・ド・フランス1978でモントルーを走る第18ステージを見て触発され書かれた曲。
「バーイセコ、バーイセコ」と言うコーラスが印象的です。
プロモーションビデオでは全裸の男女が自転車にまたがっている描写があり、地上波ではコンプライアンス上もう二度とフルで放送されないかもしれません。

13

You're My Best Friend

Queen

Queen - You're My Best Friend (Official Video)

オペラ座の夜
クイーン
ユニバーサル ミュージック (1975-11-21)
クイーンの人気曲ランキング13位は、4thアルバム「A Night at the Opera」に収録されている「You're My Best Friend(ユア・マイ・ベスト・フレンド)」。

ジョン・ディーコンが自身の妻であるヴェロニカ・テツラフに向けて書いた曲。エレクトリックピアノはジョン・ディーコンが演奏しています。
1992年の映画「ピーターズ・フレンズ」、2004年の映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」など、多くの映像作品で劇中挿入歌として使用されました。

12

Radio Ga Ga

Queen

Queen - Radio Ga Ga (Official Video)

クイーンの人気曲ランキング12位は、11thアルバム「The Works」に収録されている「Radio Ga Ga(レディオ・ガ・ガ)」。

ロジャー・テイラーの子が幼少期、ラジオを聴いていて「Radio caca」と言ったことに発想を得て制作された曲。
Lady GaGa(レディー・ガガ)の名前の由来になっている曲としても有名です。

11

Fat Bottomed Girls

Queen

Queen - Fat Bottomed Girls (Official Video)

クイーンの人気曲ランキング11位は、7thアルバム「Jazz」に収録されている「Fat Bottomed Girls(ファット・ボトムド・ガールズ)」。

Bicycle Race(バイシクル・レース)と共にダブルA面シングルとしてリリースされました。
クイーンの曲としては数少ないオルタナティブ(ドロップD)ギターチューニングで演奏された曲としても知られています。

以上11位までお送りしました。そしていよいよトップ10のご紹介です!

10

Don't Stop Me Now

Queen

Queen - Don't Stop Me Now (Official Video)

クイーンの人気曲ランキング10位は、7thアルバム「Jazz」から「Don't Stop Me Now(ドント・ストップ・ミー・ナウ)」。

日本ではCMソングとして繁栄に使用されているため認知度も高く、米ローリング・ストーン誌の読者によるベスト・クイーン・ソングでは第3位にランクインするなど、クイーンの全楽曲の中でも人気の高いシングルとして知られています。

9

I Want to Break Free

Queen

Queen - I Want To Break Free (Official Video)

クイーンの人気曲ランキング9位は、11thアルバム「The Works」から「I Want to Break Free(ブレイク・フリー 自由への旅立ち)」。

ミュージック・ビデオはロジャー・テイラーの発案でメンバーが女装しているのが特徴的。イギリスの長寿ドラマ番組「コロネーション・ストリート」のパロディとして知られています。

8

Killer Queen

Queen

Queen - Killer Queen (Top Of The Pops, 1974)

クイーンの人気曲ランキング8位は、3rdアルバム「Sheer Heart Attack」に収録されている「Killer Queen(キラー・クイーン)」。

オーバーダビングを利用したコーラスなどが特徴的になっており、全英では2位を記録し、全米ではビルボードホット100に初めてランクインした曲でもあります。

7

Under Pressure

Queen & David Bowie

Queen - Under Pressure (Official Video)

ホット・スペース
クイーン
ユニバーサル ミュージック (1982-05-21)
クイーンの人気曲ランキング7位は、10thアルバム「Hot Space」から「Under Pressure(アンダー・プレッシャー)」。

David Bowie(デヴィッド・ボウイ)との共作で、80年代に唯一イギリスで1位を獲得した作品。
元々バッキングボーカルで参加するつもりだったデヴィッド・ボウイが、最終的に共作することになりリリースされた曲です。

6

Crazy Little Thing Called Love

Queen

Queen - Crazy Little Thing Called Love (Official Video)

The Game
クイーン
USMジャパン (1980-06-30)
クイーンの人気曲ランキング6位は、8thアルバム「The Game」に収録されている「Crazy Little Thing Called Love(愛という名の欲望)」。

全米ビルボードホット100で初めて1位を獲得した曲。5分~10分という短時間で作曲され、エルヴィス・プレスリー風のオマージュとなっている作品です。

5

Somebody to Love

Queen

Queen - Somebody To Love (Official Video)

クイーンの人気曲ランキング5位は、5thアルバム「A Day at the Races」から「Somebody to Love(愛にすべてを)」。

Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)に触発され、オーバーダビングを利用したコーラス100以上の多重録音を行い、ゴスペル合唱団のようなアレンジが特徴的な曲になっています。

4

Another One Bites the Dust

Queen

Queen - Another One Bites the Dust (Official Video)

