オリヴィア・ロドリゴの恋敵、サブリナ・カーペンターは本当に“悪女”なのか?【シリーズ:コレを知らないあなたは超ヤバいVol.13】

オリヴィア・ロドリゴの恋敵、サブリナ・カーペンターは本当に“悪女”なのか?【シリーズ:コレを知らないあなたは超ヤバいVol.13】

2022年にさらなる飛躍が期待される歌姫、Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)。彼女の大ブレイクの影で知名度をあげた、もうひとりのアーティストがいました。その名はSabrina Carpenter(サブリナ・カーペンター)。オリヴィアの“恋敵”として有名になった彼女の音楽を掘り下げてみましょう!

合わせてCHECK!
オリヴィア・ロドリゴ −「ドライバーズ・ライセンス」で大ブレイク!テイラー・スウィフトやセレーナ・ゴメスも注目する次世代No.1アーティストを徹底解剖

大人の余裕でオリヴィアを牽制(けんせい)

昨年、大ヒットしたオリヴィアの「Driver's License(ドライバーズ・ライセンス)」が、彼女の元カレ、 Joshua Bassett(ジョシュア・バセット)についての曲だというのは有名なハナシ。ふたりはディズニーの大ヒットドラマ「ハイスクール・ミュージカル・ザ・ミュージカル」で共演し、恋に落ちたのです。しかし、幸せな時間は長くは続かず、ジョシュアの心変わりによりオリヴィアはフラれることに。「ドライバーズ・ライセンス」の歌詞の中には、そのときの彼女の気持ちが赤裸々に綴られています。

合わせてCHECK!
ジョシュア・バセット - 新曲で元カノのオリヴィア・ロドリゴについて歌いまくり…明かされたふたりの“秘密”とは?

And you're probably with that blonde girl
Who always made me doubt
She's so much older than me
She's everything I'm insecure about

あの金髪のオンナの子と一緒にいるんでしょ
いつも疑ってたのよね
私よりずいぶん年上のあの人のせいで
いつも不安な気持ちになっていたわ

Olivia Rodrigo - drivers license - YouTube

ドライバーズ・ライセンスのリリック・ビデオ

このオリヴィアを不安にさせた“金髪のオンナの子”が、ディズニー・スターであり、アーティストでもあるサブリナ・カーペンターだといわれているのです。

合わせてCHECK!
オリヴィア・ロドリゴ − 絶交した元カレ、ジョシュア・バセットと「ハイスクール・ミュージカル」で共演決定!そんな彼らの泥沼の恋をふりかえる

有名な「悪女」になったサブリナ

「ドライバーズ・ライセンス」の大ヒットにより、計らずともサブリナ・カーペンターの知名度は急上昇。でも、「オリヴィアから彼氏を奪った」というイメージがついた彼女に、ネガティブな感情を持った人も多かったともいわれています。おそらくこの時期、世間から多くのヘイトをうけとったであろう彼女。しかし、14歳からこの業界で活躍しているサブリナが、これくらいのことでめげるわけはありません。なんと「ドライバーズ・ライセンス」が発売された1ヶ月後に、オリヴィアへのアンサー・ソングともいわれる「Skin(スキン)」をリリースするのです。

Maybe we could've been friends
If I met you in another life
Maybe then we could pretend
There's no gravity in the words we write
Maybe you didn't mean it
Maybe blonde was the only rhyme
The only rhyme

違う人生だったら
私たちは友達になれていたかもね
そして 歌詞にたいした意味はなかったかのように
ふるまえていたかも
きっと あなたもこんなオオゴトになるとは
思ってなかったんでしょ
ただリズムに合ってたから
「金髪」って言葉を使っただけよね

Sabrina Carpenter - Skin - YouTube

「スキン」のMV

「ドライバーズ・ライセンス」で、若さゆえの激しい感情を赤裸々に綴ったオリヴィアに対して理解をしめす、“大人の対応”をしてみせたサブリナ。優しそうにみえて実はなかなかの策士(さくし)だと思うのは私だけでしょうか?なぜなら、同じ曲の後半で彼女はこう歌っているのです。

You can try
To get under my, under my, under my skin
While he's on mine
Yeah, all on my, all on my, all on my skin
I wish you knew that even you
Can't get under my skin
If I don't let you in

私を怒らせようとしてもいいけど
彼は私のモノよ
そしてわかってほしいの
私を怒らせることは無理だって

世間の荒波に揉まれたアラフォーの筆者は、この歌詞を「あなたと私はオンナとしてのレベルが違うの。私のほうが上。だからあなたに対して負の感情なんて抱く理由ないわ」という風に解釈してしまいました…。いや、もしかしたら深読みのしすぎなのかもしれません。とにかくサブリナが、自分に自信のある「いい女」であることは間違いないのでしょう。

アーティストとしての彼女から目が離せない

ディズニーのドラマ「ガール・ミーツ・ワールド」への出演で一躍有名になった彼女ですが、アーティストとしての実力も折り紙付き。「Eyes Wide Open(アイズ・ワイド・オープン)」「Evolution(エボリューション)」などこれまでに4つのスタジオ・アルバムをリリースしています。

Sabrina Carpenter - Thumbs - YouTube

アルバム「エボリューション」から「Thumbs(サムズ)」のMV

「恋愛の上級者」感の強いサブリナ。恋の歌を書くのもお手の物といったところでしょうか。2018年にリリースした「Ailen(エイリアン)」では、だれかと恋に落ちていくときに感じる混乱した気持ちを歌った彼女。

Sabrina Carpenter, Jonas Blue - Alien - YouTube

「エイリアン」のMV

また2021年にリリースした最新曲「Skinny Dipping(スキニー・ディッピング)」では、元カレとの復縁をノスタルジックに妄想する気持ちを綴っています。この曲は別れてしまったあの彼、ジョシュア・バセットへの歌だ、と考えるファンも多いよう。

Sabrina Carpenter - Skinny Dipping - YouTube

「スキニー・ディッピング」のMV

152cmの小柄でキュートな見た目からは想像できないほどの歌唱力とスキャンダルにも動じない大物感。これからの彼女の活躍からも、目が離せそうにありません!

「シリーズ:コレを知らないあなたは超ヤバい」の他の記事はコチラ!
コナン・グレイ - あのオリヴィア・ロドリゴとも仲よしの大注目アーティスト、実は「非リア充」の“希望の星”だった
いま大注目のキム・ペトラスは、トランスジェンダー界のブリトニー・スピアーズってホント?
テイト・マクレー YouTubeから大ブレイクした18歳の大型新人から目が離せない!
ドージャ・キャット - 女性ラッパーは戦国時代?ニッキー・ミナージュやカーディーBを超える新世代の歌姫が登場!
ザ・キッド・ラロイ − ジャスティン・ビーバーとのコラボで一気に知名度をあげた18歳の超新星にせまる!
エイバ・マックス − 不思議なヘアスタイルにも深い理由が…SNS世代に支持される歌姫が降臨
アシュニコ − オトコへの怒りをラップで表現…TikTokから大ブレイクしたスーパースターから目が離せない!
リル・ナズ・X - 全裸ダンス、妊娠写真、オトコ同士の濃厚キス…ゲイであることを公表した次世代ヒップホップスターから目が離せない
ビリー・アイリッシュ − ティーンのカリスマから大人のアーティストへと成長…そのセクシーな雰囲気から目が離せない!
オリヴィア・ロドリゴ −「ドライバーズ・ライセンス」で大ブレイク!テイラー・スウィフトやセレーナ・ゴメスも注目する次世代No.1アーティストを徹底解剖
ディクシー・ダミリオ − TikTok発の歌姫、新曲「Psycho(サイコ)」が大ヒットも...じつは妹のほうが人気モノという衝撃の事実
ベラ・ポーチ − TikTokから大スターへ、24歳の歌姫はなんと米海軍出身

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

1984年長崎県生まれ。十代の頃から海外セレブが大好きで趣味はハリウッドセレブ情報収集。2011年バブルに沸くシンガポールに移住し、昼は会社員、夜と週末は動画ブロガー及びパーティーガールとして活動。2021年リトアニアに移住し、日夜ハリウッドセレブ情報の収集にいそしむ。