クイーンの人気曲ランキング4位は、8thアルバム「The Game」から「Another One Bites the Dust(地獄へ道づれ)」。

アメリカで大きく成功した作品となったため、全世界でのトータルセールスが700万枚以上とクイーンの中でもトップクラスの売り上げを記録したシングル。
ジョン・ディーコンによって書かれた曲で、当初はライブでのみ披露してましたが、ライブを見たMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)が「シングル・リリースすべき」と進言したことがきっかけとなりレコーディングしたそうです。

3

We Are the Champions

Queen

Queen - We Are The Champions (Official Video)

いよいよTOP3!
クイーンの人気曲ランキング3位は、6thアルバム「News of the World」に収録されている「We Are the Champions(伝説のチャンピオン)」。

リリース当時、アメリカにおいてはその時点で最も売れたクイーンの曲となった曲。 2011年に英ゴールドスミス大学の研究チームは、音楽心理分析学の観点からポップ・ミュージック史上最もキャッチーな曲だという研究結果を発表するほどの名曲です。

2

We Will Rock You

Queen

Queen - We Will Rock You (Official Video)

クイーンの人気曲ランキング2位は、6thアルバム「News of the World」から「We Will Rock You(ウィ・ウィル・ロック・ユー)」。

We Are the Champions(伝説のチャンピオン)と共にダブルA面シングルとしてリリースされました。
stomp-stomp-clap-pause(日本ではドン・ドン・パッやズン・ズン・チャ)でお馴染みの曲です。
ライヴでも決まって最後に2曲続けて演奏されるため、この2曲はつながった1曲と解釈されることが多いですね。しかし別の曲です。

1

Bohemian Rhapsody

Queen

Queen – Bohemian Rhapsody (Official Video Remastered)

クイーンの人気曲ランキング第1位は、4thアルバム「A Night at the Opera」から「Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)」。

クイーン最大のヒット曲であり、クイーン最大の動画再生回数を記録している代表曲で、未だ圧倒的な人気曲です。

当時としては異例の約6分(実際は5分55秒)もある大作で、全英歴代3位のセールス記録を保持しています。
当時約6分という曲の長さにレコード会社が反発し曲のカットを指示するも、メンバーが知り合いのラジオDJの元に直接持っていき、気に入ったDJはラジオで何度も流しヒットのきっかけを作ったのはファンのあいだでは有名な話として語り継がれています。

人気曲ランキングはWikipediaに掲載されている出荷枚数、デジタル販売数、CD売上枚数、エアプレイなどの回数、ストリーミングを元に算出されたユニット数の各国の合計値をポイント化して、さらにYoutube再生回数ランキングをポイント化し、その合計を合算したものになります。不定期で更新していきます。

おすすめのQueen(クイーン)7選

人気曲ランキングにランクインしている曲の中で、クイーンをまだ聴いたことがない方におすすめしたい人気曲は、

Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are the Champions
Killer Queen
Don't Stop Me Now

この5曲。これらはクイーンをほとんど聞いたことがない方でもサビなど耳にしたことがあるような名曲です。

また人気曲ランキングには入ってないおすすめのエミネム、まず1曲目は「The Works」に収録されている「Hammer To Fall(ハマー・トゥ・フォール)」です。

Queen - Hammer To Fall (Official Video)

この曲は1985年の「ライヴエイド」でも演奏された曲で、映画「ボヘミアン・ラプソディ」にも登場した曲です。映画を観た方がわかるかもしれません。

もう1曲おすすめしたいエミネムの曲は、「Flash Gordon」に収録されている「Flash(フラッシュのテーマ)」です。

Queen - Flash (Official Video)

1980年の映画「フラッシュ・ゴードン」の主題歌として有名ですが、映画を知らなくても「フラッシュ!アーアー」と言う歌詞を耳にしたことがある方は多いと思います。

「フラッシュ」という曲名にちなみ、DC系海外ドラマ「フラッシュ」でも使用されたことがあります。

割と有名で人気曲ばかりをおすすめしましたが、これまでにリリースした10枚以上のアルバムの中にも名曲がたくさんあるので是非聴いてみてください。

まとめ

「Bohemian Rhapsody」が45年も前の曲だとはとても思えないほど今でも新鮮に聴けますし、他の曲もこの記事を書いている僕が生まれる前の曲ばかりで、「そんなに古いの?」と改めて思ってしまいました。

またクイーンの楽曲は日本のCMでかなり反映に使用されていますし、映画「ボヘミアン・ラプソディ」は日本で大ヒットしましたので、非常に幅広い年代の方でもクイーンを耳にしたことがある人がいると思うと、そのような海外アーティストはなかなかいないですよね。

以上、Queen(クイーン)の人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲7選まとめをお届けしました。

SNSで記事をシェアする!

Writer この記事を書いた人

酒井裕紀:洋楽まっぷ管理者
洋楽大好きな30代。都内の普通のサラリーマンです。洋楽から英語を覚えたくて和訳の勉強に日々勤しんでいるのでこのブログで生かせればと思います。